読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル/円 上値の重さを考えると下落の目も・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ドル/円 上値の重さを考えると下落の目も・・・ 
今週は、月曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の陽線で上かなと思わせ、水曜日の下押し局面では下かなと思わせ、戻したからといって買われる訳でもなく、金曜日に再度陰線で売られて安く引けるという、極めて難解な相場展開だったと思います。週間を通じた上下の値幅は3円を超えていますし、そこそこ大きな動きにはなっていますが、効率的なトレードという観点で言うと極めて難しかったと思います。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線は短期・中期の移動平均線を境に上下動を繰り返し、全く方向感の見られない展開となっています。ただし、先週金曜日の陰線で下値模索の動きを見せ、先週水曜日の長い下ヒゲを攻略し始めた点は無視できないような気がします。ボリンジャーバンドの幅が狭まりつつあり、上値の重い展開に転じた可能性がありますね。
今週は、若干ですが売り先行スタンスを取りたい感じがします。先週を通じて上値を切り下げる様子がチャート上にも残り、実体線が短期・中期の移動平均線の下側へ潜っての越週になった点も買い方にとっては少し重荷のような気がします。MACDも下向き推移を継続していて、大きく買い上げるにはエネルギー不足を意識させるのではないでしょうか。安易な買い下がりのストラテジーは報われないかもしれません。


その他 通貨ペア分析


■ ユーロ/円 強弱を感じさせないチャート・・・ 
今週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の上値追いの動きで先々週の高値を超え、強いのかと思ったらそこから売られ始め、木曜日には144円すれすれのレベルまで売られる展開となりました。これだけでも4円弱の値動きを演じていて、買い方はゲロゲロ状態でしょう。それに輪をかけてというわけではないのでしょうが、金曜日は陽線で大きく反発ということで、安いところを叩いた人が買い戻しを余儀なくさせられています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。先週木曜日までの下落基調の流れを考えると、下押し圧力が大きいと考えるのが妥当だと思うのですが、先週金曜日の陽線の出現はやはり意外感を伴うものであり、その意外感が現実的なものなのか、それとも一時的なものなのか見極めるのは非常に困難です。146円よりも上のレベルでの取引をかなり重ねてきていますので、上値は重いのではないかと個人的には考えます。

■ ポンド/円 戻りの鈍さが顕著だが・・・ 
今週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週の流れを受け継ぎ、月曜日は先々週の金曜日の高値を超え、意気揚々かと思われましたがあえなく失速、何とそこから木曜日の安値まで7円以上の下落を演じることとなりました。4日で7円の下落となると買い方はひとたまりもなく、死屍累々という表現がまさにピッタリではないでしょうか。ポンド円という通貨独特の、相変わらずの暴力的な動きの実現となっています。
今週は、やや売りスタンスで臨みたい感じがします。ただ、戻りを単純に売り上がってしまうと大きく持ち上げられる可能性が高まりますので、できれば長い上ヒゲを形成した後の下落を追いかけるようなイメージで売りポジションを作りたいところですね。ボリンジャーバンドの幅も相変わらず広いままですし、ボラティリティの低下も望めないと思いますので、レベル感でのトレードは厳禁、とにかく動いている向きに追いかけてリスクテイクするよりないと思います。

■ オージー/円 売り方の夢は儚くも破れたか・・・ 
今週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。月曜日は陽線の出現、先々週の戻り高値を終値ベースで更新し、強いのかと思われましたが火曜日以降は軟調な展開、木曜日には一気に93円割れまで下落しました。ところが、金曜日に再び大きな陽線が出現し、95円に突っ掛ける展開と、まさにジェットコースターのような動きを実現しています。
今週は、少し買い方向で見てみたい感じがしますね。実体線が短期・長期の移動平均線から大きな乖離を見せる可能性は高くないかもしれませんが、それにしても先週金曜日の陽線の迫力を無視するわけにはいかないと思います。損切りの売り注文をしっかりと入れながら上側のリスクを取る点については大きな違和感はありませんので、短期・中期の移動平均線に支えられながら、少しだけ上値追いの動きを期待できそうな気はします。

■ ユーロ/ドル チャートはこれでニュートラルかも・・・ 
今週は、水曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週初からやや軟調な展開を見せ、火曜日に上ヒゲの出現、水曜日も火曜日の高値を越えたところから下落して長い上ヒゲを形成、陰線が出現したことから木曜日はさらに下押し・・と、一気に下落トレンドへの展開も見えてきましたが、金曜日に大きな陽線が出現し、そういった相場観を徹底的に解消する形となりました。
今週は、様子を見るよりないとは思いますが、先週金曜日の陽線の威力の継続を期待するということであれば買い先行スタンスもあり得るかなという印象です。ただし、長期の移動平均線は趨勢として下落基調を維持していますし、実体線が長期の移動平均線水準まで戻したということを考えると、売り方・買い方の勢力図はこれでちょうどニュートラルなのかもしれません。そう考えると、やはり次の動きを待つのが得策なのではないでしょうか。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。