読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 再度下落リスクの顕在化か・・・ 


今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 再度下落リスクの顕在化か・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週初から3連続陽線で戻し、上値志向が強いのかと思えば木曜日の陰線で下値を試し、金曜日に再度上値追いの動きを見せましたが結局長い上ヒゲを残して小陽線という形で越週となっています。右往左往感は否めませんが、週間を通じた動きで判断するとすれば、買いに傾ける必要はないという結論に達するように思います。
移動平均線は、中期・長期の下落が目立つ形となっています。実体線は、木曜日の陰線で短期の移動平均線を割り込み、週末も3本の移動平均線の下側という状況変わらずとなっています。MACDはゼロラインの下側でかなり微妙な動きを継続していますが、買いを示唆するものとはなっていません。
今週は、売り先行スタンスで臨みたい感じがしています。やはり、先週の動きを冷静に見てみると、週初の戻りを週央以降の下落と金曜日の長い上ヒゲで完全に否定した形になっていますし、実体線の居場所が低いこと、また、実体線が3本の移動平均線の下側で推移することに居心地がよいことを考えると、少なくても買いではないという判断に至るのではないでしょうか。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 大きな下押しはないと読むが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じて全て陽線の出現、しかも週末にかけて上値を試す展開となり、売り方は完全に粉砕されてしまいました。7月14日の戻り高値を木曜日の値動きで完全にクリアしてしまい、売り方としては白旗を挙げざるを得なかったというのが事実かもしれません。ただ、140円台の後半を積極的に買い進む向きは少なく、さすがに高値警戒感からやや下押ししての越週となっています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。時折出現する大きな陽線で上値追いと実現する動きを何度も繰り返していますから、チャート的には売りを選択する余地はないのですが。先週金曜日の高値圏での動きを見ていると、実体線と長期の移動平均線の乖離が6円近くになってくるとどうも調整っぽい誤記を見せる可能性が高そうに思えます。リスクテイクは買いからを基本に、ダメならすぐ投げるという態勢で臨む必要があるように思います。

■ ユーロ/円 やや上値の重い動きを予想・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線の出現で、これまで何度もトライして跳ね返されてきた138円どころを突破、これを契機に売り方の買い戻しが続きました。特に象徴的なのは金曜日の長い上ヒゲで、一気に売り方が買い戻しを余儀なくさせられた様子がチャート上からも窺えます。ただ、発射台の低い所からの上伸ですので、うまく乗れた方は少ないかもしれませんね。
今週は、ドル円以上に様子見が賢明ではないでしょうか。というのも、チャート的には売りを選択する要素は見当たらないながらも、先週金曜日の長い上ヒゲの解釈が難しいからです。実体線が値持ちすることで中期の移動平均線が上昇を続ければチャートの改善は続くことが予想されますが、かと言って、上昇トレンド入りには先週金曜日の上ヒゲを越える必要があり、そのためには少し時間が必要と考えるのが妥当ではないでしょうか。

■ ポンド/円 中期の移動平均線が重い・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。ドル円・ユーロ円が週末にかけて上値を試す展開となる中、ポンド円は週間の高値を付けたのが月曜日ということで金曜日の戻りは月曜日の高値に及ばず、しかも陰線で安く引けるという独自性の強い動きとなっています。買い方にとっては、月曜日の陽線を火曜日の陰線ですぐに打ち消されてしまった点がいかにも痛いのですが、それにしても戻りの鈍さが目立つ展開となっています。
今週は、先週の安値を割り込んでくるようであれば、若干売り目線で見たい感じがしています。先週の週初の動き、また、週末の長い上ヒゲの形成を見ても分かるように、162円台の後半を元気よく買い進む勇気は今のところなさそうです。上昇傾向を維持している長期の移動平均線の動きは不気味ではありますが、買い方にとって中期の移動平均線水準が重荷になるような気はしています。

■ オージー/円 懲りずに上を目指すか・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅は2円に遠く及ばず、しかも火曜日・金曜日の上ヒゲの長さを考慮に入れると、実はあまり大きな動きには発展していないことがよく分かります。ただ、陰線の出現は火曜日だけですし、先週月曜日に先々週の戻り高値を更新していることを考えると、一方的に売り目線で見るわけにはいかないと思います。
今週は、やや買い先行スタンスで見てもよいのではないでしょうか。積極的な買いスタンスを遮るという観点で言えば、先週金曜日の上ヒゲ、先週火曜日の上ヒゲ+陰線の組み合わせ、この2点だと思いますが、だからと言って、この2点で売りスタンスを取るほどのインパクトは無いと思います。 まずは先週金曜日の上ヒゲを攻略する動きを見定めた後にしっかりと買いスタンスを取る・・・そんなイメージで臨みたいところです。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。