読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 下落トレンドへ回帰の可能性も・・・


今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 下落トレンドへ回帰の可能性も・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の陰線の出現で先々週の安値を下回り、また、実体線が短期・中期の移動平均線を割り込んできたこともあり、やや下値不安が感じられる動きとなりました。火曜日・水曜日は小陽線で少しだけ戻しましたが、木曜日の陰線の出現で再度週間の安値を更新、金曜日も続落でやや買い方の投げを誘うような形での越週となっています。
移動平均線は、3本とも下落しました。短期・中期の移動平均線がデッドクロスを形成し、実体線が3本の移動平均線の下側で推移を続けていますので、再度下落トレンド入りの可能性を想定すべきだと思います。また、MACDはゼロラインの下側で鋭くデッドクロスを形成していて、こちらも売り方有利を示唆するチャート形成と言えそうです。
今週は、と言うよりも、今週も売り先行スタンスを取りたいところです。チャート的には当然に7月14日の安値が視野に入ってくるところ、買い方を支持する材料が全く見当たりませんので、実体線が3本の移動平均線から下側に乖離する可能性の高まりを感じさせる状況と言えるのではないでしょうか。買い方は戻れば戻り売り、下がれば投げを持ち込まざるを得ない苦しい状況に追い込まれていると考えてよいと思います。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 久しぶりに視界良好・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週初の月曜日こそ落ち着いた動きを見せていましたが、火曜日から怒涛の4連続陽線の出現で10日の陰線、また、8日の戻り高値も一気に更新、さらに7月28日の陰線もカバーしてしまい、非常に強い地合いを見せつけています。実体線の居場所は完全に3本の移動平均線の上側に位置していて、売り方が厳しい状況に追いやられている様子がチャートからも窺えます。
今週は、買い先行スタンスで臨みたいところです。チャート的に売りを示すものは全く見当たらず、下がれば買い戻しが入りやすい地合いが続くと思います。もちろん、上値追いの動きに対しても売り方の買い戻しが継続すると思いますので、月並みな表現ですが堅調な動きが期待できると言ってよいのではないでしょうか。レベル感からの逆張りの新規売りの発想は避けたいところですね。

■ ユーロ/円 中途半端な展開が続くか・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陰線の出現でいきなり下値不安が勃発しましたが、何とか火曜日の陽線で切り返し、水曜日以降もそこそこ値を保って下値不安の払拭に努めたという感じでしょうか・・・上値追いの動きを見せるドル円とあまりにも対照的なチャート形成になっていて、上方に横たわる長期の移動平均線の抵抗力をあまりにも強く感じる状況となっています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。もちろん、先々週の高値を一気に超えてくるような展開があれば買いスタンスを取ることも十分に選択の余地がありますが、そういった可能性はあまり高くないような気がします。下側のリスクについても、先週月曜日・火曜日の動きを見る限り、そこそこ粘り気のあるイメージもありますので、やや宙ぶらりんの動きが続くのではないでしょうか。

■ ポンド/円 気持ち下向きかな・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。週初の月曜日に陰線で下押しし、火曜日に陽線で一気に跳ね返し、水曜日はその勢いを元に上伸、木曜日・金曜日は再度下向きの流れ・・・と、荒い値動きが続きました。週間を通じた上下の値幅は3円を超えていますが、これが火曜日の安値から水曜日の高値までの値幅であることを考えると、トレードチャンスという意味ではほとんどなかったように思います。
今週は、少し様子を見てみたい感じもしますが、先週後半に上値・下値ともに切り下げてきている状況を考えると、若干ですが売り先行スタンスを取りたい感じがします。もちろん、先週の安値を一気に割り込んでくるような局面が見られるようであれば、すかさず売りスタンス、逆に、戻るようであれば値動き自体が重くなると思いますので、キッパリ見送りスタンスでもよいかもしれません。

■ オージー/円 難しい・・・ 
先週は、月曜日に高値・安値の両方を付ける展開でした。月曜日は陰線で実体線が中期の移動平均線を下回り、火曜日は逆に陽線で実体線が中期の移動平均線を上回り、再度水曜日の陰線で実体線が中期の移動平均線を下回り・・といった形で、概ね中期の移動平均線を境に上下動を繰り返す動きが続きました。先週金曜日も中途半端な上ヒゲを伴った小陽線で越週となっていて、とりたてて強弱を感じさせるものとはなっていません。
今週は、様子を見るよりなさそうです。実体線の居場所は長期の移動平均線の上側をキープしていますので、そういった意味では買い方有利と判断できるかもしれませんが、一方で実体線と長期の移動平均線の乖離は1円しかありませんので、陰線が出現すると一気に買い方が窮地に追い込まれる展開も想定することが可能です。売り買いともに決め打ち厳禁、慎重にマーケットの動きを追いかけたい感じがします。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。