読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル/円 まだ買えるのでは・・・


今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ドル/円 まだ買えるのでは・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線で6月の戻り高値を越え、木曜日に週間の高値を再度更新、金曜日は小陰線で気持ち安く引けましたが、それでも高い位置を保っての越週となっています。なかなか下がらないことから新規の売りが入っては買い戻すような形、いわゆる買い回転が利いている状況が延々と続いているのでしょう。
移動平均線は、3本とも上昇しました。長期の移動平均線の週間の上昇幅が1円を超えてきており、ピッチとしては急すぎるという判断も働く一方で、実体線は3本の移動平均線の上側をキープしていることから、息の長い上昇トレンドが継続しています。また、MACD線とシグナル線がゼロラインのこんなに上側の位置でゴールデンクロスを形成しており、売り方の買い戻しを促進する大きな材料となっています。
今週は、というよりも、今週も買い先行で臨まざるを得ないところです。押し目を拾うというイメージよりも、下がりきらずに戻し始めたところを上手く買いで入りたい感じがしています。結果的に高いところを買ってしまうことになるかもしれませんが、それは仕方ないところ、ただし、損切りは比較的早めにするように心がけるべきでしょう。評価益が乗ればトレイリングストップを上げていくようなイメージで臨みたい感じがしています。


その他 通貨ペア分析


■ ユーロ/円 少し値動きが落ち着くかも・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週初は軟調な展開で実体線が久しぶりに長期の移動平均線水準を下回るところまで売り込まれましたが、水曜日から連続陽線で反発、何とか買い方の命脈を保つような形で越週となっています。ただ、6月の戻り高値までの距離をかなり残していることは明白、一気に上値追いの動きへ転じるのは厳しいかもしれませんね。
今週は、難しいところですが、先週後半に戻していることを考えると、売りを選択する余地は比較的限定的ではないかと思います。もちろん、先週の安値を一気に下回ってくるような展開になれば迷わず売り参戦という形になりますが、そういった急落シナリオを除外すれば上値追いの可能性が高いと思います。ただ、5日の陰線と中期の移動平均線が頭を抑える大きな要素となることは想像に難くなく、買いポジションも楽観視は全くできないでしょう。

■ ポンド/円 下値不安は少し小さくなったかも・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅は3円強ということで、先々週の動きからはやや落ち着きを取り戻しています。ただし、実体線の胴体部分と比較して上ヒゲ・下ヒゲの長さが相変わらず目立ちますので、効率的に収益を上げることのできたトレーダーは多くないように感じます。
今週は、というより、今週も様子を見るよりないような気がします。先週後半の連続陽線で下側のリスクがやや小さくなったようにも感じますが、とは言え、上側は上側で中期の移動平均線の抵抗力も無視することができない状況が続くからです。MACDがゼロライン近辺をウロウロしていることでも分かるように、売り買いの勢力図という観点で言うと「ニュートラル」と考えた方がよいのかもしれませんね。

■ オージー/円 やや上値志向の強い形状かも・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。チャートの形状そのものはポンド円によく似ていて、先々週から、実体線が長期の移動平均線を境に上下動を繰り返しています。ただ、ポンド円のチャートと異なるのは、先週後半の連続陽線の出現により、実体線が中期の移動平均線を上方にブレイクしている点です。これにより、実体線の居場所が3本の移動平均線の上方を勝ち取り、やや上値志向の強い形状と言えるでしょう。
今週は、気持ち買い先行スタンスで臨みたいところです。先週後半の連続陽線で先々週の高値を終値ベースで越えてきている点は評価の対象とせざるを得ませんし、特に売りに傾いているチャート指標は見当たりません。ただ、下値が堅そうというだけの状況ですし、一気に上値を取りに来るとか、そういうシナリオが描けるかと言うと厳しい感じもしますので、あくまで消去法的に買いスタンス・・・といったところでしょうか。

■ ユーロ/ドル 戻りは限定的では・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週初は陰線で下押ししたものの、火曜日から水曜日にかけては1.00が「パリティ」ということで下支えになっていました。その後、木曜日に割り込み0.995寸前まで下落しましたが、それ以上に下を叩く向きは少なく、金曜日は陽線で反発、かなり中途半端な形での越週となっています。
今週は、基本的に売りスタンスで臨みたいところですが、戻りを売るのではなく、戻り切れないことを確認した後に売りポジションを持ちたいところですね。チャート的には、先週月曜日の陰線を回復できるかどうかがポイントになると思います。1.02台へ乗せてくるようであれば揉み合い、乗せることができないようであれば下落リスク再燃のシナリオは十分に残っているのではないでしょうか。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。