2022-07-18から1日間の記事一覧

ドル・円は底堅い値動きか、米大幅利上げ期待後退も金利差を意識

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米大幅利上げ期待後退も金利差を意識」18日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)の大幅利上げへ期待の後退で金利高が抑制されれば、ドル買いは入り…

東京市況ほか|ドル・円は弱含み。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。米連邦準備制度理事会(FRB)による大幅利上げへの期待は後退し、朝方の138円59銭から一時138円01銭まで下落。 ユーロ・円は139円38銭から140円21銭まで上昇した。 ユーロ・ドルは1.0079ドルから1.0149ドルまで値を…

FX/為替「米100bp利上げ観測後退 ドル高圧力緩和も日銀会合に向けて円安圧力くすぶる」 外為トゥデイ 2022年7月18日号(短縮版)

15日のドル/円は終値ベースで約0.3%下落して3日ぶりの陰線引けとなりました。米6月小売売上高は予想以上に増加したものの、ミシガン大調べの期待インフレ率が低下したことで米連邦準備制度理事会(FRB)が7月米連邦公開市場委員会(FOMC)で100bp(1.00%)…

ドル・円は主に138円台で推移か、日米金利差拡大を想定してドルは底堅い動きを維持する可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に138円台で推移か、日米金利差拡大を想定してドルは底堅い動きを維持する可能性」 15日のドル・円は、東京市場では139円13銭から138円56銭まで下落。欧米市場では138円93銭まで買われた後、138円39銭まで下げて…

前日の海外市況ほか|ドル・円:138円93銭まで上昇後、米7月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値の1年期待インフレ率の低下を受けて138円39銭まで反落。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:138円93銭まで上昇後、米7月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値の1年期待インフレ率の低下を受けて138円39銭まで反落。 ユーロ・ドル:1.0017ドルまで下げた後、欧州中央銀行(ECB)の利上げを想定して1.0098ドルま…

ドル/円:ドルの押し目買い方針継続。長期的な上値抵抗ポイントにも注意。140円台乗せで終えれば一段の上昇へ。137円割れで“ニュートラル”に変化。134円割れで終えれば短期トレンドが“ドル弱気”に変化。

ドル/円:ドルの押し目買い方針継続。長期的な上値抵抗ポイントにも注意。140円台乗せで終えれば一段の上昇へ。137円割れで“ニュートラル”に変化。134円割れで終えれば短期トレンドが“ドル弱気”に変化。 直近の日足は小陰線で終え、上昇一服となったが、下げ…

FX「ドル高の要因、米ドルのリパトリと資源高、変調の兆しもあり」

総括 FX「ドル高の要因、米ドルのリパトリと資源高、変調の兆しもあり」 ドル円=135-140、ユーロ円=137-142、ユーロドル=0.98-1.03 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨11位(11位)、株価3位(6位)、 円は貿易収支が決め、貿易収支は原油が決める。引き…

FX「利上げ幅は0.5%か0.75%か、インフレターゲットを超える物価に苦しむ経済」南アランド見通し

総括 FX「利上げ幅は0.5%か0.75%か、インフレターゲットを超える物価に苦しむ経済」南アランド見通し 「通貨5位、株価4位」「予想レンジ 南アランド7.9-8.4」(ポイント)*今週の政策金利は05%引き上げか。少数派は0.75%引き上げ。*6月消費者物価の発…

ドル/円 まだ買えるのでは・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ドル/円 まだ買えるのでは・・・ 先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線で6月の戻り高値を越え、木曜日に週間の高値を再度更新、金曜日は小陰線で気持ち安く引けましたが、それでも高い…

top