読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル/円 条件付きで打診売りの目も・・・ 

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ドル/円 条件付きで打診売りの目も・・・ 
先週は 火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週初は落ち着いた動きを見せていましたが、水曜日の陰線で実体線が短期・中期の移動平均線水準を下回り、その後は短期の移動平均線が重石となり、買い進む勢いは見られませんでした。明らかに上値の重さが目立つ展開となってきていて、これまでの円安一辺倒の基調からは乖離してきている様子がチャートからも見て取れます。
移動平均線は、長期が上昇する一方で短期が下落しています。久しぶりに短期・中期の移動平均線がデッドクロスを形成していますし、MACDも明確に下落基調を維持していますので、これまでの買い方の勢いが完全に否定された形となっています。ただ、積極的に下値を追いかけるわけでもなく、ボリンジャーバンドの幅も狭まっていることから、ボラティリティは若干低下傾向にありますね。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。ただし、先週の安値割れは買い方にとってややショッキングなチャート形状となることが予想され、そこでは打診的に売りスタンスをとってもよいかもしれません。タイミングを同じくしてMACD線がゼロライン割れを実現する可能性も高く、買われるリスクよりも売られるリスクの方を重視したような形でチャートを見るべき局面に差し掛かっているのではないでしょうか。


その他 通貨ペア分析


■ ユーロ/円 完全にニュートラルかも・・ 
先週は 月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。先々週の木曜日(5月12日)の陰線のショックが意外に大きく、先週火曜日の陽線で戻すもすかさず水曜日の陰線で跳ね返されてしまいました。木曜日以降は何とか立ち直りを見せていますが、やはり水曜日の陰線を埋めるには至らず、やや中途半端な形での越週となっています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。上下とも幅広にスタンスを構えて、先週の高値を越えてくるようであれば買い、先週の安値を下回ってくるようであれば逆に売りといった形で臨むのがよいのではないでしょうか。実体線が中期・長期の移動平均線の狭間で推移している間は、恐らく明確な上下の方向感は出てこないという前提でチャートをウォッチするのがよいような気がします。終値ベースで高く引けるか安く引けるかが分岐点になるかもしれませんね。

■ ポンド/円 上値も堅いが下値も堅いのでは・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。火曜日の陽線で大きく上伸を見せ、これは上昇基調へ回帰したのか?! と思いきや、水曜日の陰線で一気に下押し、しかし木曜日・金曜日と逆に陽線が出現して、まさに右往左往の展開と言ってよいと思います。高いところを買って投げ、安いところを叩いて買い戻し・・・という方が多かったかもしれませんね。ポンドならではのボラティリティを伴った値動きと言えそうです。
今週は、何とも難しいところで、とりあえずは様子見姿勢に徹したいと思います。やはり、先週火曜日から水曜日にかけての動きを見るにつけ、誰がどう見ても上値の重さが目立ちますが、先週後半に下値追いの動きを見せなかったことを考えると、下落リスクの大きさを感じさせるほどではないと思うのです。ユーロ円と同様、終値ベースで高く引けるが安く引けるかをしっかり見極めたいところですね。

■ オージー/円 上下どちらにブレイクするのか・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日・水曜日に高値を付ける展開でした。先々週の金曜日の陽線に対して先週月曜日は下ヒゲを伴った小陽線ということで、上値追いの動きも期待されましたが、火曜日・水曜日の動きを見る限り上値の重さを意識せざるを得ず、かと言って水曜日の終値から週末にかけての動きを見ると、下値をどんどん叩く地合いでもなさそうです。何とも中途半端なところでの越週となった印象を強く受けるチャートとなっています。
今週は、ユーロ円・ポンド円と同様に、少し様子を見るよりなさそうですね。上側には中期の移動平均線、下側には長期の移動平均線が控えていて、実体線がどちらをブレイクするのか現時点で明確な予想ができない状況となっています。ただ、5月中旬にかけての下落ショックが現時点で残っていると考えると、上値を攻めた場合、よりボラティリティが下がる展開になるのではないでしょうか。

■ ユーロ/ドル 下値不安は相当程度減退したのでは・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。火曜日の陽線で先々週の取引レンジを概ねカバーしてしまい、水曜日の陰線も木曜日の陽線で跳ね返し、実体線が久しぶりに中期の移動平均線の上方へ顔を出してきました。金曜日は陰線で下押ししていますが、それほど下押しの程度が大きかったわけでもなく、やや上値への未練を残しての越週となっています。
今週は、リスクテイクするとすれば買い先行スタンスで臨みたいところですが、やはり、これまでの下落の影響もあり、戻れば戻っただけ上値の重さを確認させられるような形になるのではないでしょうか。長期の移動平均線も引き続き下落傾向が続いていますし、戻りには限界があるという前提で買いスタンスを取るべきかもしれません。下側のリスクについては、先週火曜日・木曜日の陽線がクッションになっていることを考えると、少し無理があるかもしれませんね。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。