FX「油断してはいけない。パンデミック再来を懸念」FXマーケット 臨時レポート 今井雅人氏

f:id:gaitamesk:20211022184711p:plain

南アフリカでコロナウィルス新種が発見される

本日、衝撃的なニュースが世界を駆け巡っている。南アフリカで新種の変異株が発見されたということ。何が衝撃的かというと、これまでと全く違うタイプのウイルスである可能性が高いということだ。専門家の中には、これまで見た中で最悪のウイルスだという人もいる。心配なのは、これまでのワクチンが効かない可能性がある上に、感染力が非常に強いと言われている点。仮にそれが事実だとするとせっかく回復しかけた世界経済の新たな脅威になる

今日は、この報道を受け、世界中の株価が下落、FX市場はリスクオフから円買いという流れになっている。ニュースが出たばかりなので反応が激しくなっているが、短期的に言えば、これからは少し落ち着いてくると思う。しかし、油断してはいけない。今後中期的に大きな懸念材料であることは間違いない。もし、本格的に感染拡大する気配が出てきたときは、クロス円中心に更なる円高が待っている。専門家の評価と感染拡大状況をよく見ておく必要がある。

【南アランド/円(ZAR/JPY) 日足】
ZAR/JPY 日足

【ドル/円(USD/JPY) 日足】
USD/JPY 日足

 

【人気企画のお知らせ】

【インタビュー】

 

【関連リンク】

経済指標カレンダ―

 

imai.jpg 株式会社マットキャピタルマネージメント 代表取締役
今井雅人
1962年生まれ、岐阜県下呂市出身。上智大学卒業後、1985年に三和銀行入行、1987年よりディーリングの世界に入る。1989年から5年間シカゴに赴任、その間多くの著名トレーダーと出会う。日本に戻ってからは為替部門に従事。2004年3月までUFJ銀行の為替部門の統括次長兼チーフディーラーを勤めていたが、同年4月に独立。内外の投資家にも太いパイプを持ち、業界を代表するトレーダーとして活躍するが、2009年8月第45回衆議院選挙に立候補し、初当選。現在は、経済アナリスト活動など多忙な毎日を送る。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。株式会社マットキャピタルマネージメント代表取締役。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top