読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

「FRB議長講演受けてテーパリング後ずれ観測」 外為トゥデイ 2021年8月30日号

外為トゥデイ

目次

▼27日(金)の為替相場
(1):豪小売売上高 2カ月連続マイナス
(2):米PCEデフレーター 順調な結果
(3):米地区連銀総裁 タカ派発言続く
(4):パウエル議長 テーパリング慎重姿勢

▼27日(金)の株・債券・商品市場

▼外為注文情報

▼本日の見通し

▼ドル/円の見通し:ドル安と円安の綱引き

▼注目の経済指標

▼注目のイベント

27日(金)の為替相場

f:id:gaitamesk:20210830093317p:plain期間:27日(金)午前6時10分~28日(土)午前5時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

(1):豪小売売上高 2カ月連続マイナス

豪7月小売売上高は前月比-2.7%と、市場予想(-2.5%)以上に低下した。2カ月連続のマイナスで個人消費の低迷が浮き彫りになった。ただ、豪ドル相場にほとんど反応はなかった。

(2):米PCEデフレーター 順調な結果

米7月個人消費支出(PCE)は前月比+0.3%(予想+0.4%、前回+1.1%)、米7月PCE価格指数(デフレーター)は前年比+4.2%(予想+4.1%、前回+4.0%)であった。なお、米7月コアPCEデフレーターは前年比+3.6%と予想通りの伸びとなった。

(3):米地区連銀総裁 タカ派発言続く

メスター米クリーブランド連銀総裁は「9月にテーパリングについて協議し、年末までに開始することを支持」などと発言。これより前にはボスティック米アトランタ連銀総裁が「雇用増加が引き続き堅調であれば、10月のテーパリング開始が合理的」と述べた事も伝わっていた。前日から、米地区連銀総裁のタカ派発言が続く中、ドル/円はその後110.27円前後へと上昇した。

(4):パウエル議長 テーパリング慎重姿勢

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長はカンザスシティ連銀主催の経済イベントであるジャクソンホールシンポジウムで講演。テーパリング(量的緩和の段階的な縮小)については「経済がおおむね予想通りに回復すれば年内の開始が適切」としたものの、具体的な開始時期の見通しには踏み込まなかった。さらに、「この1カ月間は、力強い7月雇用統計という形で『一層の進展』が示されたが、一方でデルタ変異株の感染もさらに拡大した。今後入手するデータと変化するリスクを慎重に見極めていく」と述べた。その上で「テーパリングの開始時期とペースは直接的に利上げの時期を示唆するものではない」と発言。議長の慎重姿勢が反映された講演と受け止められ、米長期金利が低下するとともにドルが下落した一方、米国株は上昇した。ドル/円は下落したが、クロス円は豪ドル/円を中心に上昇した。

27日(金)の株・債券・商品市場

f:id:gaitamesk:20210830092744p:plain

外為注文情報

<外為注文情報はこちら>

f:id:gaitamesk:20210830094141p:plain

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(無料)では「取引分析」 を選択することで、チャート上に注文情報の表示が可能です。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

 

本日の見通し

f:id:gaitamesk:20210830094206p:plain

ドル/円の見通し:ドル安と円安の綱引き

27日のドル/円は終値ベースで約0.2%下落。2週間ぶりに110.27円前後へと上昇する場面もあったが、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を受けて109.78円前後まで反落した。パウエル議長はテーパリング(量的緩和の段階的な縮小)の年内開始が適切としながらも、インフレは一時的で労働市場にはなおスラック(たるみ)があるとの見解を繰り返した。市場は議長の発言を金融政策正常化に慎重な姿勢を維持したと受け止め、米長期金利の低下とともにドルが下落した。

9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でテーパリング開始が決まる可能性は大きく低下しており、こうした「テーパリング後ずれ観測」が目先的にドルの重しとなりそうだ。一方で、「テーパリング後ずれ観測」は株や資源などのリスク資産価格にはプラスとなる公算が大きく、リスク選好の円売りにも繋がりやすい。本日のドル/円は、ドル安と円安の綱引きで方向感が出にくい相場展開となりそうだ。

注目の経済指標

f:id:gaitamesk:20210830092643p:plain

注目のイベント

f:id:gaitamesk:20210830092704p:plain

※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。