読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ポンド/円 上昇トレンド継続中と素直に評価したい・・・

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20210201091238j:plain


■  ポンド/円 上昇トレンド継続中と素直に評価したい・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週までも緩やかな上昇トレンドが継続していましたが、先週は若干その勢いに拍車がかかった印象を受けます。やはり、直近の戻り高値を超えてくると、売り方としては買い戻しを入れざるを得ず、実体線が短期の移動平均線の上方に位置している時間帯が長くなるのも仕方がないところと言えるのではないでしょうか。
移動平均線は、3本とも上昇しました。他の対円の通貨ペアと比較しても、ここまで移動平均線が緩やかに上昇している通貨ペアはありませんので、ポンド円が先導して円安方向へ向かっている様子が見て取れます。また、実体線>短期>中期>長期という並び順が維持されていますので、順調に上昇トレンドが継続しているという判断でよいと思います。
今週は、買い先行で臨みたいところです。チャート上、売りを示すものはありませんし、実体線と長期の移動平均線の乖離も4円強ということで、それほど過熱感がある状況でもありません。ただし、先週金曜日にやや長めの上ヒゲを伴っていることはマイナス要因でしょうか。時間軸を長めに取るのであれば逆指値も遠めに、時間軸を短めに取るのであれば逆指値は近めに設定して、買いスタンスで臨む局面と言えるでしょう。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 上下の唐突感のある上伸だが、下がりにくいのではないか・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。水曜日の陽線で実体線が久しぶりに長期の移動平均線水準を試し、これまでとはだいぶ流れが異なるなと感じさせるや否や、週末にかけてショートカバーが相次ぎ、105円手前まで伸びる形となりました。全く動かない状態が続いていただけに、急に動き出したマーケットの動きに付いていけなかった人も多いかもしれません。また、逆張りで売りから入った人は一斉に買い戻しを余儀なくさせられてしまいました。
今週は、買い先行で臨みたいところです。先週後半の動きは、これまでに溜め込んだエネルギーを一気に発散したというよりも、新しい局面入りを宣言したかのように思われるからです。仮に下落する局面があったとしても、下値不安は大きくはないでしょう。下がったところを買うのではなく、底打ちを確認した後の戻りを追いかけて買いたい感じがしています。戻り売りはワークしない局面入りした可能性が高いのではないでしょうか。

■ ユーロ/円 上値追いの動き! 強いと判断せざるを得ない・・・ 
先週は、水曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週初から週央にかけて先々週のトレードレンジを侵食する動きを見せたことから、やや下落懸念がもたげましたが、木曜日の陽線で戻り高値を超えてきたところからは売り方の買い戻しが先行、金曜日は一気に127円台へ持ち上げる動きとなりました。1月中旬以降の調整局面は早くも終了という状況になっています。
今週は、買い先行で臨みたいところです。先週後半の実体線の上伸の目覚ましさはともかくとして、1月7日の戻り高値が射程圏内に入っている以上、売り方が買い戻しを迫られる局面を迎える可能性が高いと考えるのが妥当でしょう。値段が高いからという根拠のない理由で新規の売りが持ち込まれると、それは将来的な買い要因になるのではないでしょうか。上伸局面をしっかり買い先行で臨みたい感じがしています。

■ オージー/円 これは、動かなくなるパターンかも・・・ 
先週は、木曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。他の対円の通貨ペアと異なり、全く不発弾の連続のようなチャート形成となっています。特に、木曜日の下ヒゲを伴った陽線の出現に続き、金曜日は長い上ヒゲを伴って十字架の出現と、買い方にとっても売り方にとっても非常に不満の残る一週間だったのではないでしょうか。実体線も何となく勢いを失くし、横ばい推移が続いています。
今週は、様子を見るよりなさそうです。実体線の方向感が先週木曜日・金曜日の動きを経ても全く感じられないこと、そしてMACDも下向き推移を続けていることで上昇の力はやや途切れつつあるのではないでしょうか。かと言って、チャートが陰転したわけではありません。大きな陰線が出て先週木曜日の安値を下回ってくるようであれば、という厳しい条件を付けなければ、売り先行スタンスも取れないような気がします。

■ ユーロ/ドル 中期・長期の移動平均線に挟まれて動きにくい・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。水曜日にやや長い下ヒゲを伴いましたがその後も下値を動きはほとんど見られず、やや中途半端な動きで週末を迎えています。実体線の居場所は中期の移動平均線の下側、長期の移動平均線の上側ということで、上下ともに動きにくい状況がチャートからも見て取れます。
今週は、様子を見るよりないと思います。上は先週の高値、下は先週の安値のどちらかを勢いよくブレイクすれば話は別ですが、目先はボリンジャーバンドの幅もさらに縮まり、そういう可能性を全く感じさせない状況となっています。これだけ動かなくなると、上下に動いたとしても揺り戻しの動きに発展する可能性が高いかもしれません。じっくりと次の動きを見極めるべき局面ではないでしょうか。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20210201091257j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。