読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

取引額は業界全体で22%増!1200兆円台 USD/JPY(米ドル/円)の取引額は過去3番目 【外為どっとコム総研FX投資家調査2023年12月】

f:id:gaitamesk:20211220121455p:plain

株式会社外為どっとコムの完全子会社である株式会社外為どっとコム総合研究所(以下、「外為どっとコム総研」、本社:東京都港区、代表取締役社長:竹内 淳)は、個人投資家の外為投資に役立つ外国為替情報の調査・研究を行なっており、FX投資家の実態を調査しましたので、お知らせします。

取引額は業界全体で22%増!1200兆円台 USD/JPY(米ドル/円)の取引額は過去3番目

1.一般社団法人金融先物取引業協会 FX投資家動向まとめ

未決済ポジションは減少

金融先物取引業協会が1月18日に公表した資料によると、2023年12月の店頭FXにおける取引金額は1209兆円と、11月から約22%増加した。また、月末時点の未決済ポジション合計は約8.3兆円と前月末比13.5%減少した。
個人投資家が好むUSD/JPY(米ドル/円)の取引額が、集計が開始された2008年以降で3番目の規模となる1074兆円となったことが、取引金額の増加につながった。

取引金額上位の5通貨ペアは、USD/JPY(米ドル/円)・GBP/JPY(ポンド/円)・EUR/JPY(ユーロ/円)・AUD/JPY(豪ドル/円)・EUR/USD(ユーロ/米ドル)の順で、EUR/JPY(ユーロ/円)とAUD/JPY(豪ドル/円)の順位が入れ替わった。

取引金額とポジション計:協会まとめ
(出所)金融先物取引業協会の「店頭FX月次速報」をもとに、当社が作成。
左軸-取引金額、右軸-ポジション計
グラフ中のデータ単位は百万円

2. 株式会社外為どっとコムFX投資家動向2023年12月

相場急変で個人投資家は手を焼く

FX口座数が57万件を超える株式会社外為どっとコム協力の下、2023年12月のFX投資家動向を調査した。

【調査概要】
調査対象:株式会社外為どっとコムのFXサービス「外貨ネクストネオ」利用者(約57万口座)
調査機関:株式会社外為どっとコム総合研究所
調査対象:調査期間中にFXサービス「外貨ネクストネオ」の新規口座開設およびFX取引をした顧客
調査期間:2023年12月1日7:00 ~ 2023年12月30日7:00
調査方法:対象期間中の取引データより抽出
(特定の個人を識別できないよう個人情報を匿名化した上で行っております。)

2-1.FX取引における実現損益

FX取引における実現損益でプラスは43.1%、マイナスは56.8%となった。プラスは前月比12.6%ポイントの大幅悪化で、今年に入り11カ月連続でプラス収支だったが、12月にその流れが途絶えた。また、年間を通じてみた場合も、プラスが39%、マイナスが59%、差し引きゼロが2%となった。12月はそれまでのUSD(米ドル)高・JPY(円)安の相場付きが180度変わったため、終盤に損失計上を余儀なくされる投資家が出たようだ。ただ、ここでの数字は、あくまでもプラス、ないしはマイナスだった投資家数の割合で、収支額の割合でない点にご注意頂きたい。

取引参加者の損益:外為どっとコム

2-2.通貨ペア別取引者数

通貨ペア別取引者数のトップ10は、USD/JPY(米ドル/円)・AUD/JPY(豪ドル/円)・GBP/JPY(ポンド/円)・EUR/JPY(ユーロ/円)・MXN/JPY(メキシコペソ/円)・EUR/USD(ユーロ/米ドル)・TRY/JPY(トルコリラ/円)・ZAR/JPY (南アフリカランド/円)・NZD/JPY(NZドル/円)・GBP/USD(ポンド/米ドル)の順。

USD/JPY(米ドル/円)、AUD/JPY(豪ドル/円)の1位・2位は不変で、EUR/JPY(ユーロ/円)とGBP/JPY(ポンド/円)、ZAR/JPY (南アフリカランド/円)とNZD/JPY(NZドル/円)が入れ替わった。

通貨別取引者数:外為どっとコム

2-3.平均取引数量

FX投資家の1注文あたりの平均取引数量は4.2万通貨(42Lot)と前月から増加した。USD/JPY(米ドル/円)は、1Lotあたり6,000円の必要保証金(1/22時点、法人口座除く)がかかるため、1注文あたりの必要保証金額は約25万2,000円となる。MXN/JPY(メキシコペソ/円)は、1Lotあたり400円の必要保証金(1/22時点、法人口座除く)がかかるため、1注文あたりの必要保証金額は1万6,800円となる。
※現在の取引保証金額はコチラで参照いただけます。

平均取引数量:外為どっとコム

2-4.口座の開設期間

取引をしたFX投資家の口座開設後の期間は、平均109カ月(9年1カ月)へ伸びた。直近2年の平均は101.5カ月(約8年4カ月)となる。

口座開設期間:外為どっとコム

2-5.FX投資の年齢分布

FX投資家の年代別では40代が31%と最多で、次に50代、30代、60代と続いた。40代と50代が半数以上を占める状態は変わっていない。

取引参加者の年齢構成取引:外為どっとコム

2-6.FX口座開設者動向

新規にFX口座を開設した投資家は、30代が29.8%、40代が24.3%で、この2つの年代が半数以上を占めた。以下、20代が19.7%、50代が15.1%と続いた。今月は30代・20代の口座開設者の割合が増加したことも目立った。

口座開設者の年齢構成口座:外為どっとコム

3.まとめ

2023年12月の為替市場は、植田日銀総裁による「チャレンジング」発言が日銀の金融政策の早期修正期待を強めたほか、パウエルFRB議長の「利下げを議論した」との発言がFRBの利下げ期待を高めるなど、日米の金融政策の方向性が急旋回する格好になった。こうした動きに、個人投資家は足元をすくわれる形になり、USD/JPY(米ドル/円)が140.255円までと月初から5.3%下落する過程で、損失確定の手仕舞いを迫られたと見られる。昨年同様、個人投資家に厳しい師走となった。

※過去の調査結果は、マネ育ch( https://www.gaitame.com/media/ )よりご参照ください。
「投資家調査」カテゴリー
https://www.gaitame.com/media/archive/category/FX%E6%8A%95%E8%B3%87%E5%AE%B6%E8%AA%BF%E6%9F%BB


当社の最大の役割は、お客様にとって信頼に足るパートナーとして貢献すべく、価値ある情報を提供することです。外国為替のプロフェショナルという自負のもと、個人投資家の皆様が外国為替取引を行う際の一助となれるよう、さまざまな活動に取り組んでまいります。

本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社外為どっとコム総合研究所ならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 Copyright©2022Gaitame.com Research Institute Ltd. All Rights Reserved. www.gaitamesk.com
 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。