読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ポンド/円 下げ止まるなら上伸が狙えるかも・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ポンド/円 下げ止まるなら上伸が狙えるかも・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。水曜日の陽線の出現で先々週の戻り高値を勢いよく突破、売り方が完全に降参した形となりました。ただし、木曜日以降は買いが続かずやや失速、水曜日の陽線のゲインを半分ぐらい失うような形で越週となっています。買い戻し圧力が減退してしまったという点を考えると、エネルギーの蓄積はそれほど見られないと判断するのが妥当かもしれませんね。
移動平均線は、3本とも上昇しました。短期・長期の移動平均線がゴールデンクロスを形成、中期の移動平均線も上昇ピッチがかなり早く、中期・長期の移動平均線のゴールデンクロスも視野に入ってきています。MACD線も勢いよくゼロラインを突破してきていて、対円の通貨ペアの中では最も勢いを感じさせる通貨ペアと言えそうですね。
今週は、やや買い先行スタンスで臨みたいところです。ただ、ユーロ円と同様、先週後半の失速が杞憂であることを確認した上での買いスタンスとすべきではないでしょうか。先週水曜日の陽線の出現後に買いが続かなかったところを見ると、下落時の買い戻し圧力の高まりにもやや不安が残ります。一方、下げ止まりから上伸するようであれば、そこはすかさず買いで攻めたいところですね。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 容易には買い進めないのか・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。1月5日の長い上ヒゲをどのように攻略するかというのが先週のテーマでしたが、先週水曜日の陽線の出現でこの上ヒゲの大半を埋め、木曜日の上伸で完全にカバーしました。ただ、その後は目的を達成したのか失速、金曜日も陰線が続き、やや中途半端な形での越週となっています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。悠然と下落を続ける長期の移動平均線が上側に控えていて、一気に上伸に転じることは予想しがたい一方で、中期の移動平均線が横ばいから上昇傾向に舵取りを変えつつある点は買い方にとってサポート要因となります。上下の予想については何とも分水嶺という感じで、完全にニュートラルなスタンスで臨むべき状況と言えるのではないでしょうか。

■ ユーロ/円 長期の移動平均線を境に上下動か・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。水曜日の陽線による急伸で先々週の高値を超え、しかも長期の移動平均線を勢いよく突破したことで一気に買い方に流れが傾くかと思いきや、木曜日以降は陰線が連なり反落、先週水曜日の陽線を埋めるわけではありませんが何とも中途半端な形での越週となり、買い方の失望感がチャートから見て取れますね。
今週は、少し買い方向で見てみたい感じがしますが、先週後半の流れが止まったことを確認した後の買い出動を心がけたい感じがしています。だらだらと下落して先週水曜日の陽線を埋めてしまうようならまだまだ買いは尚早という判断に傾かざるを得ませんが、下げ止まるのであれば 先週の高値奪還も視野に入ってくるような気がします。

■ オージー/円 ボラティリティに乏しい展開が続く・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。水曜日の陽線の出現で先々週の戻り高値を超え、木曜日以降は陰線が連なり失速という形で、チャートの形状は他の対円の通貨ペアと同じようなものになりました。ただ、オージー円は週間を通じた上下の値幅に若干乏しく、上も下もガチガチ、やや拮抗感が漂う展開と考えてよいのではないでしょうか。
今週は、少し様子を見てみたい感じがしています。形状としては売り買いどちらという観点で言うと買い先行スタンスを取りたいところではありますが、やはりボラティリティが低く、上伸するにしてもジリ高が精一杯の可能性が高いような気がしています。売りスタンスを積極的に取る理由はなさそうですが、かと言ってガンガンの買いスタンスという感じでもなさそうです。

■ ユーロ/ドル 強弱拮抗としか言いようが・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。チャートの見た目では水曜日の陽線が少し目立つ印象を与えてはいますが、いかんせん週間を通じた上下の値幅に乏しく、見どころに欠ける展開と言っても過言ではないような気がします。火曜日の下 ヒゲが長いわけでも木曜日の上ヒゲが長いわけでもなく、完全に売り買いが拮抗、ニュートラルの状態と考えてよいのではないでしょうか。
今週は、少し様子を見るよりないような気がします。ボリンジャーバンドの幅も縮まる一方でボラティリティの低下は否定しがたいところ、実体線も強弱に関する予想を阻む 動きを継続していますので、ここで無理にポジションを取る必要はないような気がします。こういうケースでは、とにかくスタンスを幅広く取り、先週の高値を越えてきたら買いかな? くらいの軽いタッチで相場に対峙する必要があるように思います。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。