読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/円 売り方と買い方の勢力図が反転したか・・・ 

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/円 売り方と買い方の勢力図が反転したか・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週初から陰線が続き買い方に苦しい展開、木曜日には 先々週の安値を下回り、金曜日はさらに大きな陰線が出現して買い方の投げを誘う展開となりました。これまで何とか値を保っていただけに上昇基調への回帰の可能性がありましたが、金曜日の陰線の出現で買い方は完全にグロッキー状態、戻り売り姿勢に転じるより選択は残されていないような気がします。
移動平均線は、中期・長期が上昇する一方で短期が下落しました。実体線の下落に伴い短期・中期の移動平均線がデッドクロスを形成、中期の移動平均線も急速に上昇ピッチを緩める形となっています。実体線は長期の移動平均線に肉薄していて、上昇トレンドは完全に遮断されたと考えた方がよいかもしれませんね。
今週は、売り先行スタンスで臨みたい感じがしています。実体線が中期の移動平均線を下回ったところから大きく下落を演じていて、これでは買い方がポジション繰りを立て直す暇はなさそうです。一気に売り方と買い方の勢力図が入れ替わった様子も チャートから見て取れますので、買い方は戻り売りに転じるのが精一杯でしょう。ボラティリティの高まりとともに買い方の戻り売り姿勢が鮮明になる展開を予想します。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 上値の重さは否定しがたい・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。週初から下値志向が強く、先々週の安値を試す展開となりました。水曜日の下押しで先々週の安値を下回ったところから木曜日の陽線で反発、しかし金曜日は一転、陰線の出現で木曜日の陽線を完全に包んでしまいました。結局、終値ベースで 9月中旬以来の水準にまで下押し、下値不安の大きな形となっての越週となっています。
今週は、売り先行スタンスで臨みたいところです。もはや上昇トレンドのカケラも感じられないチャート形成となっていて、実体線が安定的に長期の移動平均線の下側での推移を継続するということであれば、戻れば戻っただけ戻り売り姿勢に転じる買い方が大勢出現するのではないでしょうか。ボリンジャーバンドの幅がやや広がりを見せていて、ボラティリティの上昇があるかもしれませんが、買い先行スタンスは取りにくい印象です。

■ ポンド/円 何とか粘っている・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。大きな下落を演じたドル円・ユーロ円と対比すると、ポンド円はまだかろうじて「踏ん張っている」という印象を受けるチャートと言えそうです。ただ、それでも週末にかけて週間の安値を更新し、実体線が短期の移動平均線の下側に潜り込んでしまった点は買い方にとって大きな痛手と言えそうです。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。ドル円・ユーロ円と対比すると踏ん張ってはいますが、上値を追えるほどの勇気は持ち合わせていないように思うのです。ボリンジャーバンドの幅も狭くなりつつあり、上下ともに堅さを感じさせるような動きになるのでしょうか。MACDはデッドクロスから下向きの動きを継続していて、やや戻り売りに押されるような展開を予想します。

■ オージー/円 意外に踏ん張っているが・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。大きく円高へ動いたドル円・ユーロ円と対比すると、木曜日の安値から連続陽線で跳ね返したオージー円の強さは特筆すべきものがあると思います。木曜日の陽線も材料として大きいですが、金曜日の陽線で水曜日の陰線を完全にカバーした点が買い方にとってはそれ以上に大きく、上伸に期待の持てる形での越週となっています。
今月は、リスクテイクするのであればやや買い先行スタンスを取りたい感じがします。ただ、対円の通貨ペアで見ると、ドル円・ユーロ 円が一気に円高方向へ動き始めていて、オージー円だけが無難に円安基調をたどる可能性はあまり高くないような気がします。そういった意味では、対円で円安方向へ向かうのであればオージー円が先導、円高方向へ向かうのであればオージー円はやや上値の重い展開が待ち受けているような気がします。

■ ユーロ/ドル いったん天井を形成したか・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。 先々週の流れを引き継ぎ週初は堅調な展開、水曜日に週間の高値を付けたところからやや変調をきたし、木曜日の陰線の出現で高いところを買った人が一気に投げた形、金曜日は上下にヒゲを伴い、ほぼ十字架に近い形で引けていて、明確な方向感を見出せずに越週となっています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。いくら実体線がそこそこ値持ちしているとは言え、先週後半の動きを見ると今後は上値の重さが鮮明になる可能性が高いでしょうし、MACDが久しぶりにデッドクロスを形成した点も買い方にとってはマイナス要因です。一方で、11月14日の陽線の効果が残っていることも期待できると思いますので、一方的な下落に発展する可能性も高くないような気がします。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。