読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ポンド/円 戻り高値を越えてきた・・・ 

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ポンド/円 戻り高値を越えてきた・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の流れを引き継ぎ週初は下落で始まりましたが、他の対円の通貨ペアと異なり、ポンド円は火曜日の時点から陽線で跳ね返し、週末にかけても連続陽線で一気に戻り高値を超える展開となっています。これだけ強い値動きを見せつけられると売り方は買い戻すより選択がなく、週末にかけて上値追いに拍車がかかったものと考えてよいのではないでしょうか。
移動平均線は、短期が下落する一方で中期・長期が上昇しています。実体線は先週水曜日の終値以降、3本の移動平均線の上側で推移する時間帯が圧倒的に長く、買い方有利の状況が続いています。また、MACDはデッドクロス寸前で切り返し、再び上伸へ向かっていてこちらも買い方有利の動き、下がって上がっても売り方の買い戻しが先行する展開と考えてよいと思います。
今週は、買い先行スタンスで臨みたい感じがしています。やはり、実体線が先週末にかけて先々週の戻り高値を一気に超えてきた勢いを評価の対象にせざるを得ず、チャート的にも売りを示すものがないことを考えると、高値警戒感という言葉に惑わされることなく買い先行スタンスを貫きたいところです。チャートを長い足に切り替えても2015年夏以来の水準ということで、新しい局面入りしているという判断が可能ではないでしょうか。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 中期・長期の移動平均線に挟まれニュートラル・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、火曜日に安値を付ける展開でした。先々週の流れを受け継ぎ週初は下落から始まりました。火曜日に長い下ヒゲを伴って大きく戻し、水曜日も陽線で上伸したことから下値不安は一定程度払拭されているものと考えます。ただし、取引価格帯を一気に下側に移動させた影響は買い方にとって今後重石となることが考えられ、しばらくは上値の重い展開が続くと考えるのが無難だと思います。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。先週の動きを見る限り、大きな下落リスクはないように思いますが、上は上で先々週以前の取引価格帯が待ち受けていますので、戻れば戻っただけ戻り売りが持ち込まれるのは当然のことだと思います。実体線が長期の移動平均線水準を安定的に下回られない限りにおいては下落トレンド入りの判断には遠いと思いますが、戻りにも限界があるような・・・そんな状況ではないでしょうか。

■ ユーロ/円 大きな下落リスクは低いか・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。ドル円と同様、週初は下落で始まりましたが週央から切り返し、水曜日以降の3連続陽線で週間の高値を付けています。やはり、売るだけ売ったらそれ以上に売る人がいない状況に変わりはなく、一方、下がれば下がっただけ強烈な買い戻し圧力を感じさせられる展開に変化はないようです。総じて、大きな下落トレンドに突入するリスクは乏しいような気がします。
今週は、買い先行スタンスで臨みたいところです。終値ベースで見ると実体線はかなり高い位置まで戻していますし、実体線が先々週の高値を超えてくるようだと再び青天井、売り方の買い戻しが上値追いに拍車をかける展開が待ち受けているのではないでしょうか。MACDは若干微妙な形状を示していますが、実体線が上伸すれば再びゴールデンクロスを形成、売り方の焦りを呼び込む可能性が高いような気がしています。

■ オージー/円 売り方の買い戻しが続くか・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週初はやや下押しの動き、上ヒゲ・下ヒゲを伴って微妙な動きを見せましたが、水曜日の陽線で流れが変わり、週末にかけても連続陽線の出現で上伸を続け、終値ベースで11月15日以来の水準で引けています。トータル的に見て、上伸意向の強い形状での越週と考えてよいのではないでしょうか。
今週は、買い先行スタンスで臨みたいところです。実体線が終値ベースで高い位置をキープしていること、また、3本の移動平均線がいずれも上昇傾向を保ちながら実体線が3本の移動平均線の上方に位置していることを考えると、高い位置にいるからという理由だけで弱気スタンスを取る必要は全くないような気がしています。ボリンジャーバンドの幅も広がっているわけではありませんし、過熱感なき上伸が期待されるところです。

■ ユーロ/ドル 上値志向の強さ継続・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。週間を通じて小動きに終始しましたが、週央の下落に対して週末にかけて跳ね返し、終値ベースで先週月曜日の高値に肉薄する動きを見るにつけ、決して弱くはないという印象を受ける形となっています。チャート的には、なお11月14日の陽線の威力が残っていると考えてよいのではないでしょうか。
今週は、買い先行スタンスで臨みたい感じがしています。先週の動きを見る限り、やはり実体線は短期の移動平均線の上側での推移に居心地の良さを感じている印象を受けますし、上昇傾向を続ける中期の移動平均線との距離を保ちたいような動きが継続するのではないでしょうか。大きな下落を望めるような状況からは遠いと思いますし、じりじりと上値追いの動きが続くような気がしています。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。