読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル円135円を挟んだ動き 明日の米CPIに注目集まる

ドル円135円を挟んだ動き 米長期金利の動向など受け上下

8日のドル円は135円を挟んで方向感に欠ける動きとなりました。

先週末の米4月雇用統計が予想以上に強い結果となったことによるドル買いの流れが継続し、週明けの8日朝、ドル円は一時135.30円前後まで上値を伸ばしました。

買いが一巡すると伸び悩み、米長期金利が低下する中、午後にかけて134円台後半へと下落しました。

夜にかけてドル買いが優勢となり、21時過ぎには135円台前半まで持ち直しましたが、その後失速して再び134円台後半へと押し戻されるなど、一日を通して135円を挟んで上下するレンジ相場となりました。

ドル円様子見ムード続くか 明日の米CPIに注目集まる

8日のドル円は135円を挟んだ水準で揉み合い、方向感に欠ける動きとなりました。明日に米4月消費者物価指数(CPI)の発表を控えていることもあり、様子見ムードが広がったことから狭いレンジ内での推移となりました。

先週の米FOMCで利上げの停止が示唆されたとの見方からドルを売る動きも出ましたが、先週末の米4月雇用統計が強い結果となったことを受けてドルを買う動きも出ており、ドル円は大きな方向感が出にくい状況となっています。

FOMCでFRBのパウエル議長は今後の利上げについてデータ次第と強調しており、その後発表された米4月雇用統計が予想以上に強い結果となったことで、6月に開かれる次回のFOMCでも0.25%の利上げが行われるとの観測が強まりました。明日発表の米4月消費者物価指数(CPI)も予想上振れとなった場合、次回会合での利上げがさらに強く意識されドル円に上昇圧力が加わることが予想されます。

本日は重要イベントの予定がなく、明日の米4月消費者物価指数(CPI)の結果を見極めたいとの思惑が広がっていることから、ドル円は引き続き方向感の出にくい相場展開が続きそうです。