読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル/円、一時135円台 市場の注目は10日の米4月CPIへ

ドル/円、米4月雇用統計の結果を受け135円台へ

5日のドル/円は、米4月雇用統計の結果を受けて強含む展開となりました。
ゴールデンウィーク最終日の東京市場では、134.30円台から133.89円前後まで下落するなど上値が重い相場でした。その後は、134.20円台まで戻りを見せるも米雇用統計待ちムードで小幅な値動きとなりました。

NY市場で発表された米4月雇用統計は、非農業部門雇用者数が25.3万人増と市場予想(18.5万人増)を上回りましたが、前月分が23.6万人増から16.5万人増へ下方修正されました。失業率は3.4%と市場予想(3.6%)及び前月(3.5%)を下回る低水準となりました。平均時給は、前月比+0.5%、前年比+4.4%といずれも市場予想(+0.3%、4.2%)を上回る伸びとなり、総じて良好な結果となったことからドル買いが強まり、一時135.12円前後まで上値を拡大しました。

ドル/円、135円台に定着できるか

本日、東京市場のドル/円は、方向感が定まらない展開となっています。先週末の米4月雇用統計後の流れを引き継ぎ、一時135.30円前後まで上伸しましたが、上値の重さからドル売りに傾き134.60円台まで押し戻されていました。
欧州市場に入ると、再びドル買い・円売りが強まり135円台へ戻す動きを見せています。

市場では、次の注目イベントとして10日の米4月消費者物価指数(CPI)に関心が向っています。今夜は新規の手掛かり材料に乏しいこともあって、ドル/円は引き続き上値の重い展開が予想されます。

ドル/円をテクニカル分析で見ると、10・20・80日移動平均線が上向きで上昇基調は継続といえます。しかし、10日線(135.06円前後)が上値を抑えて伸び悩んでいることから135円台では戻り売り意欲が強い状況が続きそうです。そうした中で、日足終値で10日線を上抜けば136円台に向けて上値摸索の展開が考えられます。一方で、134円台で押し戻されると引き続き135円台が抵抗となり伸び悩みそうです。

ドル/円

この後の経済イベント

5/8(月)
23:00 米3月卸売売上高
23:00 レーンECB専務理事、講演
29:00 FRB金融安定報告書公表
29:45 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演

今日の注目トピック

本日8日から、新型コロナウイルス感染症の位置づけが、季節性インフルエンザなどと同じ「5類」に移行しました。そのため、今後は法律に基づいた緊急事態宣言などがなくなり、感染対策は個人の判断となります。そもそも、感染症の類型とは「1~5類」に分けられており1類に近いほど危険な感染症という事です。新型コロナウイルスは5類に分類されていますが危険性が低いというわけではありません。それは、今回のパンデミックを経験して身をもって知っているはずです。また、この脅威が将来的に完全に消えることはないでしょう。この3年間で何度も変異したウイルスですから、これからも変異し続けるかもしれません。コロナやインフルエンザなどの感染症がいつ流行するのかはわかりません。そのため、基本的な予防である手洗い、うがい等といった感染症予防を引き続き行っていくことが重要と言えるでしょう。

 
uehara.jpg 外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)
国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe) 2015年から金融業界に参入し、顧客サポートなどに従事。また金融セミナーの講師としても活躍する。2022年2月(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。これまでの経験や知識を活かしながら、FX個人投資家へ精力的な情報発信を行っている。経済番組専門放送局「ストックボイス」や、ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』でのレギュラー解説ほか出演多数。マネー誌『ダイヤモンドZAi(ザイ)』にてドル円・ユーロ円見通しを連載中。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。