読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

オージー/円 円高を先導するならオージー円だが・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  オージー/円 円高を先導するならオージー円だが・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週の流れを引き継ぎ、順調に下落トレンドを継続中・・・と書くと、売りポジションを持っていれば大きな収益につながるのではないかと思われるかもしれませんが、話はそんなに簡単ではありません。チャートを見てお分かりのように、連日の長い上下の「ヒゲ」に耐えられるロットのコントロールができた(稀有な)方だけが収益を手にできているのではないでしょうか。
移動平均線は、3本とも下落しました。実体線はほとんどの時間帯で3本の移動平均線の下側に推移することになり、買い方は戻り売り姿勢を強烈に鮮明にしています。先週後半は、戻らないと見るや買い方の投げが持ち込まれている様子がチャートからも見え隠れしますが、一方で金曜日の長い下ヒゲを見るにつけ、ショートカバーも相当に入っているように思います。
今週は、リスクを取るとすれば売り先行スタンスということになりますが、直近のチャートを見てもわかるように、下側のリスクだけが顕在化している状況ではありません。長い下ヒゲが出現する前提でリスクテイクする必要がありますので、売るなら売るで逆指値のポイントをかなり近めに、ポジションを持つ時間もできるだけ短めにする方が賢明のような気がします。正直言って、相当に難しい相場だと思います。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 下ヒゲも長く売りにくいが・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週の流れを引き継ぎ週初からやや軟調な動き、火曜日の陽線で上値を試す展開に入りましたが水曜日に実体線が長期の移動平均線をクリアできなかったことから再度軟調な展開へ突入、週末には130円割れも試す形となりました。長い下ヒゲを伴って戻して引けましたが、地合いはなお買い方に不利に働いているようです。
今週は、リスクを取るなら売り先行スタンスになりそうです。ただ、売るかどうかは別問題という感じでしょうか。先週金曜日の長い下ヒゲで底入れを果たす可能性も十分にあり、安易な突っ込み売りは要注意だと思います。ただ、このチャートですので、すんなりと戻るようには思えず、仮に戻るにしても何度か下押しの局面はあるのではないでしょうか。売りでインするにしてもあまり欲張らずに利食い千人力と言えるかもしれません。

■ ユーロ/円 ただただ乱高下しているだけ・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。先々週の流れを引き継ぎ週初は大きく下押ししましたが 、V字型に戻しました。週央にかけて一気に143円台の後半まで買い進みましたが週末にかけて再度売り込まれ、上下に激しく動いた一週間と言えるでしょう。週間を通じた上下の値幅は4円80銭ですが、体感的にはそれの2倍ぐらいの動きだったように思います。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。移動平均線が3本とも下落していることを考えると買いでインする選択はありませんが、とは言え直近のチャートで長い下ヒゲがこれだけ連発して出現していることを考えると、売りでインしてすんなりと収益に結びつくわけでもないような気がします。相場に近づきすぎると疲弊感ばかりが募る形になりますので、ここは落ち着いてマーケットの「流れ」を読むようにした方がよいかもしれませんね。

■ ポンド/円 上下ともヒゲの長さが目立つが・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅が5円を超え、ダイナミックな値動きとなっています。ただ、それ以上に参加者を惑わせているのは、月曜日の下ヒゲ→水曜日の上ヒゲ金曜日の下ヒゲと、上下の値ブレがかなり大きくなっていることです。実際、終値ベースで見てみると、159円88銭から161.82銭ということでわずか2円弱の値幅に収まっています。
今週は、少し様子を見るよりないような気がします。先週水曜日の上ヒゲの長さや実体線の居場所が3本の移動平均線水準を下回っていること、MACDもゼロライン割れを果たしていることを考えると、新規のポジションで買いを選択する余地はないように見えますが、かといって何も考えずに売りで取れるほど易しくもないような気がします。ボリンジャーバンドの幅はそれほど広くありませんが、上下の値ブレには十分に注意が必要だと思います。

■ ユーロ/ドル 上昇基調だが、簡単な話ではない・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。火曜日の陽線で終値ベースの戻り高値を更新し、上値志向の強い形になりました。水曜日は連続陰線で上伸し、木曜日も堅調に推移しましたが、あろうことか水曜日の高値を超えたところから売られて小陰線、金曜日も比較的大きめの陰線の出現ということで、売り方も買い方も砂を噛むような展開となっています。
今週は、難しいところではありますが、大きく下押ししないことが確認できるようであれば、買い先行スタンスでインしてみたい感じがしています。チャート的に売りを示すものはなく、実体線が値持ちすれば中期・長期の移動平均線のゴールデンクロスも見込めます。とは言え、買われると決め打ちするのも危険な話、しっかりと損切りポイントを決めて、だらだらと評価損を持ち越さないような努力が絶対に必要な相場だと思います。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。