読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

来週の為替予想(米ドル/円)「米ドル安は転換する?それとも再燃?FOMC・雇用統計ら通じて見極め」ハロンズ FX 2023/1/28

f:id:gaitamesk:20210907122100p:plain

執筆:外為どっとコム総合研究所 小野 直人

目次

執筆日時 2023年1月27日 14時00分

米ドル安は転換する?それとも再燃?FOMC・雇用統計ら通じて見極め

1月23日週の米ドル/円は129.017-131.127円のレンジで推移

米国の購買担当者景気指数(PMI)が市場予想を上回った局面で、米ドル/円は131.127円まで上昇した。その後、戻り売りに押し戻されて129.017円まで低下。ただ、市場予想を上回る米10-12月GDPを好感すると130円半ばへ切り返すなど、翌週の米重要イベントを前に明確な方向性は定まりませんでした。(各レート水準は執筆時点のもの)

※相場動向については、外為どっとコム総研のTEAMハロンズが配信している番組でも解説しています。

f:id:guh202109:20220728184343p:plain
外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(@TeamHallons) が、平日21時より配信するFXライブ番組

FX ライブ配信、JPYはYCCアタック、AUDはWMR、2月FOMC ブレイナード砲「警戒」、GDP Live(2023年1月26日)- YouTube

FOMC通過後は短期的にドル買い戻し?

 来週は1/31(火)に米国1月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)、2/1(水)に米国1月ADP雇用統計、2/1(水)に米国1月ISM製造業景況指数、2/1(水)に米連邦公開市場委員会(FOMC)、2/3(金)に米国1月雇用統計、米国1月ISM非製造業景況指数と重要指標が目白押しです。中でも重視されるのはFOMCと雇用統計でしょう。FOMCは0.25%利上げが9割方織り込まれており、注目は残りの利上げ回数とバランスシート縮小ペースの行方となりそうで、雇用統計は金融当局のタカ派姿勢転換を後押しする材料になるかどうかでしょう。 FOMCを巡っては「今回が最後の利上げになる」とハト派サプライズを期待する投資家がいる一方で、「当局が5%を上回る水準までFF金利の引き上げを示唆」まで、見通しの幅は広がっており市場のボラティリティは高まりそうです。

個人的には、次回、会合で直ちに利上げ停止議論が盛り上がるとは見ておらず、今後、1・2回利上げしながら打ち止めの時期を見極める姿勢を示すのではないかと考えています。こう考えると、足許のマーケットは少しFRBのハト派化期待が先行していますので、FOMC通過後はその巻き戻しから米ドルが買い戻される展開となるのではないでしょうか。もっとも、米国の成長スピード減速から米労働市場がこの先緩む危険があるほか、日銀の正副総裁人事に伴う思惑から米ドルをすんなりと買い進める環境にはなく、米ドル/円の上値の重さは残ったままでしょう。

米ドル/円、転換or継続見極め

米ドル/円の1月のこれまでのローソク足を確認すると、実体部が約80銭で、上ヒゲが約3.9円、下ヒゲが約3円と足長同時線近い形状になっています。この足型は、売りと買いの勢いが拮抗している状態に散見される形とされており、米ドル/円は攻防の分岐点に差し掛かっていると言えそうです。底打ち感が出て戻りを試すのなら、週足一目均衡表・雲上限が位置する130.894円を上回った水準での底固めが必要になる一方で、下方向に値幅を拡大させるなら、127.225円(1月15日安値)の直近安値割れを試す必要があると考えます。どちらかが勝れば、その方向に雪崩れるように進む可能性があるだけに、これらのレベルでの安易な逆張りは避けたいです。

【米ドル/円チャート 月足】

USDJPYチャート

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
予想レンジ:
USD/JPY:126.500-132.500

1/30 週のイベント:

1/31(火) 8:30 日本 12月失業率
1/31(火) 8:50 日本 12月鉱工業生産・速報値
1/31(火) 22:30 米国 10-12月期四半期雇用コスト指数
1/31(火) 23:45 米国 1月シカゴ購買部協会景気指数
1/31(火) 24:00 米国 1月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)
2/1(水) 22:15 米国 1月ADP雇用統計
2/1(水) 24:00 米国 1月ISM製造業景況指数
2/1(水) 24:00 米国 12月建設支出
2/1(水) 28:00 米国 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
2/1(水) 28:30 米国 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見
2/2(木) 8:50 日本 対外対内証券売買契約等の状況
2/2(木) 21:30 米国 1月チャレンジャー人員削減数
2/2(木) 22:30 米国 新規失業保険申請件数
2/2(木) 24:00 米国 12月製造業新規受注
2/3(金) 22:30 米国 1月雇用統計
2/3(金) 24:00 米国 1月ISM非製造業景況指数(総合)

一言コメント

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(@TeamHallons) が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っています。ご興味のある方は、一度、こちらにアクセスしてみてください。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。