読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル/円 売り場探しへ・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ドル/円 売り場探しへ・・・ 
先週は、火曜日に高値・安値の両方を付ける展開でした。先々週もずっと実体線が中期の移動平均線の下側で推移していたことが伏線になっていると思うのですが、火曜日の陰線で一気に12月の安値を割り込み、一時130円台まで値を下げる場面もありました。水曜日以降は徐々に戻していますが、何と言っても火曜日の陰線の下落が厳しく、買い方は虎視眈々と戻りを待つような展開になっています。
移動平均線は、3本とも下落しました。実体線は火曜日の陰線で短期の移動平均線水準をも割り込み、その後も3本の移動平均線の下側で推移する展開となっています。週末にかけて実体線が戻しましたが、それでも短期の移動平均線水準にさえ戻りは及んでいません。MACDはゼロラインのかなり下側でデッドクロスを形成していて、買い方の投げを誘う展開となっています。
今週は、売りスタンスを取らざるを得ないところでしょう。ただ、先週後半に見られたように、戻りを安易に売ってしまうと、その後の戻りに巻き込まれてしまい、買い戻しを余儀なくさせられてしまいます。やはり、こういった局面では戻りの限界を上手く見極め、下落局面を追いかけて売るのが得策と考えます。先週金曜日、先週木曜日の安値を割り込んだ辺りを売りポイントの目安としたいところですね。

その他 通貨ペア分析


■ ユーロ/円 下落トレンド入りの可能性が高いか・・・ 
先週は、火曜日に高値・安値の両方を付ける展開でした。ドル円と異なり、先々週は実体線が概ね3本の移動平均線の上側に位置していましたので、上値追いの可能性あるかと考えていたのですが火曜日の大陰線でその夢もあえなく潰え、ドル円と同様、一気に12月の安値を割り込む展開となりました。水曜日以降はかなり値を戻してきましたが、やはり先週火曜日の大陰線を埋めるには遠く及ばず、141円の手前での越週となっています。
今週は、ドル円と同様、売り先行スタンスを取らざるを得ないと考えます。チャート的には、先週火曜日の大陰線で買い方のポジションは崩壊していると考える必要があると思いますし、戻れば戻っただけ戻り売りが持ち込まれ、戻らなければ戻らないで投げが持ち込まれるという形になるような気がします。先週火曜日の陰線の大きさが大きさだけに、買い方は戻り売りも出せない状況かもしれませんが戻れば上値の重さが目立つ展開となると考えてよいと思います。

■ ポンド/円 買い方のポジションは崩壊・・・ 
先週は、火曜日に高値・安値の両方を付ける展開でした。先週火曜日の陰線の出現で12月の安値どころか11月の安値をも下回ってしまい、買い方のポジションは一気に崩壊へ向かいました。水曜日以降も軟調な動きが続き、金曜日は陽線で戻しましたが160円乗せが精一杯といった形での越週となっています。ドル円・ユーロ円と比較すると戻りの鈍さが明白で、今後の動きが思いやられます。
今週は、売り先行スタンスで臨みたいところです。先週火曜日の下げが大きなものであっただけに戻りも大きなものが予想されるかもしれませんが、ドル円・ユーロ円と比較して戻りが鈍い点は買い方の投げを誘うに十分な理由があると考えてよいのではないでしょうか。MACDもドル円・ユーロ円よりも早くデッドクロスを形成している点は注目に値するところでしょう。値ごろ感からの買いはお勧めできない状況だと思います。

■ オージー/円 戻りは叩かれるのでは・・・ 
先週は、火曜日に高値・安値の両方を付ける展開でした。火曜日の陰線で12月の安値を下回ってしまった点は他の対円の通貨ペアの動きと同様です。オージー円の場合、先々週に少し戻り歩調をたどりかけていただけに、この下落にショックを受けた買い方は多いのではないでしょうか。特に、11月下旬までの揉み合い相場の取引価格帯の下限が93円どころで、先々週の戻りがちょうど93円どころであったことを考えると、買い方のショックの大きさが感じられるところです。
今週は、売り先行スタンスで臨まざるを得ないと考えます。ただし、先週火曜日の陰線の出現以降、実体線が水曜日・金曜日の陽線でかなり戻している点は注意が必要です。もちろん、V 字型に大きく戻す展開は予想しがたいところではありますが、売り方の買い戻しにドライブがかかった場合には、戻りも相当大きなものになる可能性があるかもしれません。ただ、いずれにしても新規買いは厳しく、新規のポジションは売り先行とすべきだと思います。

■ ユーロ/ドル 高く引ければ買いの目も・・・ 
先週は、木曜日に高値・安値の両方を付ける展開でした。対円の通貨ペアが大荒れの動きを実現する中、ユーロドルは至って落ち着いた動きとなっています。 足形を細かく見ていくと、上ヒゲの長さが若干気になるところではあるのですが、値動きが緩慢であることを考えると、「五十歩百歩」という評価が妥当かもしれません。また、実体線が値持ちしている点は買い方に有利に作用する状況に変わりはないものと考えてよいでしょう。
今週は、終値ベースで先週の高値を更新するようであれば少し買い先行スタンスをとりたい感じがしています。やはり、実体線が高い位置をキープしている点は売り方の買い戻しを誘発する大きな材料となるような気がするのです。一方で、大きな陰線が出現して実体線が中期の移動平均線水準を下回ったりするようなことがあれば、これは買い方にとっては一大事、MACDの下落傾向と相まって上昇トレンドの終焉に直結する可能性があるかもしれません。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。