ユーロ/ドル 下落トレンドへ復帰・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 下落トレンドへ復帰・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。水曜日の陰線の出現で終値ベースの安値を更新、木曜日の上ヒゲの出現で少し値を戻しはしましたが結局十字架に近い足形で安く引け、金曜日の大陰線の出現を導く形となっています。短期・中期の移動平均線がデッドクロスを形成しています  が、実体線が3本の移動平均線から下側に乖離する動きを見せている点を鋭く見抜く眼力が求められると思います。
移動平均線は、3本とも下落しました。短期・中期の移動平均線がデッドクロスを実現したことに加えてMACDもゼロラインの下側でデッドクロスを形成していて、買い方に損切りを促す形となっていますね。ボリンジャーバンドの幅も広がりを見せてきていて、実体線が移動平均線に回帰するのではなく、移動平均線から乖離を見せる展開と考えるのが妥当な状況と言えそうです。
今週は、売り先行スタンスで臨みたいところです。これまで何度も見られてきたように、中期・長期の移動平均線が下向き推移を続ける中にあって実体線が直近の安値を終値ベースで更新した場合には、そこから買い方の投げが持ち込まれるシナリオを想定してよいのではないかと思います。実体線の急落によってMACDはダイバージェンシーを形成していますが、これも時間の経過とともに解消されることが予想され、買い方の投げがダラダラと続くように思います。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 他の対円の通貨ペアに押されないかと・・・ 
先週は、木曜日に高値・安値の両方を付ける展開でした。この日だけで上下の値幅が5円を超え、大荒れの展開となりました。結果的にこの日は陰線で安く引け、そして翌日の金曜日には陽線で戻して引けていて、強弱の観点で言うと何とも・・・というのが正直なところではないでしょうか。買い方にも売り方にも大きな爪痕を残す値動きだっただけに今後の流れが注目されるところではありますが、現状は明確な方向感が見られていません。
今週は、何とも様子を見たいところではありますが、先週金曜日の安値を下回らないという前提であれば買い方向で見てもよいかもしれません。ただし、MACDが下向き推移していることを考えると戻り局面では買い方の戻り売りが少しずつ待ち受けている形になるのではないでしょうか。先週木曜日の上下動にも関わらずボリンジャーバンドの幅はかなり縮まってきていますので、値動きはやや緩慢なものになるかもしれませんね。

■ ユーロ/円 もう買えない・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週初こそ値を保っていましたが、水曜日の陰線で先々週の安値を割り込んでしまいました。罪作りなのは木曜日の値動きで、いったん水曜日の高値を越えたところから大きく売られてしまい、買い方は撃沈、金曜日も陰線で続落という形で週末を迎え、買い方はまるでお葬式のような雰囲気に包まれての越週となっています。
今週は、売り先行スタンスで臨みたいところです。先週の値動きをマジマジと見るにつけ、買い方を擁護する材料には極めて乏しく、売り方が一気に息を吹き返した状況がチャートからも見て取れます。特に、実体線が長期の移動平均線を下回って引けた点は大きな評価に値するところではないでしょうか。これはほぼ1ヶ月ぶりの状況だけに、買い方と売り方の立場が完全に逆転したと判断してもよいのではないかと思います。

■ ポンド/円 まるで鉄火場、手出し無用か・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。水曜日の陰線で先々週の安値を早くも下回ってしまい、買い方が押される展開になる一方で、木曜日はいったん大きく値を戻す展開を見せただけに、ここで買い方が完全に油断(安心)をしてしまったのでしょうか、結局木曜日は大陰線で終値ベースの安値を一気に更新、金曜日はさらに輪をかける形で大陰線が出現して暴落と、買い方はなす術のない状況に陥ってしまいました。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。と言うか、様子を見るべきでしょう。もちろん、トレンドとしては下向きと判断せざるを得ませんが、先週木曜日から金曜日のように2日で9円近くの値動きを実現するとなると、レベル感で占うことは当然に禁止されるべきで、上下の予想にほとんど意味がないと思われる方です。MACDは一気にゼロライン割れを実現していて、買い方の敗戦処理が継続すると考えるのが妥当ではないでしょうか。

■ オージー/円 もう買えないでしょう・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週初は安定した動きを見せていましたが、水曜日の陰線で先週の安値を終値ベースで下回り、やや下向きの価格推移が見え隠れしていました。木曜日は、そういった動きを否定するかのように上値追いの動きを見せましたが、そこから大暴落、陰線が出現して一気に安く引けています。金曜日はさらに陰線が続いて木曜日の長い下ヒゲを埋める動きと、買い方にトドメを刺す形で越週となりました。
今週は、売り先行スタンスで臨みたいところです。先週水曜日以降、チャートが一気に悪化を示して買い方有利から売り方有利に転じた点は特筆すべきで、買い方の「投げ遅れ組」が残っていると考えるのが妥当だと思います。値動きとしては当然に上値の重い形が予想され、大きく戻せば戻しただけ、下値模索の可能性が高いと読むべきではないでしょうか。安易な押し目買いは厳禁、動いている向きに素直にリスクテイクすべき状況だと思います。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~   

                                                                                                                                      

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top