読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル/円 買いのように見えるのだが・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ドル/円 買いのように見えるのだが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅は2円にも届かず、ここ最近の動きとしてはやや小動きと言ってもよいかと思います。ただ、先週の動きを見る限り、実体線が中期の移動平均線水準を下回るとすかさず買い戻される展開が続いていて、やや上値追いの可能性が強いかも、と思わせる形での越週となっています。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線は3本の移動平均線の上方に位置していていますので、引き続き緩やかな上昇トレンドが継続しているという判断でよいかと思います。ただ、MACDは力なく緩やかに下落を続けていて、こちらは強気を支持する形状とは言い難く、チャート指標は強弱まちまちとなっています。
今週は、リスクを取るとすれば買い先行スタンスを取りたいところです。MACDが下落傾向にあることは気がかりではありますが、実体線と移動平均線の関係を見てもポジションを売りに傾ける必然性はないような気がします。また、ボリンジャーバンドの幅が若干狭まってきていますので急伸は望みにくいかと思いますので、逆指値の売り注文はやや近めに設定してすぐに損切り撤退できるようなスタンスで臨むのがよいような気がします。


その他 通貨ペア分析


■ ユーロ/円 ようやく下げ止まったかも・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。何とか堅調地合いを継続したドル円とは大きく異なり、ユーロ円のチャートは大きく崩れてしまいました。週間を通じた上下の値幅は5円を超え、一時は5月下旬の水準まで下落しています。チャートを細かく見ていくと、火曜日の上ヒゲで月曜日の高値、短期・中期の移動平均線水準を超えたところからドライブがかかったような形状になっているのがよく分かりますね。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。先週金曜日に週間の安値を付けたところから下ヒゲを伴って戻して小陽線で引けた点は、買い方にとって吉報と言えるでしょう。ただ、これだけ大きな下落を演じた後だけに、大きな戻りを期待するのは無理があると考えるのが妥当でしょう。ボリンジャーバンドの幅も大きく開いてきていますので、上下とも値幅を伴った動き、空中戦が演じられる可能性が高いと考えるべきだと思います。

■ ポンド/円 問答無用の空中戦が続くか・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。火曜日の高値から水曜日の安値まで一気に5円近い急落を演じ、しかも週末にかけて連続陽線で戻していまして、それが3円以上の値幅ということで、売り方も買い方もレベル感で入った人は悲惨な収益状況になっているような気がします。特に罪作りなのは、火曜日にいったん上値追いの動きを見せ、そこから急落を演じているところでしょうか。
今週は、とにかく様子を見るよりなさそうです。先週のような上下動に巻き込まれると、よほど上手くポジションをコントロールできる人でないと、荒波にさらわれてしまうような形になってしまうと思われるからです。特に、〇〇円台は買い、とか、▲▲円近辺は売りといった、レベル感でのトレードは全くワークしないと考えた方がよいと思います。唯一、動いている向きに成り行き注文でリスクを取れる人のみがトレードの参加資格を有すると言っても過言ではないように思います。

■ オージー/円 底入れの可能性は感じさせるのだが・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。先週火曜日に先々週の金曜日の大きな陰線水準を超え、しかも中期の移動平均線水準を捉えたところから急落・・・この動きには、買い方もかなり「参った」という感じではないでしょうか。しかも、水曜日の下落に対して木曜日・金曜日は連続陽線で切り返しを見せていて、安い所を叩いた売り方も買い戻しを余儀なくさせられています。まさに、「右往左往」という表現がぴったりのように思います。
今週は、リスクを取るなら買い先行で臨みたいところです。これはもちろん、先週後半の切り返しを評価してのことなのですが、一方でボリンジャーバンドの幅も狭まってきていて、しかも先週の値動きが長期の移動平均線を境に上下動を繰り返していることを考えると、少し分水嶺に差し掛かってきたような気がします。先週火曜日の高値を超えてくれば上伸に弾みがつくかもしれませんが、一方で長期の移動平均線水準を下回るような動きが続くと下落トレンド入りの可能性も考えられるでしょう。

■ ユーロ/ドル 安易な戻り売りは禁物・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週の流れを引き継ぎ、火曜日の陰線で一気に5月中旬の安値を下回ってきました。3本の移動平均線が下落傾向を保ち、実体線がその下側での推移を継続しているところでの安値割れだけに、買い方が一気に投げる形となりました。金曜日は1.01割れの水準までありましたが、さすがに買い戻しが入り、長い下ヒゲを伴って小陽線という形での越週となっています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。チャートの形状としては売りを選択するよりないわけですが、中途半端に戻り売りを敢行すると、そこから一気に持ち上げられてしまうリスクも低くないような気がします。戻りを確認した後の下落は売り参戦で問題ないと思いますが、果たして戻りをしっかり見極めることができるかどうかという点で言うと、難易度は決して低くないような気がします。また、可能性としては高くありませんが、先週の安値を切ってくるようであれば迷わず売り参戦でよいと思います。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。