FX/為替見通し「RBAは利上げ?日銀の金融緩和姿勢を受けて豪ドル/円は底堅い」週刊為替レポート ハロンズ 豪ドル/円、NZドル/円 2022年04月30日

週刊為替レポートハロンズ 豪ドルNZドル

執筆:外為どっとコム総合研究所 中村 勉
Twitter:@gaitamesk_naka

目次

 

RBAは利上げ?日銀の金融緩和姿勢を受けて豪ドル/円は底堅い

今週の振り返り

先週末から続く円買い戻し調整が週初も継続。その他にも、中国でのロックダウン地域の拡大や北京がロックダウンされる懸念が浮上したことで、93円付近で週初を迎えた豪ドル/円は27日朝方には90.43円と3月23日以来の水準まで下落しました。その後発表された豪2022年1-3月期四半期消費者物価指数(CPI)が予想を上回る強い結果となったことで、市場ではRBAが5月に利上げを開始するとの思惑が強まり、豪ドル/円は一時92円手前まで買い戻されることとなりました。28日には日銀金融政策決定会合が開催され、日銀は国債購入の指値オペを今後毎日実施することを公表しました。これにより円売り圧力が強まり、豪ドル/円は92.24円、NZドル/円は84.51円まで買い戻されました。(4月28日14時現在)

RBAは5月に利上げ?

今週27日に発表された豪1-3月期CPIは基調インフレ率が前年同期比+3.45%と予想の同+3.35%を上回る結果となりました。4月5日に行われたRBA理事会の声明で「今後数カ月のCPIや賃金の結果が重要」と示されていたことから、市場では「27日のCPIと5月18日の豪1-3月期賃金指数の結果を見て6月利上げ開始」説が織り込まれていました。しかしCPIの結果が予想以上に強かったこと、さらに前期の同+2.55%からインフレが大きく加速(表1参照)していることから、来週のRBA(5月3日)理事会で0.15%利上げを市場は織り込みました(4月28日現在)。市場予想通りの利上げとなるのか、それとも当初の予想通り5月の賃金指数を待つのか。元々、5月のRBA理事会はQE(量的緩和)により購入した債券の取り扱い(再投資かどうか)を議論する場として注目度は低かったのですが、今回のCPIの結果を受けて注目度が一気に上昇しています。

【表1 豪基調インフレ率の推移】

中国のコロナ政策が世界経済を苦しめる

中国最大の経済都市であり、世界最大の貿易港を持つ上海のロックダウンは、新規感染者数が過去数日間減少傾向に転じていることから部分的に厳しい措置の緩和の可能性が出てきました。ただ、中国では現在ゼロ・コロナ政策を布いており、上海などでは1人でも新規感染者が出れば14日間ロックダウン延長となります。感染力が強いオミクロン株が流行している中で、この政策を続ける限りロックダウンは解除は難しいのではないかと見られています。中国特に上海の封鎖は中国のみならず世界経済に大きなマイナスの影響を与えてしましますので、今後もネガティブ要因として燻り続けそうです。

テクニカル的には

豪ドル/円の下値は4月27日安値の90.43円、そして節目となる90.00円が目途となりそうです。上値は今週の下げでローソク足が日足一目基準線を下抜けてしまいましたので、同線を再び上抜けることが出来るか注目です。基準線の上抜けに成功すれば、4月20日高値の95.74円前後が目途として意識されそうです。その上の水準では2015年6月9日~25日に上値を抑えた96.00円付近、そして同年6月3日高値の96.99円(97.00円付近)がレジスタンスとして意識されそうです。

【豪ドル/円 日足チャート・一目均衡表】

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

予想レンジ:
AUD/JPY:91.00-96.00、NZD/JPY:83.00-87.00

5/2 週のイベント:

04/30~05/04 中国は労働節で祝日休場
05/03 (火) 07:45 NZ 3月住宅建設許可件数(前月比)
05/03 (火) 13:30 豪 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
05/04 (水) 07:45 NZ 1-3月期四半期就業者数増減(前期比)
05/04 (水) 07:45 NZ 1-3月期四半期失業率
05/04 (水) 10:30 豪 3月小売売上高(前月比)
05/05 (木) 10:30 豪 3月住宅建設許可件数 (前月比)
05/05 (木) 10:30 豪 3月貿易収支
05/05 (木) 10:45 中国 4月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)
05/06 (金) 10:30 豪 豪準備銀行(中央銀行)、四半期金融政策報告

一言コメント:

先日、水族館に行ったら入場制限がかかっており、30分以上待つことになりました。入場するとペンギンコーナーやサメがいる大きな水槽の周りには人だかり。懐かしさもありましたが、元々人の多い場所はあまり好きではないので、とても疲れました。とか言いつつ週末は約3年ぶりにJリーグを観に行きます。

nakamura.jpg 外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー社へ入社。8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、Twitterを通してFX初心者向けの情報発信を担当している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top