読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX/為替予想「ランド/円は堅調推移見込むが、リスクはウクライナ情勢」南アフリカランド 3月相場見通し

南アフリカランド相場見通し



▼リスク回避志向は強まらず
▼南ア国内は堅調、SARBは段階的利上げを示唆
▼ランドの堅調推移を見込むも、ウクライナ情勢次第では下落リスクも

リスク回避志向は強まらず

南アフリカ・ランドの対ドル相場は、グローバルな為替市場におけるリスクセンチメント、そしてそれを大局的に反映して変動する安全通貨であるドルの名目実効為替レートと連動性が高い(第1図)。

南アフリカ・ランド対ドル相場とドル名目実効為替レート

1月の米FOMCでは次回3月FOMCでの利上げが事実上予告され、年内のFRBのバランスシート縮小着手(QT)の可能性も示唆された。

米金利はこうした流れを織り込んでさらに上昇したが、ドルの上昇方向への反応はこれまでのところ鈍さが感じられる。ウクライナ情勢の緊迫化もあり、米株価指数も調整色が強まっており、市場のリスク回避地合いは強まる方向にあるが、為替市場ではそうした流れがまだ然程強く出ていない状況で、本稿執筆時点ではドルの上値は重い一方、ランドやブラジルレアルなど、一部資源国通貨の底堅い動きがみられている。

南ア国内は堅調、SARBは段階的利上げを示唆

南アフリカでは経済指標が緩やかな回復を続けており、インフレリスクへの対応から中央銀行である南アフリカ準備銀行(SARB)も段階的な利上げ継続を示唆。主要輸出品の金やプラチナの価格が底堅く推移していることも、ランドの比較的底堅い推移の背景になっていると考えられる(第2図)。

南アフリカ・ランド対ドル相場と金相場

ランドの堅調推移を見込むも、ウクライナ情勢次第では下落リスクも

こうした流れが続けば、ランドは対ドルや円で引き続き底堅い推移が続きそうだが、インフレ率上振れによるFRBのさらなるタカ派化や、ウクライナ情勢のさらなるエスカレートなどにより、為替市場でも全面的にリスク回避地合いが強まれば、ランドも一転下落に転じるリスクが浮上しよう。

ZAR/JPY 日足


(国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司 氏)

南アフリカランド 特設サイト:
南アフリカランド(ZAR)の特徴と今後の見通し│初心者にもわかるFX投資 | 外為どっとコムのFX

チャート:
為替チャート・FXチャート | 外為どっとコムのFX | 初心者にもわかるFX投資

店頭FX(外国為替保証金取引)における新興国通貨取引のリスクについて
当社取扱通貨のうち、いわゆる新興国通貨に分類されるトルコリラ・南アフリカランドおよびメキシコペソ(MXN)はインターバンク(銀行間為替市場)における流動性が主要国通貨に比べ相対的に低く、経済指標発表のみならず金融政策変更やその他政治的要因、さらには地政学的リスク等の要因による突発的な相場急変動が起こりやすい環境下にございます。また、こうした急変動時には実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ大幅に拡大する傾向にあり、その場合には当社でもやむなく提示スプレッドを一時的に拡大することがございます。あわせて、相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更する場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。これら新興国通貨のお取引、およびこれらを対象とするキャンペーンへのご参加に際しては、以上につきあらかじめご留意のうえ、ポジション保有時、特に法人会員様の高レバレッジ取引における口座管理には十分ご注意くださいますようお願い申し上げます。以上の新興国通貨それぞれのリスク、および直近時点でのリスクレポートにつきましては、こちらのページをご参照願います。
新興国通貨が高金利である理由について
新興国に分類される国々は概して政治リスクや財政リスクが先進国よりも高く、したがってその経済的信用度は相対的に低い水準にあります。こうした条件下では海外投資家の資金を呼び寄せられず、経済発展の支障となるため、金利を上げたり税金を安くしたりすることで、信用度の低さを補いうる投資環境を構築しようとします。そのため新興国通貨は一般に先進国通貨よりも高金利となる傾向にありますが、前述したように各種リスクが高い水準にあることから、長期的には先進国通貨に比べて価値が下がる(=通貨が下落する)条件を備えているともいえます。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。