読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「米長期金利上昇からドル買いが優勢、ドル円は8月11日以来の110.80円手前まで」

 

f:id:gaitamesk:20210907121925p:plain

おはようございます。昨日はドイツ総選挙でした。世論調査をみていますと、2大政党(社会民主党とキリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟)が支持率で僅差となっていますが、環境問題に関心が集まる中で緑の党も支持を受けています(ただ、支持率は足許で低下傾向)。次期リーダーについての期待度が高くないという報道を見ますと、メルケル首相の求心力や手腕が、いかに支持を集めていたかということでしょうね。

f:id:guh202109:20210927084904p:plain

 

■主要通貨ペアの前日の動き

主要通貨の騰落率
出典:上田ハーローFXの提示レート(Bid)をもとに作成

■三極通貨(ドル、ユーロ、円)

ドル円が110.30円、ユーロ円が129.47円、ユーロドルが1.1736ドルでオープン。香港や中国の株価が小幅高となったことから、海外からの円売りの流れを引き続き、東京時間終盤にはドル円が110.57円、ユーロ円が129.74円まで上昇、ユーロドルは朝方の1.1747ドルの高値からジワリと下落しました。ロンドン時間には香港や中国の株価が下落に転じたほか、欧州の株価も軟調地合いとなり、ドル円が110.30円、ユーロ円が129.43円まで小幅下落、ユーロドルはリスク回避の動きからのドル買いに1.1713ドルまで下落しました。NY時間にはメスター米クリーブランド連銀総裁が「2022年末までに利上げの条件を満たすと予想」などと発言したことや米10年債利回り1.4560%まで上昇したこと、米新築住宅販売が市場予想を上回ったことなどからドル円が8月11日以来となる110.79円まで上昇、ユーロ円は129.39円まで下押し後に129.82円まで上値を更新、ユーロドルは1.1701ドルまで下落しましたが、1.1720ドル付近まで下げ幅を縮小しました。
クローズ:ドル円 110.77円 /ユーロ円 129.82円 /ユーロドル 1.1722ドル。

■他通貨

ポンド円が151.31円、ポンドドルが1.3715ドルでオープン。東京時間にはアジアの株価のシッカリの地合いにポンド円は15時過ぎに151.71円の高値を付けましたが、ポンドドルは朝方の1.3734ドルの高値を付けた後はジワリと1.3715ドル付近まで下落しました。ロンドン時間からNY時間序盤にかけては欧州の株価が下落、リスク回避のドル買いと円買いの動きに、ポンド円が151円ちょうどまで、ポンドドルが1.3658ドルまで下落しました。その後、米10年債利回りを受けてドル円が上昇、ポンド円も151.57円まで連れ高となりましたが、ポンドドルが1.37ドル手前の戻りで上値を押さえられると、ポンド円も151.40円付近まで押し戻されました。
クローズ: ポンド円151.48円 /ポンドドルが1.3675ドル

豪ドル円が80.47円、豪ドル米ドルが0.7293ドルでオープン。海外の円売り、ドル売りの流れから9時過ぎには80.76円、0.7316ドルの高値を付けました。香港や中国の株価のシッカリ地合いへの反応は限定的で、アジアの株価が下落に転じ、欧州株価も軟調となったロンドン時間からNY時間序盤にかけてはリスク回避の豪ドル売りが優勢となり、80.01円、0.7237ドルの安値を付けました。その後は、米NYダウの下げ渋りから一時プラスに転じていたこともあり、80.40円付近、0.7255ドル付近まで下げ幅を縮小しました。
クローズ:豪ドル円80.43円 /豪ドル米ドル0.7261ドル。

■前日の主な指標結果と発言

・NZ 8月貿易収支(NZドル): -21.44億 (前回 -4.02億)
・英国 9月GFK消費者信頼感調査: -13 (予想 -8)
・日本 8月全国消費者物価指数(CPI) y/y: -0.4% (予想 -0.3%)
・日本 8月全国消費者物価指数(除生鮮食料品) y/y: 0.0% (予想 0.0%)
・日本 8月全国消費者物価指数(除生鮮食料品・エネルギー) y/y: -0.5% (予想 -0.4%)
・ラガルドECB総裁:インフレ加速、エネルギー価格との関連性高い。第4四半期のPEPP購入額の調整はテーパリングではなく再調整。ユーロ圏の恒大集団へのエクスポージャーは限定的。
・ドイツ 9月IFO企業景況感指数: 98.8 (予想 98.9)
・メスター米クリーブランド連銀総裁:2022年末までに利上げの条件を満たすと予想。利上げ後、しばらくの間は緩和政策が必要。インフレは今後数年間で2%を幾分上回る。来年の米GDPは3.75-4%と見込む。今年末の失業率は4.75%前後、来年末は4%前後と予想。11月からのテーパリング開始を支持。
・米国 8月新築住宅販売件数年率換算件数: 74.0万件 (予想 71.5万件)
・ジョージ米カンザスシティ連銀総裁:テーパリング開始への労働市場の基準はすでに満たしている
※m/m = 前月比、q/q = 前期比、y/y = 前年比

■為替

通貨ペア 引値 前日比 前日比(%)
USD/JPY 110.770 0.474 0.43%
EUR/JPY 129.822 0.355 0.27%
GBP/JPY 151.475 0.163 0.11%
AUD/JPY 80.431 -0.035 -0.04%
NZD/JPY 77.691 -0.257 -0.33%
EUR/USD 1.17215 -0.00142 -0.12%
GBP/USD 1.36748 -0.00405 -0.30%
AUD/USD 0.72614 -0.00312 -0.43%
NZD/USD 0.70129 -0.00514 -0.73%

source: uedaharlowfx

 

■三極(ドル、ユーロ、円)の1時間足

三極通貨の1時間足
source:uedaharlowfx UHChart
※チャート、文中およびクローズの為替レートは上田ハーローFXでの提示レート(Bid)です。

 

■株価

Index 引値 前日比
日経225 30,248.81 609.41
TOPIX 2,090.75 47.20
CSI300(中国) 4,849.43 -3.77
FTSE100(英) 7,051.48 -26.87
DAX(独) 15,531.75 -112.22
NYダウ(米) 34,798.00 33.18
S&P500(米) 4,455.48 6.50
NASDAQ(米) 15,047.70 -4.54

 

■金利

Country 利回り 前日比
米10年債 1.453 0.023
日本10年債 0.050 0.015
英10年債 0.925 0.018
独10年債 -0.228 0.030

 

■コモディティ価格

Commodities 引値 前日比
NY金(期近) 1,751.70 1.90
NY原油(期近) 73.98 0.68

source: bloomberg.co.jp (株価、金利、コモディティ価格)

 

■本日の指標発表予定

重要度低08:50 日本 8月企業向けサービス価格指数 y/y
重要度低14:00 日本 7月景気先行指数(CI)改定値
重要度低14:00 日本 7月景気一致指数(CI)改定値
重要度低14:35 黒田東彦日銀総裁あいさつ(大阪)
重要度低17:00 ユーロ圏 8月マネーサプライM3 y/y
重要度低20:00 メキシコ8月貿易収支(ドル)
重要度高20:45 ラガルドECB総裁講演(ECON)
重要度低21:00 エバンズ米シカゴ連銀総裁講演
重要度高21:30 米国 8月耐久財受注 m/m
重要度低21:30 米国 8月耐久財受注・輸送用機器除く m/m
重要度低22:00 ウィリアムズ米NY連銀総裁あいさつ
重要度高00:00 ベイリー英中銀(BoE)総裁講演(エコノミスト年次懇談会)
重要度低00:00 パネッタECB専務理事講演
重要度低00:30 米財務省2年債入札
重要度低01:30 デコス・スペイン中銀総裁講演
重要度低01:50 ブレイナード米FRB理事講演
重要度低02:00 米財務省5年債入札

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。