読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル チャートは崩壊、売り先行スタンスを取らざるを得ない

f:id:okinawa-support:20210621072646p:plain


今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20210621072803j:plain


■  ユーロ/ドル チャートは崩壊、売り先行スタンスを取らざるを得ない 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。水曜日の陰線の出現で一気に5月の安値水準を割り込み、先安感が強まる形となりました。木曜日・金曜日も連続陰線の出現ということで買い方は粉砕、先々週までのお気楽ムードから一転、底なし沼の様相を呈する形となってしまいました。
移動平均線は、3本とも下落しました。実体線が大きく下落したことから短期の移動平均線の下落幅が当然に大きくなっていて、短期・長期の移動平均線がデッドクロスを形成しています。中期の移動平均線も急激に下落しつつあり、早晩、中期・長期の移動平均線のデッドクロスの可能性が高まっていると言えそうです。MACDも久しぶりにゼロライン割れを実現しており、買い方の投げを誘うに十分な形状と言えそうです。
今週は、売り先行で臨みたいところです。下落モードに入ったのは先週水曜日からということで、まだ「相場は若い」と考えた方がよいのではないでしょうか。価格が下落したことによる押し目買いの参戦も当然に想定されますが、そういった勢力が投げるような展開に発展すれば、当然に3月下旬の安値割れも視野に入ってくると思います。値頃感での逆張りトレードは非常に危険な相場付きと考えた方がよいでしょう。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 売りは無理があるのかな・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。水曜日に6月上旬の戻り高値を更新、上値追いの期待が高まりましたが木曜日は陰線で反落、金曜日も上値追いの動きを少しだけ見せたものの押し返されています。何とも中途半端な形での越週となっていますが、チャートが陰転したわけではなく、地合いとしては上を見ているという判断でよいと思います。
今週は、やや買い先行で臨みたい感じがしています。もちろん、先週木曜日の陰線が少し重石になる可能性はあるのですが、それでも売りを選択する必要は今のところないような気がしています。実体験が先週水曜日の安値を下回ってくるようだと、それは同時に実体線が中期の移動平均線水準をも下回ることになりますので、買い方がやや苦しい形状になるかもしれませんが、とりあえず目先は上を見てよいのではないかと考えています。

■ ユーロ/円 上昇トレンドは終焉、売り先行の地合いへ・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先週の中盤に短期・中期の移動平均線がデッドクロスしていたこともあり、先週は週初からやや怪しい状況でしたが、木曜日の陰線で週初の安値を下回って、買い方が一斉に投げる展開へと発展しました。久しぶりに「動いた感」が見られますが、それでも先週木曜日から金曜日にかけての動きは2円をやや上回る下落に留まっています。
今週は、売り先行で臨みたいところです。チャート的に買いを示すものが全くないばかりか、実体線が既に4月下旬の水準にまで落ち込んできていますので、レベル感での買いは非常に危険だと言えるのではないでしょうか。買いで入れるとすれば、長い下ヒゲを伴って戻した後に限られると思いますが、それでも強烈な戻り売りを浴びることになると思います。

■ ポンド/円 押し目買いは非常に危険!? 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。木曜日に先々週の安値を下回ったことをきっかけに買い方の投げが一斉に入り、もはや5月27日の陽線の効果はまったく残っていないという状況に陥ってしまいました。このところ、小動きが続いていただけに、逆張りで買いから入って損失を計上した方も多かったかもしれませんね。ボリンジャーバンドの幅も久しぶりに少し広がってきており、ボラティリティの高まりを感じさせる状況となっています。
今週は、売り先行で臨みたいところです。感応度の低い長期の移動平均線が買い方にとってサポート要因になるようにはとても思えず、最低でも、長らく続いた上昇トレンドがすでに終焉を迎えているという判断をせざるを得ません。 5月27日の陽線のみならず、5月10日の陽線水準をも実体線が下回ってしまったことで、買い方のポジションは一転、戻り売り圧力として機能する時代に入ったように思います。

■ オージー/円 買える材料はないが・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。水曜日の陰線までは何とかレンジの下限で押し留まっていましたが、木曜日の陰線で一挙に買い方が完全に敗戦処理に走り、週末の金曜日も安い水準で引けていることを考えると、買い方が投げ切ったとはとても思えず、どちらかと言うと押し目買いで入った人が評価損を重ねている展開と言えるのではないでしょうか。
今週は、売り先行スタンスで臨みたいところです。実体線の水準は既に3月下旬のレベルまで落ち込んで切ており、レベル感から押し目買いを誘う以上に買い方の敗戦処理モードが強まるのではないでしょうか。長い下ヒゲが出現すれば下げ止まり感を醸し出す可能性もありますが、実体線が3本の移動平均線をこれだけ下回ってしまった以上、チャートの改善を待つにもかなりの時間が必要だと考えられます。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20210621072823j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。