読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/円 素直に上昇トレンド継続と判断したい。 

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20210517073456j:plain


■  ユーロ/円 素直に上昇トレンド継続と判断したい。 
先週は、水曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。水曜日の陽線の出現に続いて金曜日の陽線の出現でダブルスパーク、戻り高値を次々と撃破して高く引けていますので、誰がどう見ても強いチャートと言わざるを得ないと思います。適度に上ヒゲを伴いながらも、一方でこれだけ上値追いの動きを見せ付けられると、売り方もたまらず買い戻さざるを得ないという形になるのではないでしょうか。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線の居場所は3本の移動平均線の上側、しかも実体線が戻り高値を超えて週末に高いレベルを維持していますので、上昇トレンド継続という判断で間違っていないと思います。また、実体線と長期の移動平均線の乖離幅も3円強ということで全く過熱感を醸し出していません。MACDも順調に上伸を続けていますので、今後も売り方の買い戻しがじわじわ続くと考えるのが妥当だと思います。
今週は、買い先行で臨みたいところです。陰線・陽線のバランスで見ると、陰線の胴体部分が短い一方で陽線の胴体部分の長さがかなり目立つ状況になっていますし、何と言っても、時折出現する上ヒゲを次々と撃破する様子を見せつけられると、さすがに売り方も新規の売りには慎重にならざるを得ないのではないでしょうか。チャート的に弱気になる必要はありませんので、素直に買い先行で臨みたい局面と言えそうです。

 

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 弱くはないが・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅はわずか1円44銭、しかも水曜日に陽線が出現して5月上旬の戻り高値を更新しましたが、とりあえずは一過性の動きという印象は否めず、木曜日・金曜日と小さな陰線を連ねてやや下押しし、越週という形になっています。弱くはないのだけれど、なかなか上値を取りにもいけない、そんな動きなのでしょうか。
今週は、条件付きで買い方向で見てみたい感じがしています。もちろん、その条件というのは先週の高値越えという形ですね。勢いを伴って戻り高値越えにチャレンジするようであれば、すかさず買いで入りたいイメージを持っています。ボラティリティが低いだけに取り組みにくい感じもありますが、逆指値の損切り注文を近めに設定して、果敢に上値追いに賭けてみたい感じでしょうか。

■ ポンド/円 上値追いの可能性が高いか・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅は2円43銭と、そこそこ動きました。また、何と言っても月曜日の陽線が売り方に与えるショックが大きく、その後も週間を通じて高いレベルをキープしています。水曜日の陽線の後、木曜日は陰線で跳ね返されましたが、再度金曜日の陽線で高いレベルで引けており、上値余地の大きなチャート形状と言えそうです。
今週は、買い先行で臨みたいところです。先週月曜日に4月の戻り高値を超えたことで売り方の焦りを呼び込む形となり、先週火曜日以降も大きな下押しを見せなかったことから、売り方の買い戻しが先行するシナリオが想定されるところです。MACDのダイバージェンシーが若干気になりますが、実体線と移動平均線の関係を考えると、それ以上に下落余地が大きいとは言えない状況が続くと思います。

■ オージー/円 下値不安は払拭されたか・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。他の対円の通貨ペアと異なり、週央にかけて週間の下値を試す展開となりました。ただ、金曜日の陽線で85円台を回復しており、チャートの形状として陰転したという判断には遠いと思います。もちろん、戻り高値を元気よく越えてきたわけではありませんので積極的に買える状況にはないとは思いますが。
今週は、売り買いどちらという感じで言うと、もちろん買い先行で臨みたいところです。ただし、先週月曜日の上ヒゲがややチャート上にアクセントとして残っており、ここを一気に攻め落とせるかと言うと、その可能性はあまり高くないような気はしています。ただし、一方で先週金曜日の陽線は売り方に与えるインパクトが小さくなく、いずれにしても売り方の買い戻しが先行する展開が待ち受けているような気がします。

■ ユーロ/ドル 下値不安はそれほど大きくないのでは・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。先々週の金曜日に大きな陽線で戻り高値を超えて引けたことから、先週は上値追いの動きが予想されましたが、月曜日は陰線、火曜日は戻り高値を超えたところから売られて小陽線、水曜日は陰線で下落と買い方の予想を大きく裏切る動きとなりました。ただし、木曜日の小陽線に続いて金曜日の陽線で水曜日の陰線をほぼカバーしており、再度上値を窺う形状となってきています。
今週は、チャートの判断が難しいところですが、売り買いの判断で言えば、やや買い先行で臨みたいところでしょうか。先週金曜日に実体線が高いレベルで引けており、移動平均線との関係で言えば下値不安はそれほど大きくない可能性が高いと思います。ただし、ボリンジャーバンドの幅は一層狭まっており、上は上で容易に跳ね返される可能性がある点は十分に留意しておきたいところですね。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20210517073516j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。