読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 売り買いの形勢は完全に逆転した?

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20210426085541j:plain


■  ユーロ/ドル 売り買いの形勢は完全に逆転した? 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。月曜日から先々週の戻り高値を超え、一気に長期の移動平均線水準を奪還しました。その後火曜日と木曜日に上ヒゲを形成し、ややモチャモチャした動きに発展しましたが、金曜日に陽線が出現、木曜日の高値に続いて火曜日の高値をも撃破、終値ベースで3月上旬のレベルまで戻しての越週となっています。
移動平均線は、長期が下落する一方で短期・中期の上昇が目立ちます。実体線は終値ベースで恒常的に長期の移動平均線水準を超えるようになってきており、短期と長期の移動平均線もゴールデンクロスを形成、中期の移動平均線も懸命に実体線に追いつこうとしていますので、下値不安はどこへやら? という様相になってきています。
今週は、買い先行で臨みたいところです。ここまで戻すと、3月以降のポジションで見る限り、売り持ちのポジションは全て評価損という形になっていますので、買い方有利の展開へ一気に進む可能性も秘めていると言えそうです。MACDも順調にゼロラインを越えてきており、何よりも先週金曜日の陽線が売り方に与えるインパクトが小さくないことを考えると、戻したからと言って新規のポジションで売りを選択するメリットは少ないような気がします。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 ダラダラ値動きが続くのかなぁ・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅はわずか1円34銭、しかも終値ベースで見た場合、先々週の金曜日対比で92銭しか動いていません。緩やかな下落トレンドを描いているとは言え、売りポジションを野放図に引っ張ることなどできる人はそうそういないでしょう。トレードチャンスに乏しい展開がいつまで続くのか分かりませんが、当面はダラダラした展開が続くという予想以外は難しそうです。
今週、と言うよりも、今週も、様子を見るよりないような気がします。先週は、月曜日に3月下旬の安値を割り込むというイベントがありましたが、ここから下は長期の移動平均線との接近以外に大きなイベントはありません。MACDも久しぶりにゼロラインを割り込み、趨勢として下向き推移が明確になりつつありますが、先週金曜日の下ヒゲの形成を見て分かるように、反発機運がやや高まりつつあるような気がします。

■ ユーロ/円 下値不安を一蹴、上値追いの可能性が高いか? 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。何と言ってもチャート上で目立つのは、火曜日の長い上ヒゲと木曜日の短い上ヒゲ、そして金曜日の大陽線ということになります。4月に入って以降、下は下ヒゲで跳ね返され、上は上ヒゲで跳ね返され、このゲジゲジチャートがいつまで続くのか・・・という印象でしたが、先週金曜日の陽線でいよいよ雰囲気も変わってきたのではないでしょうか。
今週は、買い先行で臨みたいところです。先週金曜日の陽線の勢いを見る限り、上向きの勢いが残っていると考えるのが妥当ではないでしょうか。もちろん、実体線の戻り高値越えMACDのダイバージェンシーに直結しますので、チャート的には一難去ってまた一難といった印象を覚えますが、それでも先週木曜日の上ヒゲを一撃でカバーし、さらに先週火曜日の上ヒゲに果敢に挑む姿勢は、評価に値するのではないかと思います。

■ ポンド/円 中期・長期の移動平均線に挟まれて動きにくいか・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅は2円92銭ということで、動いていないわけではないのですが、週初の上伸も火曜日の陰線で打ち消され、週末にかけて下を試すも金曜日の小陽線でわずかに戻され、何とも中途半端な形で週末を迎えています。
今週は、トレード意欲をあえて抑えて様子見姿勢を取るのが正解ではないでしょうか。上は短期・中期の移動平均線が控えており、また、先週金曜日にやや下を試す動きが見られましたので、どちらかと言うと下値不安の方がやや大きいのかなという印象はありますが、先週金曜日も安値から70銭も戻していることを考えると、売り一辺倒という展開も予想し難いところです。大きな足形が出現して、強弱感が視覚に訴える形にならない以上は、見送り姿勢でよいかもしれません。

■ オージー/円 陽線と陰線が繰り返し出現、読みにくい・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。チャート上に残るアクセントとして火曜日の上ヒゲを挙げることができます。この日は、4月の戻り高値を一気に越え、さらに3月中旬の戻り高値に迫ろうかという動きを見せましたので、ここは「買いか?」と思いましたが、何とそこから一気に戻され陰線引け、ただしその後は陽線と陰線が交互に出現し、何とか底割れを防ぎつつ、戻して引けたという形になっています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。上を試すにしても先週火曜日の上ヒゲが重石になることが予想されますし、下を試すにしても 3月の安値と長期の移動平均線が待ち構えている状況です。どちらかと言うと下側のリスクの方が大きいような気がしますので、先週の安値を切ってきたところは売り参戦が正解かもしれませんが、やはり素早く買い戻すくらいのイメージで売り参戦というのが正解のように思います。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20210426085559j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。