読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX個人投資家動向「FED要人タカ派発言・米経済指標上振れでも149円届かず‼ドル円プレーヤーは短期回転?売買交錯‼」2024年2月6日

前日欧州時間から本日アジア時間のマーケット動向と個人資家動向をまとめました。市場参加者の動向を確認し、FX取引をする上での情報としてお役立てください。

FX投資家フローと市況

前日オープンから本日15時までのUSDJPYの値動き(ローソク足)と個人投資家動向です。(画面下のグラフは各時間帯ごとの個人投資家の売買を表しており、青いバーが売数量、赤いバーが買数量です。)

5日、1月米雇用統計やパウエルFRB議長のインタビュー番組を受けて、米国の早期利下げ観測が後退する中、NY時間はカシュカリ米ミネアポリス連銀総裁が「利下げを急ぐ必要がない」との考えを示したほか、米1月ISM非製造業景況指数が市場予想を上回ると、米10年債利回りの上昇とともに、ドル円は中盤に148.891円まで上昇した。ただ、149円を前に上値が重くなり、ドル円は終盤に148.506円まで下落した。

本日アジア時間、米10年債利回りの低下を受けて、ドル円は上値が重い展開となり148.363円まで下落している。

尚、注目されたRBA理事会は政策金利を市場予想通り4.35%に据え置くと発表。先週発表された10-12月期CPIの下振れを受けて、市場ではカナダ中銀やFRBのように声明文から利上げ文言が削除されるとの思惑もあったが、「さらなる金利上昇の可能性を排除することはできない」と利上げに含みを持たせた。結果を受けて、豪ドル円は96.795円まで上昇した。

取引金額

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」の取引を円換算した取引金額です。

市場シェア上位

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」取り扱い通貨30通貨ペアの内、取引量が多かった上位10位です。

ポジション金額

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」ポジションの円換算金額です。(青いバーが売建玉、赤いバーが買建玉です。)

ポジション増減

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」主要通貨ペアのポジション増減(前日比)です。

外為どっとコムの取引サービス「外貨ネクストネオ」での取引データを元に作成しています。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。