読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「米墨で金融政策、GDP、CPIで競う。トランプ氏とシェインバウム氏の宗教的関係に望み」メキシコペソ見通し

f:id:okinawa-support:20190828090023p:plain

 

総括

FX「米墨で金融政策、GDP、CPIで競う。トランプ氏とシェインバウム氏の宗教的関係に望み」メキシコペソ見通し

予想レンジ 8.3-8.8

 (ポイント) 
*22年、23年と最強通貨となった。ペソ円の年足は3年連続陽線
*24年も好スタート ただドルも強く現在3位
*トランプ大統領とメキシコペソの関係は(ユダヤ教で繋がれるか)
*ニアショアリングと郷里送金がペソ高の原動力
*弱点は財政赤字拡大
*24年はペソ安予想もある(対ドル)
*自動車生産・輸出・国内販売、いずれも増加、23年
*1月前半消費者物価は上昇
*1月発表の他の指標はやや弱い
*6月2日が大統領選挙
*2024年1Qに利下げを検討する可能性、ロドリゲス中銀総裁
*中銀ヒース理事、来年2月か3月までに金利を「調整」する可能性示唆
*マヤ鉄道の開業は財政負担となるか
*対ドル1.6台突入はペソ高懸念にも注意
*AMLO大統領は「スーパーペソ」の復活を歓迎
*ペソ高が輸出に悪影響を与えるという懸念なし、財務副大臣
*トランプ大統領が誕生すればメキシコに一波乱あり

(ペソは12通貨中6位、年初は中くらいの強さ)
ペソは12通貨中6位に後退した。対円では年初来3.37%高だが対ドルで1.28%安。1ドル16ペソ台は維持できず17ペソ台へ戻している(ドル高ペソ安)。長期金利(10年国債)は9.59%、米国債とほぼパラレルに動いている。株価指数(ボルサ)は2.14%と安い。

(米墨金融政策、消費者物価、GDPの比較)
 金融政策では昨年末にFOMC、メキシコ中銀も利下げを示唆したが、両国とも直近の消費者物価は上昇。FOMCは利下げ観測が後退している。ただ昨日の米4Q・GDPのコアPCEが2%で落ち着いてきた。
 政策金利決定はFOMCが1月31日で据え置き予想、メキシコ中銀は2月8日に発表される。米墨どちらが先に金融緩和政策に転じるかが注目される2024年だが、米国の利下げ予想時期が3月から4-6月へ後退していたことが、対ドルでのペソ安の一因だ。

 4QGDPは米国が。メキシコは1月30日発表(予想は前年比2.7%増)

(1月前半消費者物価は上昇)
 1月前半の消費者物価は前年比4.9%上昇(前回は4.46%)、コアは4.78%(前回は5.19%)。トマト、外食、玉ねぎ、タバコ、アレルギー治療薬、住宅などが最も値上がりした一方、航空運賃や観光費は下落した。

(最近のその他の経済指標。失業率改善、本日は貿易収支)
 12月失業率は2.6%で11月の2.7%から改善した。本日は12月貿易収支の発表。
 11月小売売上高は前年比2.7%増、10月は3.4%増
 11月経済活動指数は前年比2.3%増、前月は4.2%増

(AMLO大統領、国境を閉じることは出来ない)
 アイオワ州党員集会でのトランプ氏の勝利後、メキシコのロペス・オブラドール大統領は、候補者の反移民的な発言がより多くの票を獲得しようとしていると断言した。
「これは米国の選挙運動の一環であり、選挙運動では票を獲得しようと多くのことが表現されているが、メキシコと米国の国境を閉じることはできない」と述べた。国境を開いたままにすることは「経済的、社会的統合の基礎であり、善隣関係は不可欠である」と大統領は付け加えた。ロペスオブラドール大統領は、1日でも国境を閉鎖すれば米国とメキシコの企業に多大な損失が生じると断言した。
メキシコ経由で米国への移住を目指す不法滞在者の増加により、両政府間に緊張が生じている。

(カナダも恐れるトランプ氏)
 カナダのトルドー首相は、今年11月の米大統領選挙で共和党の最有力候補であるトランプ前大統領が勝利すれば、カナダにとり「一定の予測不可能性」を意味するという認識を示した。
米国はカナダにとり最大の輸出相手国で、カナダのモノ・サービス輸出の75%は米国向けだ。そのため、米国の保護主義へのシフトによる影響は大きい。
また、トランプ氏は大統領在任中の2018年、トルドー首相について弱腰で不誠実とコメントしており、両氏の関係は良好なものではなかった。
今月カナダで実施された調査によると、回答者の約3分の2が、米国でトランプ氏が再選し今後4年間政権を握ることになれば、米国の民主主義は生き残れないという見方を示した。

テクニカル分析

やまなり、5日線下向く

 日足、山なり状態で伸び悩む。雲の上は維持、ボリバン中位に近づく。1月2日-25日の上昇ラインがサポート。1月23日-25日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向く、20日線上向き。
 週足、ボリバン中位を割り込んでいたが上位に浮上。1月8日週-15日週の上昇ラインがサポート。11月20日週-27日週の下降ラインが上値抵抗。5週線、20週線上向き。
 月足、23年7月から山なり状態が続く。10月-12月の上昇ラインがサポート。8月-11月の下降ラインが上値抵抗。
 年足、23年で3年連続陽線。14年-22年の下降ラインを上抜く。22年-23年の上昇ラインがサポート。

VAMOS MEXICO

もしトランプ大統領誕生の時、宗教上でメキシコとの関係

トランプ氏は、2017年からの大統領時代に、東エルサレムにあるユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を、現職の合衆国大統領として初めて訪問している。トランプ家の宗教は、イギリス起源のプロテスタントである、ピューリタン(長老派)である。ただ長女のイヴァンカ氏はユダヤ教徒クシュナー氏と結婚して、ユダヤ教に改宗した。ユダヤ教では、母親がユダヤ人(ユダヤ教徒)でないと、子どもがユダヤ人として扱われない決まりになっていることから、結婚を契機に、キリスト教からユダヤ教に改宗する有力者の子女が少なくない。

 メキシコの有力大統領候補でノーベル平和賞歴のあるシェインバウム氏はユダヤ人だ。
バイデン大統領再選ならば、米墨関係はこれまでのものが維持され大きな問題にはならないが、トランプ大統領誕生では前回の経緯もあるので関係悪化が危惧される。上述したように、AMLO大統領の言うように関係を断ち切る事の出来ない米墨の経済関係だが、ユダヤ教という宗教も関係改善に一役買うのではないかと思っている(もちろん世界では同じ宗教でも争っている国もあるが)。

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。