読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 買い方の苦しい立場をチャートが表す・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 買い方の苦しい立場をチャートが表す・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週末に実体線が下落して越週したことで引き続き下向き方向のベクトルが加わりやすい状況の中、やはり下値追いの動きとなりました。週初こそ戻りを見せたものの上を買い進む向きはなく、水曜日には月曜の安値を更新、木曜日も同様の動きとなりました。金曜日は陽線で戻しての越週となりましたが、全体的なイメージとして上昇トレンドは完全に終焉を迎えたと言ってよいと思います。
移動平均線は、3本とも下落しました。実体線は長期の移動平均線を割り込んでいて、その長期の移動平均線自体も実に久しぶりに下向き推移に舵取りを変えてきています。また、MACDはMACD線が明確にゼロライン割れを実現、シグナル線もいよいよゼロラインを割り込む寸前となっています。チャート的に買いを示すものが少しずつ減ってきています。
今週は、というより今週も、売り先行スタンスで臨みたいところです。短期・中期の移動平均線が下向き推移を続けている以上、時間の経過は買い方にとって厳しい要素となることが予想されますし、実体線が大きな 戻りを見せない限りにおいて短期・長期の移動平均線のデッドクロスも実現の可能性が高いと思います。3月上旬の取引価格帯が下支えとなる可能性は否定できませんが、かと言って値ごろ感からの押し目買いはワークしにくいと考えるのが妥当ではないでしょうか。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 売りでインする理由が見当たらない・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週初から陽線が連続して出現し木曜日には5月上旬の戻り高値と3月の戻り高値を容易に更新、売り方を完全に粉砕してしまいました。金曜日こそを陰線で下押ししていますが、それでも金曜日の安値は木曜日の安値を下回ることなく、しかも下ヒゲを伴って戻していますので、やはり下がれば売り方の買い戻しが入りやすい地合いが継続しているという判断でよいのではないでしょうか。
今週は、買い先行スタンスで臨まざるを得ないように思います。ボリンジャーバンドの幅が少し広がったくらいしかチャート的に売りを示すものはほとんどなく、実体線と長期の移動平均線の乖離も4円に満たない状況と過熱感は全くありません。長期のチャートで見ても2022年12月以来の水準ということで、相場の流れに沿った形でチャートを見ると円安傾向への動きが継続すると考えるのが妥当ではないでしょうか。

■ ユーロ/円 上値は重そうに見えるが・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の終わりの時点でドル円対比でより売り込まれていたユーロ円ということもあり、先週の戻りもドル円 対比で見るとやや限定的なものに留まりました。ただ、金曜日こそ陰線で引けたものの、それ以外の曜日はいずれも陽線が出現、最終的に149円台まで戻しての越週ということで、買い方はほっと一息といったところではないでしょうか。
今週は、売り買いどちら? という観点で言えば売りを選択する余地はありません。ただ、チャート的にはどうしてもドル円に遅れる傾向が強いと思いますので、よほど大きな変化がない限り、対円で買う選択対象としてはユーロ円よりもドル円に対する選好が強まる可能性が高いと思います。買い方には5月上旬の戻り高値が重くのしかかり、戻れば戻るほど上値の重さが意識される展開が待ち受けているような気がします。

■ ポンド/円 一気に上方の視界が晴れた・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。月曜日・水曜日と大きめの陽線が出現し、一気に5月上旬の戻り高値を射程圏内に入れる動きとなりました。金曜日こそ陰線で小安く終了していますが、それでも終値ベースで高い位置をキープした上での越週、しかも終値ベースで見た場合に昨年10月の戻り高値を越えていますので、買い方に希望を与えるチャート形成と見てよさそうです。
今週は、買い先行スタンスで臨みたいところです。中期・長期の移動平均線の上昇 ピッチが早い点は少し気にはなりますが、実体線と長期の移動平均線の乖離もボンド円にしてはそれほど大きなものではありませんし、何より先週月曜日・水曜日の陽線が2段ロケットのような形で相場水準を押し上げている状況を考えると、売り方の買い戻しが先行する展開を予想するのが妥当のように思います。

■ オージー/円 下値を切り上げつつある・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の引け味はやや微妙なものでしたが、月曜日・水曜日の陽線の出現で相場水準を引き上げ、週末にかけても高い位置をキープしたことで、ひとまず上方への視界が開けた形となっています。このところ88円から92円のレンジ相場を形成していて売り買いともに決め手に欠ける展開が続いていますが、再び上方へのブレイクのチャンスが訪れたと考えてよいと思います。
今週は、買い先行スタンスで臨みたいところです。5月1日に実体線が長期の移動平均線を上方にブレイクして以来、実体線が長期の移動平均線の下側にいる時間帯は極めて短いものとなっています。3月下旬の安値以降のチャートを見た場合も、上値・下値の切り上げ状況が鮮明なものとなっていますし、5月2日の長い上ヒゲを少しずつ攻めることができるようであれば、いっそうの上伸に期待がかかると思います。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。