読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル/円 上昇トレンドへ入るか・・・ 

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ドル/円 上昇トレンドへ入るか・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じた 上下の値幅は 2円強ということでそれほど大きなものではありませんが、月曜日の陽線と金曜日の陽線が非常に目立つ形状となっています。特に、週央に下押ししたものの金曜日の陽線で月曜日の陽線を一気に上抜けして高く引けた点は買い方に勇気を与える形状と言えるのではないでしょうか。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線の居場所は概ね3本の移動平均線の上側を推移していて、どちらかというと買い方が有利の地合いといえるような気がします。MACDもわずかながら上 向き基調を維持していて、もう少しでゼロライン越えを果たしそうな状況となっていますね。狭いレンジ取引ながら若干ですが買い方に流れが傾き始めたと言ってよいのではないでしょうか。
今週は、気持ち買い先行スタンスで臨みたい 感じがしています。やはり、先週金曜日の陽線の与えるインパクトは小さくなく、売り方の買い戻しを誘発する可能性が高いと考えてよいのではないでしょうか。ただ、全体的なボラティリティの欠如は否定しがたく、「元の木阿弥」になる可能性は十分に想定しておいた方がよいかもしれませんね。懐疑的に買いスタンスというのもどうかと思いますが、現状はそういう雰囲気が見て取れます。


その他 通貨ペア分析


■ ユーロ/円 強い・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線で 先々週の戻り高値を 終値ベースで越え、火曜日以降も連続陽線の出現で一気に売り方の買い戻しを惹起させる展開となりました。週を終えてみれば終値ベースで昨年10月以来の水準ということで、完全に売り方が買い戻しを余儀なくさせられている様子がチャートからも見て取れます。
今週は、買い先行スタンスを貫くより選択がないような気がします。先々週の後半以降、陽線の出現が続いていて完全に売り方は買い戻しモード入りしていることが チャート上もはっきりしていますし、売り方を支持するのはMACDのダイバージェンシーだけという状況ですが、これも早くも解消されつつありますので、結局のところ下がれば売り方の買い戻し、上がっても売り方の買い戻しが持ち込まれる展開と考えてよいのではないでしょうか。

■ ポンド/円 大きな下落はないような気が・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線で 先々週の高値を終値ベースで更新、4月4日の上ヒゲ の攻略に取り掛かりました。火曜日以降も実体線が高いレベルを維持した結果、断続的に売り方の買い戻しが入る形を維持したままの越週となっています。週央以降は上ヒゲ・下ヒゲともに目立ち、強弱感が対立している様子がチャート上も見え隠れしていますね。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。もちろん、先週木曜日の高値を終値ベースで超えてくるような局面があるのであれば、そこはすかさず買いスタンスで臨みたいところですが、ボリンジャーバンドが広がる一方で先週後半のように実体線の上伸を伴わないという局面が続くようであれば、いったん買い方が戻り売り姿勢に転じる可能性が高まる かもしれません。野放図に買い先行スタンスを取れるような局面ではないような気がします。

■ オージー/円 底割れ懸念は払拭された・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週初から陽線が出現、木曜日にかけて4連続陽線の出現で一気に先々週の高値を追う動きとなりました。こういった展開を予想していた人は多くないと思うのですが、ひとまず底割れ懸念を払拭したと考えてよいのではないでしょうか。ただ、週末はやや上値の重さを晒しての越週となっています。
今週は、難しいところですが、リスクを取るなら買い先行スタンスとしたいところですね。やはり、先週の上伸は意外感を伴うものであるだけに、売り方の買い戻しを扇動する可能性が高いと考えるべきではないでしょうか。もちろん、3月上旬以降の下落局面で形成した取引価格帯が控えていますので一気に92円台を超えて上伸する可能性は高いようには思えませんが、ひとまず大きな下落リスクは峠を越えたと考えるべき局面のように思います。

■ ユーロ/ドル 難しい・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。火曜日の陽線で月曜日の陰線を埋め、水曜日・木曜日の陽線で先々週の高値を一気に越えてきました。金曜日も上伸する局面がありましたが結局は陰線で安く引け、一本調子の上昇トレンド入りの可能性は消失しています。ただ、だからと言って上昇トレンドの終焉には遠く、依然として上昇の可能性を残しての越週となっています。
今週は、少し難しいところではありますが、大きな下落を演じないようであれば再度買いでインしてみたい感じがしています。3本の移動平均線がいずれも上昇傾向を描いていますし、実体線も先週金曜日の陰線1本ではチャートが陰転したという判断には遠く、実体線が値持ちするようであれば再び上昇トレンドに回帰する可能性が高いのではないかと考えられるからです。チャート的には売りを選択するほどの悪化を示しているわけでもないという点も大きな考慮の要素となるのではないでしょうか。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。