読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 緩やかな上昇トレンド・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 緩やかな上昇トレンド・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線で先々週の高値に迫り、火曜日の陽線で戻り高値を明確に越えたことから、これは上昇トレンドに乗ったのでは・・・と思ったのですが、水曜日以降は失速、やや中途半端な形での越週となっています。上昇トレンドが崩れたわけではないのですが、とりあえずいったん小休止という表現が妥当かもしれませんね。
移動平均線は、3本とも上昇しました。中期・長期の移動平均線がゴールデンクロスを実現した影響がチャート的には大きく、買い方有利の地合いを明確に物語っています。実体線は短期の移動平均線を境に上下動を繰り返していて、これだけを見ると上下のリスクについてはどうこう言えないと思うのですが、総じて堅調という判断でよいのではないでしょうか。
今週は、やや買い先行スタンスで見てみたい感じがしています。先週後半にやや失速したとは言え、チャートが陰転したわけでもありませんし、MACDもゼロラインの上側で上昇基調を維持しています。大きな下落がないようであればジリジリと先週の高値にトライするような展開が見込まれるのではないかという想定でリスクテイクをすべき局面のような気がします。ボラティリティの低い状況が続く中、少しずつ先週の高値にトライするような展開を予想します。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 強弱感が見られない・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。週初こそ高い場面がありましたが3連続陰線で週間の安値を付け、一方、週央から後半にかけては陽線で戻すという展開、結局132円台の前半での越週となっていて大きな方向性を出すことなく週間の取引を終えています。どうも132円台の前半が居心地がよいのかもしれませんね・・・
今週は・・・少し難しい印象が強いですね。ボリンジャーバンドの幅も一気に縮まり、実体線と3本の移動平均線が収束に向かおうとしている様子がチャートからも見て取れます。方向感という点で言うと、上下どちらに傾いている状況とは言い難いのではないでしょうか。逆に言うと、先週の高値・安値をブレイクするようであれば、新規のトレンド発生のヒントと考えてよいのかもしれません。先入観なく様子を見てみたい感じがします。

■ ユーロ/円 実体線は高い位置をキープしているが・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。先々週に大きく 吹き上げた流れを受け継ぎ、週初は高い位置での取引が続きました。特に火曜日は上値追いの動きを見せましたが、長い上ヒゲで跳ね返されて水曜日の陰線に続き、しかし、木曜日以降は陽線で跳ね返すという右往左往の展開となっています。上も重いが下も堅いという表現が妥当なのでしょうか・・・
今週は、やや買い先行スタンスで見てみたい感じがしています。先週後半に連続陽線で戻した状況を考えると、先週の安値を割り込んでどんどん売り込むような展開はあまり想定しにくいような気がするのです。ただ、先週の火曜日の長い上ヒゲは相当な抵抗力を保っていて、一気にここを抜けるようなエネルギーも持ち合わせてはいないと思います。ジリ高推移が続くようなら、上昇トレンドへの足掛かりが得られるかもしれませんね。

■ ポンド/円 下値切り上げが続くようなら・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。先週は何と言っても火曜日の 長い上ヒゲが目につきます。先々週の流れを受け継ぎ、高い位置から取引が開始されましたが火曜日に2月28日の高値を一気に上抜けし、「これは買いか?!」と思わせたところから下落、水曜日の 陰線以降は陽線で何とか値を保ったものの上昇トレンドへの期待はいったんお預けとなっています。
今週は、若干ですが買い先行スタンスで見てみたい感じがしています。先週火曜日の長い上ヒゲが気にならないと言うとウソになりますが、やはり実体線の居場所が中期・長期の移動平均線の上側を安定的に維持している点は買い方にとって大きなプラス材料だと考えてよいと思うのです。先週後半以降、下値を切り上げてきている点も買い方を支持する要因になり得ると思います。過度に弱気になる必要はないような気がします。

■ オージー/円 上値が重いとしか言いようが・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の陽線の出現で多くの人は「売りはない」と感じたと思うのです。火曜日も月曜日の高値を越え・・・たところから売られるという、よもやの展開。週末にかけても戻りは鈍く、週初に大きな禍根を残す展開になってしまいました。上値の重さばかりが目立つ展開と言ってしまうと話は簡単ですが、買い方に厳しいチャート形成と言って間違いがないと思います。
今週は、リスクを取るとすれば売り先行という形を取らざるを得ないような気がします。対円の通貨ペアで円高方向へ動くとすれば、オージー円が先導役を果たすのではないでしょうか。先週の火曜日の陽線と水曜日以降の動きを総合的に考えてみると、この値動きで買いを選択する余地はないと思います。戻りは着実に頭を抑えられ、下値追いのリスクがやや高いという判断をする必要があるような気がします。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。