読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 緩やかな上昇トレンド入りと読むが・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 緩やかな上昇トレンド入りと読むが・・・
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週初から堅調な展開が続き、木曜日には終値ベースで先々週の戻り高値を越えてきました。金曜日は陰線で木曜日のゲインを失う形になっていますが、それでも緩やかな上昇トレンド入りの可能性は残っていて、当面は下落に対する耐性が試される展開入りしていると考えてよいのではないでしょうか。
移動平均線は、3本とも上昇しました。中期・長期の移動平均線がいよいよゴールデンクロスを実現、上昇トレンド入りを示唆する形状となっています。実体線は先週金曜日の陰線でわずかに短期の移動平均線を下回っての越週となっていますが、チャートが陰転したわけではなく、売り方の買い戻しが入れば再び上伸基調へ戻ることが期待されます。
今週は、少し難しいところではあるのですが、買い先行スタンスで臨みたい感じがしています。だらだらと下落するようであれば買いスタンスを取ることは誤りということになるわけですが、3本の移動平均線が上向き基調を見せている状況の中、先週の取引価格帯が下支えとなることも予想され、ここで反転→下落基調入りの可能性はあまり高くないような気がしています。下値を確認後に反発するようであれば、買いでインするチャンスと考えてよいかもしれません。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 収束感の強まる展開か・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。水曜日の陽線が少し目立ちますが、この動きも実体線が下側から長期の移動平均線水準へ「戻す」動きということで、決して買われているという印象を与えるものでもありません。週間を通じた上下の値幅は3円を超えていますが、水曜日の胴体部分でほぼ2円を占めていますので、実はあまり大きく動いたわけでもないという感じでした。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。先週水曜日の陽線が売り方に与えるインパクトは小さくはなく、下側のリスクはそれほど大きくはないと思います。ただ、先週金曜日のように少し買われると上ヒゲを伴って頭を押さえられてしまう状況を鑑みると、上側も意気揚々と買い進むわけにも行かず、上値の重さを意識しながらじり高シナリオを描くという前提で臨むべきかもしれません。

■ ユーロ/円 下落リスクは小さいと考えてよいのかな・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週までに何度も下値を試しながら底割れを免れた影響がモロに出たのでしょうか、先週は売り方の強烈な買い戻しが相次ぐ展開となりました。週間の上下の値幅は5円を超え、特に先週金曜日は一時、2月下旬の戻り高値を更新するところまで買われています。
今週は、売り買いどちらという観点で言えば買い先行スタンスで臨みたいところです。ただし、先週金曜日のように上値追いの局面では着実に頭を抑えられ、高いところを買った人が投げる展開が待ち受けていると心得た方がよいでしょう。かと言ってチャートが売りを示しているわけではなく、大きな下落に発展する可能性は低いと思います。上手く底入れ後の戻りを拾うようなイメージで臨みたいところですね。

■ ポンド/円 下値不安はあまり大きくないような気が・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。チャートの形状は概ねユーロ円と同様で、先々週までに何度も下値不安を抱きながらも底割れ懸念を払拭した鬱憤を晴らすような反発地合いとなっています。ただし、先週金曜日は 長い上ヒゲを伴って上値を抑えられる形となっていて、意気揚々と上値を買い進むわけにもいかない様子がチャートからも見て取れます。
今週は、売り買いどちらという観点で言うと、やはり買い先行スタンスで臨みたい感じがしています。先週を通じて一気に取引価格帯が上方へ移動したことを考えると、ポジション的には売り買いの勢力図が逆転していると考えるのが合理的ではないでしょうか。 上値の重さが意識されつつも、じわじわと終値ベースで上値追いの動きを見せるような展開を想定しておくとよいかもしれませんね。

■ オージー/円 底割れ懸念は払拭されたが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週までの下落地合から一転、一気に反発地合いに入ってきました。一週間を通じた上下の値幅は3円ということで先々週の下落を完全に取り戻した形となります。ここまでの反発があったからと言って上昇トレンド入りを果たしたわけではないのですが、それでも底割れ懸念を払拭したという点で言えば、先週の反発は十分に評価可能だと思います。
今週は、大きく戻らないという前提で言えば、売りスタンスを取る選択もありかもしれませんね。ただし、先週を通じて87円割れから89円台の後半まで戻したという事実を忘れてはいけません。下落局面では売り方の買い戻しが着実に入ることを考えると、一気に下値追いの動きを実現する可能性はかなり低くなったと考えるべきではないでしょうか。買いを選択する余地はまだありませんが、売りも慎重に・・・といったところかもしれません。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。