読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 緩やかな上昇トレンド継続・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 緩やかな上昇トレンド継続・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の金曜日に陽線が出現して比較的高めに引けたことで堅調な推移が予想された一週間でしたが、週初から陽線の出現で12月の戻り高値を更新してきました。その影響もあったのでしょうか、火曜日以降は売り方の買い戻しが先行する展開となり、木曜日の陽線で一気に上値追いの動き、金曜日は落ち着いた動きでしたが高い位置を保っての越週となっています。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線は3本の移動平均線の上側での推移を継続していますし、短期・中期の移動平均線がゴールデンクロスを見せていることと相まって、緩やかな上昇トレンド入りという判断でよいと思います。下向き推移を続けてきたMACDも再びゴールデンクロスを形成、上向き推移の流れへと変わりつつあります。
今週、買い先行スタンスで臨みたいところです。チャート的に売りを示唆するものは見当たらず、MACDのダイバージェンシーも実体線が戻り高値を越える時に出現する典型的なものですので、気にすることはないでしょう。ボリンジャーバンドの幅が極端に狭い状況が続いていますので、一気に上値追いというわけにはいかないと思いますが、下がったところはすかさず売り方の買い戻しで反発する地合いが続くと思います。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 直近の安値を割ってきた・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週は結局、実体線が終値ベースで中期の移動平均線水準を超えることができず、軟調な動きが予想されましたが、週初はそこそこしっかりした動きが続きました。しかし、木曜日の陰線で一気に直近の安値を更新、金曜日も連続陰線の出現で下値追いの動きという形、買い方は粉砕、一気に投げモードに転換してしまいました。
今週は、売り先行スタンスで臨まざるを得ないところでしょう。チャート的に買いを示すものは何もなく、買い方の投げが断続的に持ち込まれると考えた方がよいと思います。ただ、実体線と長期の移動平均線の乖離は12円を越えていて、経験的にはかなり大きな乖離となっている点には要注意、大きな反発が見られてもおかしくない状況と考えられます。売りポジションがあれば買い戻しは可としても、新規の買いは報われない可能性が高いと思います。

■ ユーロ/円 買い方のポジションは崩壊・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週初は堅調な動きを続けましたが木曜日の陰線で雰囲気が一変、金曜日も比較的大きな陰線で続落と、一気に先々週の安値に迫る動きとなりました。ドル円と対比するとしっかり度合いが強かっただけに、先週木曜日以降の連続陰線の出現は買い方にとってややショッキングな形状と言えるのではないでしょうか。
今週は、売り先行スタンスで臨まざるを得ないと思います。先週木曜日以降の陰線の連続出現を見るにつけ、買い方の逃げ遅れ組が大勢残っていることが予想されるため、時間の経過とともに買い方の投げが持ち込まれ、下値追いの可能性が高いと考えるのが妥当ではないでしょうか。ボリンジャーバンドの幅がやや狭まってきていますので、仮にボラティリティが低下するとすれば買い方にとっては逃げ場を提供してくれるという意味で好都合かもしれませんが・・・

■ ポンド/円 売りでインするよりないか・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。他の対円の通貨ペアと同様に週初は堅調な動きを見せましたが、木曜日以降の陰線で大きく下落、買い方の上伸への望みを切り裂く動きとなっています。やはり、チャート的には12月20日の陰線の威力があまりにも大きくて、買い方は「戻れば売りたい」という一心で戻り待ちのスタンスを貫いてきたのではないでしょうか。
今週は、他の対円の通貨ペアと同様、売り先行スタンスで臨みたいところです。MACDも先週の木曜日以降はMACD線が早くも下向き推移に舵取りを変えてきていて、デッドクロス寸前という状況です。また、実体線も1月4日の陰線の胴体部分を完全に包んでしまい、買い方を支えるチャート指標は見当たりません。買い戻しはともかくとして、新規の買いは報われない可能性が高いと考えたほうがよいと思います。

■ オージー/円 対円の中では頑張っているが・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。他の対円の通貨ペアと同様に週初は堅調な動きを見せましたが、木曜日・金曜日の連続陰線で雰囲気が一変、一気に下値追いの可能性を強く示唆するチャート形成となっています。ただ、実体線は1月4日の胴体部分を包んだわけではなく、そういった意味では対円の通貨ペアの中では(比較論ですが)「一番しっかりしている」という評価が妥当だと思います。
今週は、やはり売り先行スタンスで臨みたいところですが、他の対円の通貨ペアと比較すると「踏ん張っている」印象を受けますので、売る対象としてはオージー円以外の対円の通貨ペアを選択すべきだと思います。先週の高値を取りに来るような局面があるとすれば、逆に対円の通貨ペアの中ではオージー円が急先鋒になると思いますが、そういう可能性はかなり低いと考えざるを得ません。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。