読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

オージー/円 買い方はハシゴを外されたかも・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  オージー/円 買い方はハシゴを外されたかも・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週、3本の移動平均線が下向き推移を続ける中にあって実体線が果敢に上伸を続け、下落リスクの払拭に成功したかのように見えましたが、先週木曜日以降の2本の陰線で一気に下値追いの動きへ発展、上値の重さをまざまざと見せ付けられたような形になりました。やはり、メジャードムーブを見極めることの重要性を改めて気付かされたという感じでしょうか。
移動平均線は、短期が上昇する一方で中期・長期が下落を続けています。実体線は中期の移動平均線を安定的に超えることができず、先週木曜日以降の急落を迎えています。MACDもゴールデンクロスの後の上伸が続かず、再びデッドクロスの可能性が高まってきていて、買い方からすると大きな不安を抱える週末と言ってよいのではないでしょうか。
今週は、売り先行スタンスで臨みたいところです。先週後半の実体線の下落で短期の移動平均線が再び下向き推移に舵取りを変えてきていて、3本の移動平均線がいずれも下向きの動き、しかも実体線が3本の移動平均線の下側に位置しているということを考えると、買いスタンスを取る理由はチャートからは見当たりません。買い方の投げが持ち込まれると、意外に下押し圧力が高まるかもしれませんね。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 上下のヒントに乏しい印象・・・ 
先週は、水曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。先々週の週末は微妙な動きとなりましたが、週初の陽線で上へ行くのかと思えば火曜日の陰線で下へ、木曜日の陽線で上へ行くのかと思えば金曜日の陰線で下へということで、結局先々週の終値から大きく動かずに一週間の取引を終える形となりました。何とも方向感の見られない動きが続いているという評価になりそうです。
今週は、何とも微妙な感じがしていますが、やはり戻れば見送りスタンスが賢明ではないでしょうか。下落傾向を強める中期・長期の移動平均線に抗うような形でぐんぐんと実体線が上伸するシナリオは描きにくいような気がします。一方、下側のリスクについては、先週木曜日の胴体部分を実体線が下回ってくるようであれば、売りスタンスでインできる可能性が高まると考えています。

■ ユーロ/円 上は押さえられたが、下も堅いかも・・・ 
先週は、水曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線で上向きの動きを見せ、火曜日の陰線で半分程度打ち消されましたが水曜日の陽線で再度上伸期待が高まり、木曜日の陽線で一気に週間の高値を取ってきました。しかし、金曜日の陰線で木曜日の陽線のゲインをほとんど失う形の下落となっていて、週間を通じた動きという観点で言えば、高く引けた点は評価できるものの上側に大きなシコリを残したという評価が妥当ではないでしょうか。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。全体的なチャートの印象では、買い先行スタンスでよいと思うのですが、やはり何と言っても先週後半の「天井感」が買い方にとって大きな重石になることが明白です。これを跳ね返すようことができるようであれば、すかさず買いスタンスを取りたいところですが、そういう展開を描くことができる可能性はあまり高くないような気がします。

■ ポンド/円 下向きの圧力を受けやすい形状・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週の堅調な動きに加え、週初の陽線で上値を試すのかと思いきや、火曜日の陰線で買い方は冷水を浴びせられ、週央は値を保っていましたが、金曜日の陰線で週間の安値を更新、一気に下値追いの動きとなりました。上値追いの動きが予想される中での下押しということで、買い方はまるでハシゴを外されたかのような感じの越週となっています。
今週は、やや売り先行スタンスで臨みたいところです。やはり、先週後半の値動きを見るにつけ、買い方のポジションは悪化していると考えるのが妥当だと思いますし、戻れば戻り売りが持ち込まれる可能性が高いのではないでしょうか。一方、下側のリスクについては、実体線が長期の移動平均線を下回ってくると買い方の投げが持ち込まれる可能性が高いような気がします。安易に押し目買いスタンスを取るのは報われないと考えた方がよいでしょう。

■ ユーロ/ドル 買いは買いなのだが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。火曜日の陽線で先々週の高値を越え、一気に売り方の買い戻しが持ち込まれる展開となりました。木曜日以降はさすがに買い戻し圧力も減退、陰線の出現が2本続きましたが、実体線は先週火曜日の陽線の胴体部分を埋めきることなく高い位置をキープしながらの越週となっています。下がりそうで下がらない展開が続いていると言えそうですね。
今週は、難しいところですが、買われるようであれば買い先行スタンスをとりたい感じがします。具体的には、先週金曜日の上ヒゲを完全にカバーするような動きがみられるようであれば買いでインできるのではないでしょうか。下がったところを買うのは、下落基調に転じた際に投げさせられる可能性が高く、あまりお勧めできません。ボリンジャーバンドの幅も広がりを感じさせませんので、ジリジリした動きが続くような気がします。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。