読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 大きな下落リスクは小さいのでは・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 大きな下落リスクは小さいのでは・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。先々週の流れを引き継ぎ、月曜日は陰線で始まりましたが、火曜日以降は陽線の連続出現でⅤ字型に切り返し、堅調な推移を見せています。週末の金曜日は陰線の出現となりましたが、高いレベルでの終値形成となっていて、大きく下押し圧力を感じさせるような状況からは遠いと思います。
移動平均線は、中期の上昇が目立っています。実体線は、先週水曜日以降、3本の移動平均線の上側に浮き上がり、3本の移動平均線がいずれも上昇傾向を見せていることから、趨勢としては上値追いの可能性が高いと考えるのが妥当だと思います。MACDもゼロラインのかなり上側をキープしていて、こちらも大きく売られる可能性は低いと考えてよいと思います。
今週は、やや買い先行スタンスで臨みたい感じがしています。実体線の位置や移動平均線との関係を考えると、大きく売り込まれるリスクは小さいと思いますし、何より先週後半に取引価格帯を上方へ引き上げる動きを見せている点が買い方の意向を支える材料になるような気がします。買い方が唯一気になるのが15日に出現した長い上ヒゲですが、これも時間の経過とともに古い話になっていくと思います。高いレベルにあるからと言って、過度に弱気になる必要はないのではないでしょうか。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 戻れないのなら売られるのでは・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週初に上値追いの動きを見せ、少し盛り返しましたが、やはりアンバランスな上昇傾向を強める長期の移動平均線水準を超えることはできず、火曜日以降は陰線が続いて下落、木曜日には終値ベースで直近の安値を更新しました。金曜日は陽線で少し戻しましたが、やはり下落リスクが小さいとは思えない形状、戻りは重いのではと考えるべき局面と言えそうです。
今週は、売り先行スタンスをとりたい感じがしています。先週金曜日に陽線が出現して、少し戻る気配を見せていますが、やはり上値の重い展開が続くと考えた方がよいでしょう。ただ、戻りを単純に売り上がると持ち上げられるリスクが高いと思いますので、戻り切った後の下落を追いかけて売りスタンスとしたいところですね。大きな戻りを期待するのは、チャート的には楽観的すぎるような気がしています。

■ ユーロ/円 微妙だが、上値の重い展開か・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。全体的に大きな流れに発展しているわけではなく、11月10日の大陰線の胴体部分の範囲内での動きが続いています。水曜日の上ヒゲ、木曜日の下ヒゲが象徴しているように、恐らく145円台の後半は買いにくい、144円台の前半は売りにくいというコンセンサスができ上がっているのではないでしょうか。上値の重さは目立ちますが、一方でどんどこ下を叩くような雰囲気でもなさそうです。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。ただ、先週木曜日の上ヒゲの形成状況を見る限りでは、上値の重さがかなり目立つ状況になっています。そういったことを考えると、参戦するのであれば売りからということになりそうです。チャート的には、先週の安値を下回ってくるようであれば少し買い方の投げが出るような雰囲気はありますので、短期勝負で売りから入ってみるのはストラテジーとしてアリかもしれませんね。

■ ポンド/円 意外にしっかりしているが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。下値不安のやや大きいドル円、上値の重さが目立つユーロ円と異なり、ポンド円は非常にしっかりした展開となっています。先々週の取引価格帯からふわりと上側に浮き上がり、まるで下値不安を感じさせない動きが続いていますね。また、週間を通じた上下の値幅も3円を下回ってきていて、少し落ち着きを取り戻しつつある状況がチャートからも窺えます。
今週は、やや買い先行スタンスで臨みたい感じがしています。他の対円の通貨ペアのチャートを見ると買いで入るのは躊躇するところではありますが、チャートに素直にという原則で言えば、今のポンド円のチャートで売りを選択する積極的な理由は見当たりません。ボリンジャーバンドの幅がかなり狭くなってきていて、大きな値幅は期待できないかもしれませんが、先週の高値を超えてくるようであれば売り方の買い戻しが上値追いを牽引、170円への動きも期待できるかもしれません。

■ オージー/円 上下動の鼓動を感じない・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅はわずかに1円を超えるレベルまで小動きが浸透してきていて、トレードチャンスという観点で言うと、ほとんど無視してもよい値動きが続いていると考えてよいでしょう。先週1週間を通じて、終値が全て93円台の後半に集中している点を考えても、完全に売り買いのバランスが取れていて、まさに材料難、きっかけ待ちという状況が続いていると思います。
今週は、様子を見るよりないような気がします。先週の値動きを見ている限りでは、下は下で堅そうですが、一方で実体線と移動平均線の関係を考えると、意気揚々と買い進むようなシナリオを想定するのも大きな無理があるような気がします。とにかくボラティリティが低く、MACDもゼロライン近辺をうろうろしているだけですので、方向感が見えるまでは積極的なリスクテイクに適さない相場付きが続くような気がします。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。