読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX/為替「昨日は一時元安進も、その後ドル売り元買い=中国人民元」:マイナー通貨 2022年11月8日

f:id:gaitamesk:20221107175722p:plain

ドル売りメキシコペソやや優勢に=メキシコペソ

 週明けの中南米市場はまちまち。ドルメキシコペソはやや頭の重い展開。ドル全般に軟調な動きを見せる中で、ドル売りペソ買いに。ロンドン朝の1ドル=19.57ペソ台から、19.43ペソ台まで。
 一方ブラジルレアルは対ドルで売りが出た。先週の1ドル=5.02台からの上昇基調が続く形で、昨日の海外市場で5.17台まで。ルラ元大統領がブラジル大統領選で勝利した後、レアル買いの動きが広がっていたが、ここにきて調整の動き。新大統領による組閣案などに注目が集まる展開に。
USDMXN 19.444 (配信:みんかぶFx 2022/11/8(火) 7:16)

昨日は一時元安進も、その後ドル売り元買い=中国人民元

 今朝のドル人民元は1ドル=7.22元台で落ち着いたスタート。昨日は7.18元台から7.25元台までドル高元安が進む場面が見られ、少し調整が入って取引を終えた。昨日終値から外れていない水準でのスタートであり、比較的動きが落ち着いている。
 先週末、中国のゼロコロナ政策の緩和期待が広がる形で元買いが入ったが、週末に中国の衛生当局がゼロコロナ政策の堅持方針を示し、週明けはいったん元安となった。ただ、市場では中国政府が近く方針を変更するとの見方が広がっており、ドル人民元も高値から売りが出た。
(配信:みんかぶFX 2022/11/8(火) 10:42)

※ この記事は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「高機能チャート(テクニカル分析)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。