FX/為替予想「メキシコ中銀、お前もか!?中銀内で『利上げサイクル終了』の議論が始まったかも」2022/10/27 知っトク!メキシコペソ

執筆:外為どっとコム総合研究所 神田 卓也

メキシコ中銀の中核メンバーであるエスキベル理事は26日、「2023年の予想インフレ率はおよそ5%程度で、これは10.0%または10.25%の金利が十分に高く、十分に制約的であると私が考える実質金利水準と両立することを意味する」などと述べて、利上げサイクルの終了が迫っている可能性を示唆した。メキシコ中銀は昨年6月に利上げサイクルを開始し、現在の政策金利は9.25%。エスキベル理事はまた、「現在の金利水準と来年の金利水準は異例の高水準にあり、その水準が非常に長く続くとは思えない」とも付け加えた。

これを受けてペソは下落しており、米長期金利の低下を受けて弱含んだドルに対しても軟化した。対円では1ペソ=7.45円付近から大きく下落し、27日の東京市場では7.29円前後で取引されている。エスキベル理事は中銀メンバーの中では最もハト派と見られることから過大評価は避けたいが、中銀内で利上げサイクル終了に関する議論が始まっている可能性も意識しておくべきだろう。なお、メキシコ中銀の次回の金融政策決定会合は11月10日に開催される。

【メキシコペソ/円(MXN/JPY) 日足】MXN/JPY 日足

【キャンペーン】
スワップポイント30%増額キャンペーン
大還元キャッシュバックキャンペーン
人気の複数通貨ペア スプレッド縮小キャンペーン

【高金利通貨特集】
「メキシコペソ/円」 ページはこちら

【チャート】
「為替チャート|メキシコペソ/円(MXNJPY)|60分足」はこちら

【PR】昨今の為替のニュースでFXに興味を持った方におすすめ!初心者向けセミナーを開催予定!

kanda.jpg 株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top