FX「長期投資のポイントは時間と分散 ペソ/円とドル/円に注目」長期つみたて投資 YEN蔵さんの場合

長期つみたて投資 YEN蔵さんの場合


元外銀ディーラーで現在はマーケットについて幅広い投資情報を発信するYEN蔵さんに、外貨の長期投資について解説をしていただきました。

目次

▼外貨をポートフォリオの一部に加えてみては
▼先進国の金利はほぼゼロですが
▼時間軸とレバレッジ
▼参考:過去20年のレンジ
▼注目通貨はペソ/円とドル/円

外貨をポートフォリオの一部に加えてみては

おそらく多くの投資家の方々は円への投資が100%近いのではないかと思います。長期の投資に必要なことは「時間」と「分散」です。その意味では円のポートフォリオの一部に外貨を加えるのは良い選択肢ではないかと思います。

先進国の金利はほぼゼロですが…

現状は先進国の金利がほぼゼロですが、この先各国の中央銀行は「金融政策の正常化」に向かいますので新型コロナ感染が収まり、経済が落ち着けば、いずれ金利が上昇し外貨投資のメリットの一つであるスワップポイントの受け取りのメリットが増加します。
ただそうなると各国の中央銀行の温度差が重要になりますので、各国中銀の金融政策には注意が必要です。

時間軸とレバレッジ

長期投資ですから目先の動きに一喜一憂するのは避けたいところですが、過去20年ぐらいの値動きを見て、その中での高値・安値をしっかり調べて、現在がどの位置にあるのかを認識することは重要です。
長期投資なので「外貨預金+アルファ」ぐらいのレバレッジ、つまりレバレッジ2倍程度が良いのではないかと思います。基本は毎日、1週間、1カ月と時間を決めて粛々と積み立てていくのが良いかと思います。しかし多少は相場観を働かして、下落したところでは少し多めで購入する、押し目(おしめ)を狙うなど多少の工夫する楽しみもあってもよいかと思います。

参考:過去20年のおおよその為替相場レンジ

米ドル/円          75~135円
豪ドル/円        55~108円
ニュージーランドドル/円   44~98円
カナダドル/円      68~125円
南アランド/円       6~20円
トルコリラ/円      12~100円
メキシコペソ/円      4.2~12.5円
人民元/円        11.60~20.2円
ロシアルーブル/円     1.3~4.8円

注目通貨はペソ/円とドル/円

メキシコペソは2020年4月に4.23円で安値を付けた後に5.62円付近まで上昇しています。上昇トレンドは継続していますが、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を緩和から中立、あるいは引き締めに向かうときは通常なら新興国通貨は売られる傾向があります。ただメキシコ中央銀行は2会合連続で政策金利を引き上げ、4%から4.5%にしています。仮にFRBが金融政策を中立方向に向かっても、メキシコも金融政策を引き締められるようであればペソは維持される可能性は高いと思います。
またペソ/円の安値は4.2円ということで、長期的には一旦底値を確認した可能性があること、政治的に比較的安定していること、産油国であることなどが他の新興国と比べてのメリットになります。
今後FRBは金融緩和を徐々に縮小していく予定ですが、2023年末以降に利上げに向かう可能性が高まっています(もちろん今後の感染と経済の状況次第ですが)

またドル/円は2011年の75円台で長期的には底を打った可能性が高く、2014年以降は100円を維持しており、下値が限定的に思えます。
筆者は中期的には95~125円のレンジが定着するのでは見ておりできれば100円に近いところで購入できればと思うのですが、これは積立投資の趣旨に反しますので粛々と買い増していければと思います。

 

【PR】

らくらくFX積立



yenzo_96_130.jpg YEN蔵
株式会社ADVANCE代表取締役 米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行で、20年以上にわたり、為替ディーラーとして活躍。現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨をはじめとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。また、海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。ブログ「YEN蔵のFX投資術」、メルマガ「YEN蔵の市場便り」で個人投資家に対して為替に関する情報を発信しており、人気を博している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top