読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 上放れの可能性が高いのではないか・・・

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20201130122305j:plain


■  ユーロ/ドル 上放れの可能性が高いのではないか・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週初こそやや 弱含みましたが、火曜日の陽線で高く引けたところから売り方の買い戻しにやや拍車がかかったような状況になっています。週末は高く弾け 終値ベースで見ると2018年の5月以来の水準ということで売り方は完全に降参、今週も買い戻し先行から強い地合が続くと考えるのが妥当だと思います。
移動平均線は、3本とも上昇しました。中期と長期の移動平均線がゴールデンクロスを形成し、その上方に短期の移動平均線、さらに実体験がその上側ということで、3本の移動平均線が扇形に開き始めている状況がチャートからも窺えます。実体線が高いレベルに位置していることを警戒してはいけない状況と言えるのではないでしょうか。
今週は、買い先行で臨みたいところです。MACDもゼロラインの上側を順調に上昇してきていますし、チャート的に売りを示すものは全くありません。このところ、いわゆる「レンジ」を形成するケースが多く、買われたところを買ったり、売られたところを売ったりすると、だいたいロクなことがない展開が続いていましたが、今回こそはトレンドフォローで良いと考えています。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 戻りを買わず、下げを取る方針が吉ではないか・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。週を通じた上下の値幅は1円強と相変わらずの小動きが続いています。しかも、先々週の引け方を考えると、下押しの可能性も十分考えられたと思うのですが、月曜日に陽線で反発した後、その後の追随が全く見られず、火曜日以降はダラダラと下値を追うという、非常にタチの悪い展開が続いています。ただ、今回は戻っても中期の移動平均線レベルが上限でしたので、その点の変化は注目に値します。
今週は、やや売り先行で臨んでみたい感じがしています。先週月曜日の陽線の効果は既に半減していますし、MACDの居場所が恒常的にゼロラインの下側に溜まっている点はボディブローのように買い方に影響を与えるのではないでしょうか。ボリンジャーバンドの幅が一向に広がらず、ボラティリティが高まらない状況が続いていますが、「買う」という選択はチャート的にはなさそうですね。

■ ユーロ/円 やや上を狙える位置に付けているが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。ドル円とはチャートの様相も異にし、週央に実体線が長期の移動平均線を上方にブレイクしました。週末にかけてもそこそこ安定した動きを続け、金曜日は高く引けて終値ベースでの戻り高値を更新、やや上方への視界が広がっている状況と言えそうです。ジリ高の状況が、売り方にとっては逆に不気味さを感じさせているかもしれません。
今週は、やや買い先行で臨みたいところです。9日の大陽線の出現の際は瞬間的に長期の移動平均線を越えましたが、その後は売りに押されて一旦買い方が撤退しています。今回は、先週の週央以降、実体線が長期の移動平均線水準を安定的に維持できていますので、9日の大陽線の出現の際とは状況が異なると考えます。大きな上伸があるかどうかはわかりませんが、意外に下側のリスクは大きくないような気がしています。

■ ポンド/円 これでは上下の予想は困難・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線で売り方を蹴散らし、週央にかけて上値追いの動きとなりましたが、週末にかけて逆に萎んでしまい、何とも中途半端な動きで刺繍を終えています。ただ、やはり現状のチャートであっても、先週前半の連続陽線の勢いは残っており、底練りの動きを経るのであれば再度上伸の可能性は残っていると思います。
今週は、様子を見るよりないような気がします。先週後半の値動きは買い方からするとやや不気味で、下がったところを安易に買うのは危ないような気がします。かと言って、実体線の居場所を考えると長期の移動平均線の上方を維持していることから、積極的な売りも躊躇われるところではないでしょうか。よほど大きな陽線・陰線が出現しない限り、トレンド形成の可能性はあまり高くないような気がしています。

■ オージー/円 下げ渋りの様相は、上値追いの動きの前兆かも・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。週初に陽線の出現が続き、戻り高値を超えたところまではポンド円と同じですが、その後の値動きがやや異なります。オージー円は水曜日の下ヒゲを木曜日・金曜日で下回ることなく、金曜日の引けの水準も水曜日の高値に肉薄するものとなっていて、やや上方への視界が広がっている印象を受けます。
今週は、やや買い先行で臨んでみたいところです。先週の月曜日・火曜日の陽線の勢いが残る中、水曜日の下ヒゲを下回らなかったことは、やはり買い方にとって拠り所になるような気がしています。実体線が長期の移動平均線の上側で恒常的に推移していることは売り方にとって試練であり、時間の経過とともに少しずつ買い戻しが進む状況に変化していくのではないでしょうか。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20201130122326j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。