読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

「ドル/円、106円台は重い」 外為トゥデイ 2019年8月29日号

f:id:gaitamesk:20190816133345p:plain


f:id:gaitamesk:20190829094307p:plain

(1)
英BBCの政治エディターが「女王陛下は早ければ本日中に議会休会の要請を(政府から)受ける可能性がある」とツイート。「合意なき離脱」阻止に向けた議会の動きを封じ込める狙いと見られ、市場はポンド売りで反応。その後、ジョンソン英首相は9月9日の週から10月14日まで議会を休会にする事を模索中だと明らかにした。さらにその後、エリザベス女王は議会休会を承認したと伝えられた。

(2)
イタリアの政局を巡り、与党左派「五つ星運動」と野党中道左派・民主党(PD)は連立政権の樹立に向けて合意。両党はコンテ首相の続投で一致。これにより総選挙の前倒し実施は回避された。ただ、ユーロの反応は限定的だった。

(3)
米国株が引けにかけて上げ幅を拡大するとドル/円やクロス円が上昇。ただ、米債市場で10年債利回りが2年債利回りを下回る「逆イールド」の状態が続く中、円売りの動きは続かなかった。

f:id:gaitamesk:20190829094346p:plain

ドル/円の見通し

昨日のドル/円は終値ベースで約0.3%上昇。米国株の値上がりを受けて一時106.20円台まで上昇したが、20日移動平均線に上値を抑えられる格好となり伸び悩んだ。なお、20日移動平均線は右肩下がりで推移しており、本日は106.13円付近を通る。

引き続き市場では、米10年債利回りが2年債利回りを下回る「逆イールド」が話題となっている。「逆イールド」は景気後退の予兆との見方もあるため、ドル/円の重しになりやすい。106円台では(特に半ば以上の水準では)戻り売り圧力が強そうだ。

f:id:gaitamesk:20190829094356p:plain

本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資 方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後 予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社外為どっとコム総合研究所ならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 Copyright©2019Gaitame.com Research Institute Ltd. All Rights Reserved. www.gaitamesk.com