読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX/為替「米NFPは上昇も過熱感は低下、3月利下げは五分五分」米国雇用統計のふりかえり 2024年1月号 By 外為どっとコム総研

米雇用統計ふりかえり

執筆日時:2024年1月9日14時20分
執筆者  :株式会社外為どっとコム総合研究所 小野 直人

USDJPY15分チャート
※チャート:ドル/円-15分足
 外為どっとコム「ネオチャート

米NFPは上昇も過熱感は低下、3月利下げは五分五分

1月5日、米労働省が発表した12月の非農業部門雇用者数(NFP)は21.6万人増と、市場予想(17.0万人)を上回ったほか、失業率も3.7%(市場予想3.8%)を下回り、米国の雇用情勢の底堅い結果が示されました。ただ、11月分のNFPが19.9万人から17.3万人、10月分のNFPが15.0万人から10.5万人へ下方修正されたほか、12月分の労働参加率も低下するなど、労働市場の過熱感は減少傾向が続いています。米国の3月利下げを巡っては、五分五分となっています。

145.07円付近で推移していた米ドル/円は、結果を受けて一時145.961円まで急騰しました。しかし、NFPの下方修正やその後に発表されたISM非製造業景況指数が50.6まで低下したことを受けて、143.802円まで下げる局面もありました。もっとも、下振れ一巡後は144円後半へ戻すなど、底堅さを示しました。また、株式市場は金利が上昇したことで売りが先行したものの、その後は米国のソフトランディング期待から買い戻され、ダウ平均株価は25.77ドル高い37466.11ドルで越週しました。

関連記事
米雇用統計の予想と戦略(先行記事へのリンク)

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。