読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル円一時145円台まで急落 再介入か

ドル円一時145円台まで急落

24日朝、円相場は1ドル=149円台後半で推移していましたが、午前8時半過ぎに一時145円台まで急速に円高方向に振れました。記事作成時点で政府・日銀から介入に関するコメントはありませんが、先週に続いて再度介入が行われた可能性があると報じられています。

先週21日、円相場は一段と円安が進み、1ドル=151円台後半となりましたが、22日未明に一時146円台前半まで円高方向に振れました。市場関係者の間では政府・日銀が為替介入を行ったとの見方が広がっており、一部メディアでは関係者が介入を認めたとの報道も行われています。

その後再び円安基調となり、24日朝方には149円台後半となっていましたが、同日午前8時40分頃から数分で一時145円台まで急速に円高方向に振れました。その後は同日午前11時半時点で148円台後半まで値を戻していますが、度重なる急激な変動に市場では警戒感が広がっています。

為替介入とは?

為替介入とは、急激な円安や円高の際に、相場の安定を図るために政府・日本銀行が通貨の売買を行うことです。

例えば急激な円安時には「円買い・ドル売り介入」を行うことで円の価値を上げ、逆に急激な円高時には「ドル買い・円売り介入」を行うことで円の価値を下げて相場を安定させようとします。

先月22日、1ドル=145円台後半まで急激な円安が進んだことを受けて、およそ24年ぶりに円買い・ドル売り介入が行われました。その後先週21日、24日朝と短時間で急激に円高方向へ振れる変動が相次いでおり、二度の介入が行われたのではないかとの憶測が広がっています。

為替介入でFXの取引チャンスは?

先月22日の例のように、急激な円安が進むと、相場の安定化のために為替介入が行われて相場が一気に円高方向に振れることがあります。また、先週21日や今朝の急激な円高方向への変動も、為替介入による影響である可能性が高いと見られます。

このように為替介入が実行されれば相場が大きく変動する可能性があり、FXの取引チャンスととらえる見方もあります。通貨の値動きによる利益を狙うFXでは、値動きが大きいほど利益を得るチャンスが増大するからです。

例えば先週21日の1ドル=151円のレートでドル円1万通貨を売り、介入後と見られる146円のレートで買い戻したとすると、レートの差5円×1万通貨=5万円の利益が出たことになります。


急激な円安やそれを受けての為替介入など相場変動の材料が多い中で、この相場をチャンスととらえてFXを始める人も多いようです。

外為どっとコムのスマホアプリ『外貨ネクストネオ「GFX」』では、あらかじめ値幅などを設定しておけば急激な相場変動時にプッシュ通知でお知らせするボラティリティ通知機能が搭載されています。ほかにも指定レートに到達したら通知する機能など、忙しい人や外出先の場面でもチャンスを逃さず取引するための機能が満載です。

外為どっとコムの口座開設はスマホからでも簡単に、最短5分でお申し込みできます。ぜひこの機会に、外為どっとコムでFXに挑戦してみてはいかがでしょうか。 ※お客様に送付いただく書類に不備があった場合等、記載の日数よりも遅れが出る場合があります。また、日数はあくまで最短の目安であり、お客様のお住まいの地域などにより前後することがあります。
※土日/一部の休日は対応しておりません。

※口座開設には審査があります。
※お客様に送付いただく書類に不備があった場合等、記載の日数よりも遅れが出る場合があります。また、日数はあくまで最短の目安であり、お客様のお住まいの地域などにより前後することがあります。
※土日/一部の休日は対応しておりません。



●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。