読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「米ロ首脳会談次第ではどっちにも動く。」短期トレード 即効チャージ!豪ドル 2021/12/30

f:id:gaitamesk:20211203161608p:plain

豪ドルのFXデイトレードを行ううえで、インプットしておきたいトレードシナリオなどをギュッとまとめました。

目次 

▼今日の豪ドル トレードシナリオ

▼「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」

▼豪ドル ちょい足し情報

今日の豪ドル トレードシナリオ

ここまでの相場

・消費者物価指数は前年比+2.1%(トリム平均)と約6年ぶりにRBAの目標レンジ内に。

・RBAは賃金の伸びが3%を超えるのを目安にしている。(現状2.2%)

・「オミクロン株」への警戒感は残る。12月27日の新規感染者数は約11,260人と2日連続1万人台。だが、豪政府は行動制限を導入しない方針

・12月16日の豪雇用統計は36.61万人増と歴史的な増加幅。

・北京オリンピックの外交的ボイコット、ウイグル強制労働防止法案など米中関係の悪化懸念。

・欧州の天然ガス価格はロシアからの供給懸念はあるものの米国が欧州向け供給規模を大幅増加させたため、一旦落ち着く。

・米国の新型コロナ感染者数が多く、医療逼迫懸念が台頭。米ドルが売られやすい。

・ウクライナ情勢懸念は対立懸念が若干緩和。

今日のメインシナリオ

オミクロン研究結果が楽観的思考を強める。

オミクロン株に関する楽観的な研究結果が出ているが、それでも米国での新規感染者数の多さから医療逼迫懸念が台頭しており、米ドルが売られやすい地合いとなっている。注目は今夜に予定されている米ロ首脳会談。ウクライナ情勢へのリスク警戒感の振幅が豪ドルにも大きく影響してくる。東京時間は大納会で小動きが予想される。

個別の想定シナリオ

■東京時間は株式市場が大納会で参加者が減少
⇒様子見ムードが強まる
⇒豪ドル円も小動き

■米ロ首脳会談が気になる
⇒結果次第でリスクオン・オフどちらにも振れる
⇒豪ドルはリスクの振幅に敏感
⇒結果次第で豪ドルは上昇、下落どちらもあり得る

チャート分析

f:id:gaitamesk:20211230092207p:plain

注目材料

米ロ首脳会談

「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」

外為どっとコムのテクニカル分析ツール「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」では短期的には豪ドル円、豪ドル米ドルともにどっちつかず。ただ、朝方からは売りサインが多いようだ。

f:id:gaitamesk:20211230091435p:plain

【情報提供:外為どっとコム】

<「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」 詳細はこちら>

  • ※ 「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」とは、選択した通貨ペア・足種に対して、複数のテクニカル分析を行った結果をパネル形式で一覧表示することにより、直感的に相場状況を把握することができるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(パソコン版)/(スマホ版)では「取引分析」 を選択することで、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況をチャート上に表示が可能です(「外為注文情報」)。
  • ※ なお「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」や、「外為注文情報」は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家ご自身でなさるようお願い致します。

f:id:navimedia:20200115123814:plain

豪ドル ちょい足し情報

豪での新型コロナ感染者数は3日連続で1万人を超えて過去最高を更新中。ただ、人口比の感染者数は英米と比べると低く、逆に人口に対する病床率(コロナ前のデータ)は英米よりも多い。

経済指標カレンダーはコチラ

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。