読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「トルコ中銀 15.00%への追加利下げが濃厚」注目の高金利通貨 トルコリラ/円 11月17日号

f:id:gaitamesk:20190821093810p:plain

トルコリラ/円(4時間足)

f:id:gaitamesk:20211117110650p:plain
※レポート内の為替レート・チャートは外為どっとコム「外貨ネクストネオ」を参照

直近1週間のポイント

・インフレ高進
・トルコ中銀への不信感
・米利上げ観測によるドル高
・資源高

足元のトルコリラ/円は過去最安値を更新

トルコ国内のインフレ高進や、それにもかかわらず利下げを強行するトルコ中銀への不信感などからリラは売り一色の状態が続いています。
米国で10月消費者物価指数が発表された10日以降、早期利上げ観測が高まりドルが上昇した事もトルコリラを圧迫。
リラ/円は11日に11.50円を割り込み、12日には11.30円台へ続落しました。
16日には11.00円も割り込み、一気に10.871円前後まで下値を拡大しました。
資源輸入国のトルコでは原油や天然ガスの価格高騰も重しになっています。
原油高と通貨安の影響で、リラ建ての原油価格は年初来で100%上昇。
単純計算では、トルコが原油輸入代金を支払うためのリラ売り・ドル買いも2倍に膨らんでいる事になります。

注目ポイントは政策金利

18日にトルコ中銀が政策金利を発表します。
市場予想によると、15.00%への追加利下げが濃厚と見られています。
今回も、高金利を嫌うエルドアン大統領の意向に沿って100bp(1.00%)の利下げを強行するとの見方です。
エルドアン大統領は、金利を下げればインフレも低下するとの異説を唱えていますが、実際には金利低下によるリラ安でインフレは上昇しています。
それでもトルコ中銀は利下げを強行するのか注目しましょう。
欧州復興銀行(EBRD)のルノーバッソ総裁は、先週トルコを訪問してエルドアン大統領に「インフレの問題を提起した」そうです。
大統領が聞く耳を持ったかどうかは定かではありませんが、もし中銀が利下げ見送るようならリラ相場はひとまず下げ渋ると見られます。
いずれにしても、当面のリラ/円相場は荒っぽい値動きが続く可能性が高そうです。

来週までのトルコリラ/円の見通し

予想レンジ
10.450~11.600円
基調
波乱含み

来週までの注目ポイント

☆11/18 トルコ中銀金融政策決定会合
・主要国株価 国際商品価格

「為替チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら 

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。