読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ロックダウン(レベル4)での景気停滞が気がかり

f:id:okinawa-support:20190828090357p:plain

 

総括

ロックダウン(レベル4)での景気停滞が気がかり

通貨1位、株価8位
予想レンジ 南アランド円 7.5-8.0

(ポイント)  
*コロナ観戦警戒レベルを4へ引き上げ
*S&Pが格下げ示唆、テーパータントラムも
*賃金交渉開始
*南アのコロナ第3波、「デルタ株」が主流に
*6月の民間部門PMIは低下
*2Qの消費者信頼感指数と6月製造業PMIは低下
*5月貿易黒字は予想を上回った
*ズマ前大統領収監
*一妻多夫制の容認か
*CPIは5.2%へ上昇
*次回政策金利決定は7月22日
*今年の成長率予想は4.1%
*米中対立激化、FRB利上げ予想前倒しで南アランドは急落した
*対円8.15-20の売りも下落を誘った
*秋に米中首脳会談の可能性あり
*1Q・GDPは予想を上回った
*1Q経常黒字は拡大
*貿易・経常収支の黒字が南アランドを支える
*弱点は雇用と停電
*中銀総総裁=南ア国債の利回りの高さが海外投資家をひきつける
*経済対策財源は公務員給与の昇給凍結
*21年インフレ見通しは4.2%

( 市況 )
日足はまだボリバン中位に戻れない。週足や月足がボリバン2σ上限から反落していることもある。米中対立激化やFOMCのテーパリング示唆から始まったリスク回避のランド売りは収まっていない。7.80からの売り注文も多い。

(経済活動の停滞)
ラマポーザ大統領が、新型コロナウイルスで感染力の強いデルタ変異株の流行によって感染者が増加したことで、国内の規制を強化し警戒レベルを4へ引き上げたこともランド売りを誘った。
 経済活動の停滞が危惧される。6月の民間部門PMIは51.0で前月の53.2から低下した。生産が今年初めて減少し、新規受注も減速した。生産指数は53.2から48.8に低下し2020年8月以来の低水準となった。新規受注指数は53.6から50.1に低下した。6月の製造業PMIは57.4と前月の57.8から小幅低下した。

(S&Pが格下げ示唆、テーパータントラムも)
 これまでは、資源価格上昇による輸出増で経済が成長してきたが、ロックダウンなどで停滞すれば財政改善の流れも滞ることから格下げの可能性もあるとS&Pが示唆し始めた。
 またモルガンスタンレーに続きブラクロックも「テーパータントラム」(緩和縮小を巡る市場の混乱)のリスクが高まったとし、新興国の通貨・債券の投資判断を弱気に引き下げた。
 高利回り債より投資適格級債券を再び選好。ワクチン接種の遅れで新興国と先進国の成長格差が広がる。

(賃金交渉開始)
 公務員の賃金交渉が始まった。1.5%の賃上げと一時金のオファーを労働組合が受け入れるかどうか。交渉が長引けば政府の事務が滞り経済にも支障が出る。

(ズマ大統領が出頭)
 南アの憲法裁判所に法廷侮辱罪で有罪判決を言い渡されていたズマ前大統領が、警察に出頭した。判決に従い、1年3か月の禁錮刑に服すことになる。
警察はズマ氏が出頭しない場合、逮捕するよう指示を受けていた。ズマ氏は今年2月、ゾンド副裁判長が進めていた在任中の汚職疑惑を巡る取り調べに姿を見せなかったため、憲法裁は先月末に法廷侮辱罪で禁錮1年3か月の有罪判決を言い渡した
 ズマ氏は不正行為を否定し、これまで汚職の調査に協力してこなかった。判事を批判し、自身の逮捕に対して法的手段を講じると表明。ズマ氏の弁護士は、憲法裁の判決への不服申し立ての結果を待つため、警察への逮捕命令を差し止めるよう憲法裁に求めていた。
出頭前には、逮捕を阻止しようと支持者ら数百人がヌカンドラにあるズマ氏の私邸近くに集まった。だが、最終的にズマ氏は争わずに出頭することを決めた。
アパルトヘイト政策下でアフリカ民族会議のメンバーとなり、黒人解放運動に加わったことで獄中生活も経験し、尊敬を集めていたズマ氏だが、大統領就任後は数々の汚職疑惑が浮上し、2018年に退陣を余儀なくされた。今回の収監でズマ氏の失脚は決定的となったが、南アフリカの法による支配が実証されたことになる。

テクニカル分析(ランド/円)

一時雲の下へ下落も雲中へ戻す

 日足、一時雲の下へ下落も雲中へ戻す。7月8日-9日の上昇ラインがサポート。7月6日-9日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き。
 週足、3月8週-28週の上昇ラインがサポート。6月7日週-7月5日週の下降ラインが上値抵抗。ボリバン上位。
月足、5か月連続陽線とならず反落。雲の下へ。21年4月-5月の上昇ラインがサポート。18年2月-21年6月の下降ラインが上値抵抗。
年足、18年-20年の下降ラインを上抜く。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。20年の下ヒゲも効いている。

f:id:okinawa-support:20210712092224j:plain



喜望峰

アフリカで新型コロナの新規感染者数が最多、最悪の週に

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くアフリカで、先週1週間当たりの新規感染者数がこれまでで最も多くなり、WHOはより一層の警戒を呼びかけている。WHOによると、アフリカではことし5月以降、第3波の感染拡大が続いていて、AU=アフリカ連合のまとめでは、累計の感染者数は大陸全体でおよそ580万人に上っている。
 また感染拡大の背景にはインドで確認された変異ウイルス「デルタ株」の広がりがあり、感染者数が特に増えているセネガルなど16か国のうち、10か国でデルタ株が見つかっている。アフリカではワクチンの接種を終えた人は人口の2%にも達していない。

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。