読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

【ポンド円】Brexitもポンド相場も次の動きは週明けに

f:id:okinawa-support:20191025172333p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

10月25日(金)ポンド/円

基調
もみ合い

目先の注目材料
・主要国株価、国際商品価格
・10/28 英下院、総選挙の動議採決

Brexitもポンド相場も次の動きは週明けに

昨日、ジョンソン英首相は12月12日の総選挙を目指して来週28日に総選挙実施の動議を下院に提出すると発表した。
動議が可決されれば、議会解散期日の11月6日までの間に離脱合意案を議会で成立させるチャンスも出てくる。
可決には下院で2/3の同意が必要となるため、野党の支持を得られるかが焦点となるが、最大野党・労働党のコービン党首は「合意なき離脱」の可能性が排除されれば総選挙を支持するとして動議には事実上反対の意向を示した。
英政治の機能不全については欧州連合(EU)側も対応に苦慮しているようだ。
英国の離脱延期要請を受け入れるかどうかを巡り、本日からEU代表団の会合が行われる。
当初は、この会合で離脱延期要請を認め、延期期間を決める手筈であったが、英国の選挙と離脱合意案成立の時期が見通しづらくなったため、本日中に結論に至る可能性は極めて小さいとのことだ。
英国とEUがお互いに出方を探っており、ともに身動きが取れない状況に陥っている。
いずれにせよ、英国のEU離脱=Brexitを巡る次の動きは来週28日以降になるため、それまではポンド/円相場も身動きが取りにくくなると見られる。