読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

「米中の対立緩和期待が浮上」 外為トゥデイ 2019年8月30日号

f:id:gaitamesk:20190816133345p:plain

f:id:gaitamesk:20190830095521p:plain

(1)
中国商務省は「米中は9月の訪米に関して協議している」などと発表。その上で米国の関税引き上げに報復しない方針を示唆した。これを受けて米中貿易戦争激化への懸念が和らぎ、対豪ドルを中心に円売りが強まった。

(2)
独8月消費者物価指数・速報値は前月比-0.2%、前年比+1.4%と、いずれも予想(-0.1%、+1.5%)を下回った。

(3)
米4-6月期国内総生産(GDP)・改定値は前期比年率+2.0%と速報値(+2.1%)から、予想通りに下方修正された。内訳では、輸出が-5.8%と大きく減少した一方、個人消費は+4.7%と予想(+4.3%)を上回る伸びとなった。また、米新規失業保険申請件数は21.5万件と予想(21.4万件)を僅かに上回り、前週(21.1万件)からやや増加(悪化)した。

(4)
欧州中銀(ECB)の次期総裁に指名されたラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事は、欧州議会宛の書簡で「ECBはまだ金利の下限を付けていない」「ECBには幅広い手段がある。行動の準備が必要」との認識を示した。これを受けて一時ユーロが売られたが、その後オランダ中銀のクノット総裁が「現時点で量的緩和(QE)再開を正当化できるほど景気は弱くない」と述べた事が伝わると反発した。

(5)
トランプ米大統領はラジオのインタビューで、9月の米中協議は実現するのか、との問いに「異なるレベルでの協議が本日予定されている」と答えた。これを受けて円売りがやや優勢となった。

f:id:gaitamesk:20190830095039p:plain

ドル/円の見通し

昨日のドル/円は終値ベースで約0.4%上昇。米中間の貿易問題を巡る対立緩和への期待から欧米株が買われ、米長期金利が上昇する中、106.60円台まで上値を伸ばした。ただ、106円台後半は8月中旬以降の上値抵抗であり、米国による対中関税第4弾の発動を今週末に控えて上抜けには苦労しそうだ。米中問題にポジティブなニュースがなければ107円台の回復は難しいと見る。もっとも、トランプ米大統領は米中通商協議について「(29日に)異なるレベルでの協議が予定されている」と話しており、本日はアジアタイムを中心に関連報道に注意が必要だろう。

f:id:gaitamesk:20190830095045p:plain

本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資 方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後 予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社外為どっとコム総合研究所ならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 Copyright©2019Gaitame.com Research Institute Ltd. All Rights Reserved. www.gaitamesk.com