読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

「ドル/円、中国動向を注視」 外為トゥデイ 2019年8月14日号

f:id:gaitamesk:20190816133345p:plain

f:id:gaitamesk:20190816134112p:plain

(1)
英7月失業率は3.2%、同失業保険申請件数は2.80万件であった(前回:3.2%、3.14万件)。また、4-6月失業率(ILO方式)は3.9%となり(前回:3.8%、予想3.8%)、4-6月週平均賃金は前年比+3.7%(前回: +3.5%、予想:+3.7%)であった。

(2)
独8月ZEW景況感調査は-13.5と、2010年5月以来の低水準となり、市場予想(-6.3)も下回った。また同期待指数も-44.1と市場予想(-28.0)を下回り、2011年12月以来の水準に低下した。

(3)
米7月消費者物価指数は前月比+0.3%、前年比+1.8%、コア前年比+2.2%(予想: +0.3%、+1.7%、+2.1%)となった。前年比の伸びが予想を上回った事を受けて小幅にドルが買われた。

(4)
中国商務省は、劉副首相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表、ムニューシン米財務長官が通商問題を電話で協議した事を発表。合わせて、米中両国は2週間以内に再度電話で協議する事も明らかにした。これを受けて米中対立懸念が和らぎ円売りが優勢となった。直後に米国は、9月1日に発動する予定の対中関税第4弾の対象となる輸入品のうち、玩具や携帯電話など一部の品目への課税を12月15 日まで延期すると発表。これを受けて米国株が買われ、米国債が売られ(金利上昇)る中、ドル買い・円売りが加速した。クロス円も円売りが優位であったが、豪ドル/円は豪ドルが対ドルでも買われたため、特に上昇率が大きくなった。

f:id:gaitamesk:20190816134115p:plain

ドル/円の見通し

昨日のドル/円は、終値ベースで約1.4%の大幅高となった。一時は105.00円台に弱含む場面もあったが、NY市場に入り急反発。米国が対中関税第4弾の発動を一部延期した事を受けてリスク選好の動きが強まると106.98円前後まで大きく上昇した。あくまでも対中関税発動の「一部延期」に過ぎない事を考えると、円売り材料としての賞味期限はそれほど永くないのかもしれない。ただ、トランプ米大統領は昨日、中国と12日に行った電話協議が「非常に生産的」だったとした上で、「中国はなにか劇的な事をしたいと考えている」と述べた。市場は中国側からの「グッド・ニュース」も期待している模様。

なお、本日は中国の7月鉱工業生産と7月小売売上高が発表される。人民元相場の基準値や上海株の動き、香港情勢も含めて中国の動向がアジア市場の焦点となろう。

f:id:gaitamesk:20190816134118p:plain

本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資 方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後 予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社外為どっとコム総合研究所ならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 Copyright©2019Gaitame.com Research Institute Ltd. All Rights Reserved. www.gaitamesk.com