読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

「長期運用戦略に基づき、1年2カ月で4,700万円超の利益獲得を達成」兼業トレーダーM.S氏 トップトレーダーに聞く!(前編)

TOP

以下の取材記事はトレーダー個人の経験やお考えに基づくものであり、また、お客様の収支については、「取材依頼時点」のものとなり、その内容については、当社が保証するものではありません。実際のお取引については充分内容をご理解の上ご自身の判断にてお取り組みください。

兼業トレーダーM.SさんはFX投資歴4年ながら、直近の1年2カ月で4,700万円超の利益獲得という素晴らしい運用成績を収めています。一時FX投資をお休みしていた中断期間を考えると、実際のキャリアは3年に満たないでしょう。「FX投資は趣味や遊び感覚で始めた」というM.Sさん。それなのに、どうしてこんなにも短期間で高収益をあげられるFXトレーダーになれたのでしょうか?その背景には、M.Sさんがお休み期間中に突き詰めた運用戦略と、それに基づく運用スタイルの変更がありました。

ハンドルネーム :M.Sさん
年齢・性別   :30代男性
職業      :兼業トレーダー(会社員)
FX歴      :4年
トレードスタイル:中、長期(インカムゲイン重視)
運用成績    :2022年1月〜2023年3月で4,700万円超の利益
         (外為どっとコム口座のみでの運用成績)
取引通貨    :メキシコ/円、ユーロ/ドル
投資対象    :FX、投資信託、個別株(国内)
取引環境    :スマホのみでの取引
趣味      :サッカー、フットサル(川崎フロンターレの大ファン)

▼目次

1.手術後の療養期間がきっかけに
2.趣味感覚で始めたFX投資
3.最初の投資資金は10万円
4.資金10万円は失ってしまい、数十万円の損失に
5.休み中に見つけた長期運用戦略
6.いざ長期運用戦略を実行!
7.長期目線なら簡単に利食わずにホールドできる

手術後の療養期間がきっかけに

編集部
編集部:
最初にネット証券会社でFX口座を開かれたそうですが、それは「証券口座からFX口座に資金移動ができて、一括で管理できると便利だろう」という考えが、やはりおありになったからでしょうか?
M.Sさん
M.Sさん:
そうですね。まあ、それに限らず関連グループ会社のサービスも使っていたので、安心感があったからですかね。
編集部
編集部:
なるほど。当然、株式取引もされているということですね?
M.Sさん
M.Sさん:
はい。投資信託です。
編集部
編集部:
その証券会社で最初にFX口座を開設されたにも関わらず、その後、弊社に切り替えていただけたのは、何が決め手になったのでしょうか?是非とも教えていただきたいです!
M.Sさん
M.Sさん:
ポイントサイトを見ていて、外為どっとコムさんは結構いいポイントがついていたんですよね~正直に言うとそれが決め手でしたね(笑)。ただ勿論、信頼できる企業だというのが前提にありましたよ。
編集部
編集部:
ありがとうございます。ポイントやっててよかったです(笑)。実際に弊社のアプリでFX取引を実践していただいた感想はいかがでしょうか?

■外貨ネクストネオ リッチアプリ版の特長

■外貨ネクストネオ スマホアプリ版(GFX)の特長

M.Sさん
M.Sさん:
そうですね。いろんな企業のアプリを活用してきましたが、外為どっとコムさんのアプリは結構使いやすいと感じています。
編集部
編集部:
お気遣いありがとうございます。様々なブラッシュアップを重ねてきておりますので、そう言っていただけると嬉しい次第です。さて、まずM.SさんとFX取引との出会いから教えてくださいますか?
M.Sさん
M.Sさん:
投資にはもともと関心があったんです。でも、最初は一番安全そうな投資信託から始めましたね。
編集部
編集部:
なるほど。
M.Sさん
M.Sさん:
ちょっと個人的な話になるんですが、2019年に目の手術をすることになりまして、しばらくの間、安静にしなければならない状況になったんです。
編集部
編集部:
そうなのですね?
M.Sさん
M.Sさん:
はい。かなり暇な時間が出来てしまって、以前からFX投資には興味があったので、「ちょっと触ってみようかな」っていう感じで、その時に始めたんです。
編集部
編集部:
M.Sさんは金融に関係のある会社にお勤めと聞いていますが、FX投資に対する関心は「お仕事柄」ということだったのでしょうか?
M.Sさん
M.Sさん:
それもそうなんですが、それだけじゃなくて、FX投資が登場するアニメやマンガも見たり、読んだりしていて、FX投資は「上手くいけばすごく利益が出て、ダメなときは大変になる」みたいな内容でして(笑)。
編集部
編集部:
そういったアニメやマンガはドラマチックな展開が多いですよね。

趣味感覚で始めたFX投資

M.Sさん
M.Sさん:
「ちょっとオモシロいかな」って気持ちが半分あって、実は遊び感覚でFX投資を始めました。「少額ならいいかな」と思ったんです。
編集部
編集部:
お話の通り、アニメやマンガでも「FX投資はハイリスク・ハイリターンな投資」というような描き方をされることも多く、未経験者の中には、ネガティブなイメージを持っている人も少なくありません。M.Sさんはどうでしたか?
M.Sさん
M.Sさん:
正直にいうと、やっぱりありました。「FX投資で人生を台無しにした」っていうようなニュースを、テレビの報道番組やネットニュースで見たことがありましたから。
編集部
編集部:
やはり、そうでしたか・・・。
M.Sさん
M.Sさん:
だから、やるとしても、本当に少額で「 趣味の範ちゅうでやらないとダメだ」って、当初は思っていましたね。
編集部
編集部:
それは「自分のリスク許容範囲内でやろう」ということですね。M.SさんはFX投資を始める前に、徹底的に仕組みやリスクなどについて調べましたでしょうか?
M.Sさん
M.Sさん:
そうですね。どこのFX会社さんも、HPでちゃんと仕組みや取引通貨単位、手数料などの説明をしているので、そういうものを見ていました。
編集部
編集部:
全てネットで確認したのでしょうか?
M.Sさん
M.Sさん:
1,000通貨が最小単位のFX会社なら、レバレッジをかけたらかなり少額でも資産運用を始められますよね。ちょっとの値動きで決済すれば、利益が出ても、損失が出ても数百円程度で済みますから。
編集部
編集部:
はい。確かにそうです。
M.Sさん
M.Sさん:
自分の希望に合わせて、コントロールできるので「まあ損しても数百円程度、お小遣い程度でできるから」と思い、やってみることにしました。
編集部
編集部:
そういうことだったのですね。実際に始める前にFX企業各社が用意しているようなデモトレードは利用しませんでしたか?
M.Sさん
M.Sさん:
ちょっとだけやりましたね。ただ、そのときは「FX投資はあくまでも趣味」という気持ちがありましたし、小ロットでやれば、動いても数百円程度なので、あまりリスクがないと考えて、比較的早く「本番」のトレードに切り替えました。
編集部
編集部:
小ロットでリスクを低く抑えれば、バーチャルもリアルもあまり違いはないと考えられたのですね?
M.Sさん
M.Sさん:
はい。そういうことですね。

最初の投資資金は10万円

編集部
編集部:
さて、そこからなのですが「M.Sさんはすごいな」と私たちが思うのは、最近の約1年間で5,000万円近くの利益を獲得していることなんです。わずか数年で、どうすれば、そこまでいけるのでしょうか?リアルトレードの資金はいくら程度でスタートされたのでしょうか?
M.Sさん
M.Sさん:
えっと・・・確か10万円からですね。
編集部
編集部:
10万円ですか?!
M.Sさん
M.Sさん:
最初はYouTubeで情報発信しているFXトレーダーたちのビデオを見て、マネをしながら、なんとなく「上がりそうだ」とか、「下がりそうだ」とか、そういう感覚でトレードしていましたね。
編集部
編集部:
なるほど。FXトレードをライブ配信するようなYouTuberの方々もいますよね。ちなみに始めたときの通貨ペアは米ドル/円ですか?
M.Sさん
M.Sさん:
米ドル/円です。やっぱり親近感がありましたから。情報量も多いですし、会社の仕事でもしょっちゅう出てきますからね。
編集部
編集部:
やっぱり現在のような「買い」ポジションで始められたのですか?それとも「買い」も「売り」も、両方のポジションをエントリーされるやり方で最初からトレードされていたのでしょうか?
M.Sさん
M.Sさん:
最初から「売り」「買い」の両方を活用してやっていましたね。
編集部
編集部:
さすがですね。初心者の多くは、なかなか「売り」ポジションで相場に入れなくて、「買い」ポジションになりがちなのですが、最初から両方活用だったのですね。それで、その10万円の運用成績はどうなりましたでしょうか?

資金10万円は失ってしまい、数十万円の損失に

M.Sさん
M.Sさん:
まずは「挫折」しましたね(笑)。
編集部
編集部:
あ〜っ、そうだったのですね。実はそこを読者が一番知りたいところです(笑)。本当に失礼ながら。早速ですが、いったい、どんな失敗経験をしてしまったのか、具体的に教えてくださいますか?
M.Sさん
M.Sさん:
そうですね。口座に入れた資金が10万円でも、自分ではかなり余裕を持っているつもりでした。先ほども言った通り、数百円単位のトレードをしようと思っていたからです。
編集部
編集部:
「小ロットでリスクを抑えた運用をすればいい」ということですね?
M.Sさん
M.Sさん:
最初のうちは、ビギナーズラックでしょうか、トレードがうまくいって、1回あたりのトレードは数百円単位でしたが、利益を積み重ねた結果、結構な金額になったんです。それでいい気分になってしまったんですね。それから少し経つと、損失がどんどん増えてしまったんです。
編集部
編集部:
どこで間違えてしまわれたのでしょうか?ロットを大きくしてしまったのですか?
M.Sさん
M.Sさん:
例えば、マイナスが500円になったら、損切りするって決めていたのに「もうちょっと待ったら、相場が戻ってくる」と信じたくて、損切りができなくなってきてしまったんです。ほんとダメですよね(笑)。
編集部
編集部:
なるほど、損切りの難しさを感じてきてしまわれたのですね。実際にやってみると、損切りできない心理、とてもよく分かります。
M.Sさん
M.Sさん:
結局、「後には引けない」パターンに陥り、そこからもう数百円を取るつもりが、数万円の損失になってしまい・・・。
編集部
編集部:
傷口が広がってしまわれたと。
M.Sさん
M.Sさん:
これもあまり良くない手法なんですけれど、ずっと待っていれば、相場ってまた戻ったりするじゃないですか、そういう気持ちもどこかにあって・・・。
編集部
編集部:
凄くよく分かります。
M.Sさん
M.Sさん:
最終的に数百円の損で逃げるみたいなことを何度も何度も繰り返すうちに・・・。
編集部
編集部:
どれくらいの損失まで膨らんでしまわれたのでしょうか?
M.Sさん
M.Sさん:
最終的に数十万円ですね。
編集部
編集部:
結局、相場の戻りを期待してしまった結果、思い通りの運用結果にならなかったのですね?
M.Sさん
M.Sさん:
はい、その通りです。そこで1回、相場をお休みすることにしたんです。

休み中に見つけた長期運用戦略

編集部
編集部:
デイトレードのように、相場を見ながら頻繁に売買をすると、手間も、時間もかかります。冷静になるためにも「ちょっと間を置こう」ということですね?
M.Sさん
M.Sさん:
実は当時「FX投資は自分に向いていないんじゃないか?」と思ったんです。それなりの損失額を出してしまったんで、休みを取ることにしたんですが、その後も、なんていうのか、為替の動きを見たり、休んでいる間も、いろんなアイデアが頭に浮かんでくるんです。いろいろと投資戦略を練ったりするのが、自分でもすごく好きなんだな~と、その時にと気づきましたね~自分自身を。
編集部
編集部:
お休みすると言いながら、やっぱり相場動向が気になってしまうと?
M.Sさん
M.Sさん:
時間があるときは、FXトレーダーのブログなども見て研究していましたし、それまでの自分の取引のやり方を振り返り、これまでやってきたような”チョコチョコ”と売り買いを繰り返す短期売買は「自分には合わない」っていう結論に達したんです。
編集部
編集部:
なるほど、今のスタイルになった背景には、そういう経緯があったのですね。
M.Sさん
M.Sさん:
そこでメキシコペソのような高金利通貨のスワップポイント獲得をメインとしたFX投資の長期運用戦略に切り替えようと思い至ったんです。
編集部
編集部:
相場からちょっと離れた間に相場を俯瞰して、自分に合う通貨ですとか、時間帯ですとかを、じっくりと研究されていたということですね?
M.Sさん
M.Sさん:
結果的にそういうことになりますかね。本当は自分ではもう止めるつもりだったのに・・・なのですが。

いざ長期運用戦略を実行!

編集部
編集部:
そうやって迎えた2022年のボラティリティが出てきた相場で、もう一度、FXトレードを再開されたのですね。それは「ボラのある相場はチャンス」と考えたからでしょうか?
M.Sさん
M.Sさん:
う〜ん、ボラがあるからというよりも「自分の思い付いた戦略を実際の為替相場で試してみたい!」という強い気持ちからですね。
編集部
編集部:
試したい気持ちが高まってきたところに、ちょうどボラも高まってきたということですかね?
M.Sさん
M.Sさん:
そうですね。もともと2021年後半から、長期的なスワップ戦略でFX投資をやることを考えていました。小ロットでちょこちょこやってみて、少しずつ成果が出ていたんで、「これならいけるかも」って思っていました。ちょうどそのころに、外為どっとコムさんで口座を開設したんです。
編集部
編集部:
ありがとうございます!その戦略というのが売買によるキャピタルゲイン狙いというよりも・・・長期投資でスワップポイントのインカムゲイン狙いだったのですね?
M.Sさん
M.Sさん:
はい、「ちょっとずつスワップポイントが取れればいいや」っていう、まさしくインカムゲイン狙いの取引です。正直にいうと、まさかここまでボラティリティが上がって、メキシコペソがこんなに高くなるって思っていませんでした。
編集部
編集部:
すごいメキシコペソ高になりましたよね。ところでM.Sさんは「自分の戦略を試してみたい」と思い、FX投資を再開された際、例えば「年率で何%の利益を追求しよう」ですとか、「年間でいくらの利益を得よう」とか、そういう目標は立てていましたか?
M.Sさん
M.Sさん:
スワップポイントについては、しっかり計算していましたね。レバレッジを掛ければ、年率10%程度は可能だろうと思っていましたので。

長期目線なら簡単に利食わずにホールドできる

編集部
編集部:
ただ、これだけボラがあると話は変わってきますよね?相場の状況に合わせて、戦略の変更もあったのかなと思うのですが?
M.Sさん
M.Sさん:
基本的には変えていません。もともと長期目線で立てた戦略なので、かなり幅広く相場を見る必要がありますから、チャートも「月足単位」です。コロナショックあたりの1メキシコペソ=約4.5円で「底を打った」と感じていたので「ここからそのまま上がるかどうかはわからないが、そんなに下がることもないんじゃないか」という判断のもと「しばらくホールドしていれば、スワップポイントは溜まっていくな」と考えていました。
編集部
編集部:
その間、ずっとインカムゲインは得られますものね。
M.Sさん
M.Sさん:
そうです。まさかここまで相場が上昇するとは予測していませんでしたが、上がっている間は、ポジションをホールドし続けて、もし、下がってしまったら「そこでちょっと考えよう」という戦略でした。「キャピタルゲインではなく、インカムゲインがメインなんだ」って考えたら、結構長くポジションをホールドすることができるものなんです。
編集部
編集部:
FX投資で利益を伸ばすには、心理的な要素が重要になるという話ですね?
M.Sさん
M.Sさん:
昔のような短期売買で、キャピタルゲインをメインにやっていると、数%利益が出たときに「せっかく上がったのに、また下がったらどうしよう」という心理が働いて、すぐに利食ってしまうんです。
編集部
編集部:
「目の前の利益を確実なものにしたい」という心理が働くと?
M.Sさん
M.Sさん:
しかし、今回のような(上昇)相場では、インカムゲインをメインにしたからこそ、利益を伸ばすことができたと痛感しています。

マネ育PickUp編集部より

投資経験を持ち、金融の知識も豊富なM.Sさんですら、当初の計画通りに運ばず、10万円の元本を失い数十万円の損失を出してしまうところに、FX投資という金融商品の奥深さを感じます。その一方で、一旦お休みを取り、その間に相場を研究し、自分自身を見つめ直し、用意周到に戦略を練って、運用再開後には短期間で「趣味や遊び」のつもりをはるかに超える4,700万円超という利益を出してしまうところに、M.Sさんの非凡さも感じます。後編ではM.Sさんがどうやって高収益を達成したのか、その秘訣をさらに詳しく伺います。

【トップトレーダーに聞く!インタビュー記事まとめ】

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。