読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル円一時129円台 今夜米PMIなど発表

 

 

ドル円一時129円台 FOMC後のドル安の流れ継続

23日のドル円は米FOMCを受けてのドル安の流れが継続し、本日にかけて130円台へと続落しました。

23日未明に米FOMCの結果を受けて急落したドル円は、同日昼過ぎには130円台前半まで続落しました。

売りが一服すると夜にかけて買い戻しが進み、21時半に発表された米新規失業保険申請件数が予想に反して減少となったことで一時131.66円前後まで上昇しましたが、その後再びリスク回避ムードが強まり反落しました。

アメリカのイエレン財務長官の「必要であれば預金保護のために追加措置を講じる用意がある」との発言を受けて一時ドル買いが強まる場面もありましたが、買いの勢いは続かず本日午後には129円台まで下値を拡大しました。

ドル円上値重い展開 今夜米PMIなど発表

23日のドル円は、米FOMCを受けて近く利上げが停止されるとの観測が広がる中、ドル売り円買いの動きが継続して約1カ月半ぶりの安値を付けました。利上げ停止観測が広がり、日米の金利差縮小が意識される中、ドル円は当面上値の重い展開が予想されます。

本日は米3月購買担当者景気指数(PMI)をはじめ、イギリスやユーロ圏のPMIも発表されます。市場の関心が金融不安に集まる中、結果に対する反応は限定的となることが予想されますが、予想と大きく異なる結果となった場合は突発的な変動に注意が必要となりそうです。

 



 



●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。